logo

半日分の野菜がとれる『カラダにごちそうすーぷ』新発売

らでぃっしゅぼーや株式会社 2015年11月10日 16時21分
From PR TIMES

~らでぃっしゅぼーや社員の管理栄養士が商品開発に携わりました~ 

らでぃっしゅぼーや株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:国枝俊成 リンク)は、 2015年11月16日(月)野菜や食物繊維摂取を意識した健康志向の冷凍スープ『カラダにごちそうスープ』の販売を開始します。商品は宮島醤油フレーバー株式会社(本社:福岡県福岡市、代表取締役社長:高橋 洋二)との共同開発品。野菜の摂取目標量の半分(175g)の量が摂れる『半日分の野菜が摂れる8種野菜のミネストローネ』と、食物繊維の摂取目標量の半分(10g)が摂れる『半日分の食物繊維が摂れる6種根菜のチャウダー』の2種です。



■管理栄養士による、おいしいだけじゃない栄養たっぷりのスープ

[画像1: リンク ]

新発売となる『カラダにごちそうすーぷ』は、ミネストローネと、チャウダーの2種。ともに国産野菜が中心で素材の深い味わいや食感が存分に楽しめる冷凍タイプのスープです。管理栄養士の資格をもつ らでぃっしゅぼーやの開発担当が中心となって食材をアレンジしました。ミネストローネには1日の推奨摂取量(※1)の半分の野菜が含まれており、チャウダーには1日の食物繊維摂取目標量(※2)の半分が含まれています。栄養素のバランスだけでなく食材の彩りも意識した、健康的で単品でも満足度の高いボリュームのあるスープに仕上げています。


(※1)野菜量は「健康日本21」の推奨する成人1日あたりの野菜摂取目標量350gより半日分の175gとして算出。
(※2)食物繊維量は「日本人の食事摂取基準2015」18~69歳男性の1日あたりの目標量20gより、半分の10gとして算出。
[画像2: リンク ]


■“野菜不足改善”や、“食物繊維を摂取したい”という多くの声にお答えして
[画像3: リンク ]



らでぃっしゅぼーやのお客様アンケート(2015年6月実施、サンプル数1,025)で健康に関する質問をしたところ、「健康のために行っていること」のトップが“野菜を多めにとる”(約75%)であり、また「摂りたい栄養成分」のトップが“食物繊維”(約60%)という結果でした。多くの方が野菜の摂取量や食物繊維摂取に強い関心を抱いていることがわかりました。
『半日分の野菜がおいしく野菜が摂れるミネストローネ』と、『半日分の食物繊維が摂れる6種根菜のチャウダー』は、そのような望みを持つお客様にとってピッタリの商品で、普段の食事メニューの中にこちらのスープを追加することで、野菜摂取量UPや食物繊維摂取を達成することが可能となります。


[画像4: リンク ]

■スープの市場が拡大中
近年、スープ専門店の店舗数・売上げが上がり続けています。スープ市場の伸びは、手軽にさまざまな食材の摂取ができ、栄養のバランスも取れることが要因と想定され、働く女性を中心に広がりを見せています。
らでぃっしゅぼーやでも以前より取り扱いのあるスープ類商品については堅調な売れ行きとなっています。

<『カラダにごちそうすーぷ』 商品概要>
[画像5: リンク ]



●商品名:半日分の野菜が摂れる8種類野菜のミネストローネ
●原材料:野菜(じゃがいも、キャベツ、玉葱、かぼちゃ、人参、セロリ、さやいんげん、にんにく)、トマトピューレ、トマトピューレづけ、チキンエキス、ひよこ豆、植物油脂、澱粉、チキンエキスパウダー、野菜調味エキス、塩、香辛料、(原材料の一部に大豆、豚肉を含む)

[画像6: リンク ]



●商品名:半日分の食物繊維が摂れる6種根菜のチャウダー
●原材料:野菜(さつまいも、里芋、蓮根、玉葱、じゃがいも、ごぼう、人参、枝豆)、牛乳、クリーム、蒟蒻芋抽出物、全粉乳、チキンエキス、菜種油、ナチュラルチーズ、チキンエキスパウダー、食塩、酵母エキス、香辛料、(原材料の一部に大豆を含む)

●価格: ¥1,280(税込価格¥1,382)
●内容量:2食(230g×2)
●温度帯:冷凍
●賞味期限:冷凍の状態で1年
●販売開始日:2015年11月16日(月)~
●購入方法:らでぃっしゅぼーやHP (リンク


[画像7: リンク ]


《商品担当者》 らでぃっしゅぼーや 商品部
        藤ノ木千恵美(ふじのき ちえみ)

らでぃっしゅぼーやの惣菜商品全般の開発を担当するマーチャンダイザー/管理栄養士

お客様サービスセンターでの業務経験もあることから、お客様から直接いただいた声を商品に反映させ、細やかな商品開発を日々心がけています。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。