logo

スリープサイクル5.0、寝床の装置を不要に

Northcube 2015年11月12日 16時11分
From 共同通信PRワイヤー

スリープサイクル5.0、寝床の装置を不要に

AsiaNet 62506

ヨーテボリ(スウェーデン)、2015年11月12日/PRニュースワイヤー/ --

- ベストセラーのiOSアプリ、スリープサイクルアラームクロックが音分析の新特許技術を提供 -

本日発表されたスリープサイクル(Sleep Cycle)は、フリーミアムとして登場し、最先端の音分析における新特許技術に基づいたスリープサイクル5.0の発売によって寝床に装置を置く必要をなくします。

Northcube社の開発者達が2年以上に及ぶ熱心な試験の末に完成させたスリープサイクルアラームクロック5.0は、音を分析し就寝中のユーザーの動きを特定するために携帯電話のマイクと高度にインテリジェントなアルゴリズムを使用します。最新版の音分析の特許技術は、寝床の動きを追跡するために携帯電話の加速度センサーに頼っている競合他社を引き離し、寝床に睡眠追跡装置を置く必要をなくします。

世界で最も稼いでいるヘルスケア&フィットネスアプリを支える開発スタジオNorthcube社のCEOであり、スリープサイクルアラームクロックの生みの親であるMaciek Drejak氏は、「当社は、品質ついて妥協することなく、睡眠追跡を誰もが利用でき、簡単に起床することをさらに簡単にする方法を見つけたかったのです」と述べています。

「それでも、スリープサイクルは当社のユーザーが愛する全ての特徴を備えたこれまでと同じアプリです。唯一の違いは、フリーミアムとして利用でき、ユーザーは、携帯電話を寝床ではなくナイトテーブル上や床に置くこともできます。同時に、ユーザーは、スリープサイクルが正確に自分達の睡眠を追跡して朝の最適な時間に起こしてくれることに今まで通り自信を持てます。」

新しい睡眠「トレンド(Trends)」タブは、ユーザーを睡眠の世界につなぎ、睡眠傾向の概要、詳細な睡眠履歴、さらに簡単になったソーシャルシェアリング、世界の睡眠統計などの機能を備えています。スリープサイクル5.0は、パートナーと寝床を共にするユーザーにとって最適化されています。2個のアクティベイテッド装置が無線LANを介して自動的に通信し、特定の音がどちらのユーザーから出ているのかを判断します。

装置は外部からはどのような音もダウンロードせず保存することもありません。スリープサイクルによってリアルタイムで音が分析されて睡眠分析に追加されると、その音は瞬時に処分されます。

スリープサイクル5.0のダウンロード (リンク

詳細情報はSleepCycle.comで (リンク

プレス向け画像のダウンロード (リンク

Northcube社について
Northcube は、スイス大手のゲームとヘルスケアアプリの開発スタジオであり、2008年に業界のベテラン達がスウェーデンのヨーテボリに本社を置いて設立しました。ヨーロッパで最も優れたプログラマー達の何人かを雇い、Northcube社は遊びとビジネスを等しく大切にする熱意溢れる社風を推進しています。

メディア向け連絡先:
Northcube 社広報部長 Malin Eriksson
+971-55-285-8644
press@northcube.com

情報源:Northcube


(日本語リリース:クライアント提供)


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事