logo

100人に聞きました!「ボジョレーヌーボー」に関するアンケート結果を発表

株式会社湘南貿易 2015年11月10日 11時00分
From PR TIMES

イベントや季節ものとして欠かせなくなっているという結果に

ノンアルコールワインの魅力を情報発信していくWEBマガジンで、ボジョレーヌーボーに関するアンケート結果を公開。



株式会社湘南貿易 (本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:橋本 則夫)では、暮らしに役立つワイン生活向上を目的としたWEBマガジン(オウンドメディア)『MELLOW(メロウ)』(URL:リンク)を公開しております。その中で当社が輸入販売している、革新的な製法により“ありのままの”ワインの風味や香りが楽しめるノンアルコールワインの魅力について、より多くの方に身近に感じていただける情報発信を展開中です。今回の情報発信では、「ボジョレーヌーボー」に関するアンケート結果を発表しました。

◆アンケート「もうすぐボジョレーヌーボーの解禁日!毎年飲んでいる理由は?」
URL:リンク

[画像1: リンク ]


11月の第3木曜日、今年は11月19日がボジョレーヌーボーの解禁日。前回味わった1年前からこの日を楽しみにしてた…!という人もいれば、あんな不味いものに大騒ぎするなんて…と冷めた目で見ている人もいたりと、この時期は何かと話題になることが多いです。そこで、全国のボジョレーヌーボーを飲む男女100人を対象に、何故、数ある赤ワインの中からボジョレーヌーボーを選ぶのかを聞いてみました。

【質問】
ボジョレーヌーボーの飲む方に質問です。ボジョレーヌーボーを選ぶ理由は何ですか?
[画像2: リンク ]



【回答数】
味が好き:3
香りが好き:0
1年のイベントとして:51
毎年飲んでいるから:13
季節ものだから:27
その他:6

◆イベントとして欠かせない!もはや季節の風物詩

アンケートの結果、「1年のイベントとして」が半数強を占め、一番多い結果となりました。

・特に味というより、本当にイベント感覚で飲んでいますね。そんなにおいしいと思わない。(50代/男性/契約派遣社員)
・1年のイベントとして恒例になってしまっているので、特別美味しいとは思わないのですが、お正月にお雑煮を食べるのと同じ感覚です。(40代/女性/専業主婦)
・とくにこだわりはないが、毎年ニュースになったり店でポップをみるとつい。(20代/女性/専業主婦)
・1年のイベントとしてですね。なんというか毎年恒例のお祭り気分でとりあえず飲んでいます。ここ数年の恒例行事になっていますね。(40代/男性/無職)

一年のこの時期にしか飲めないというプレミアム感が、イベント好きでしかも「季節限定」や「数量限定」に弱い日本人の心をくすぐるのかもしれません。ぶどうの育ちによって味が変わる…としっかり味わっている人もいますが、大半は「美味しいとは思わないけど売ってるからつい…」と手にしているようです。確かに解禁の時期は駅やコンビニでも山積みで売っていますから、雰囲気に流されて思わず買ってしまうという人も多いのかもしれません。

◆季節のものを大切にする日本人にとっては秋の味覚の一つ?

「1年のイベントとして」の次に多かった回答は「季節ものだから」でした。以下、「毎年飲んでいるから」、「味が好き」の順になりました。

・ものすごくおいしい、というわけではないけれど、季節ものとして飲む習慣があるから。(20代/男性/会社員)
・初ガツオやサンマ、マツタケと同じように、季節ものとして頂きます。(50代/男性/自営業(個人事業主))
・一年のうちで、そのときしか味わえない風味があります。成熟前のほろ苦い感じを味わえるのが、自分の多感期と照らし合わせることができるので、年配の方にとってもたまらないのでないでしょうか。(20代/男性/学生)
・年によって味が違うので、がっかりする時もあるが、その当たりはずれが分かるのが楽しいから。(20代/女性/専業主婦)
・ボジョレーヌーボーは若いお酒なので、ちょうど自分の好みにあってる(30代/男性/会社員)

3割近くの人が「季節ものだから」と回答しています。初ガツオや新米をこの時期にしか食べられない貴重なものとしていただく感覚で、ボジョレーヌーボーを買い求める人が多いようです。この時期にしか味わうことのできない若い風味を楽しむという「通」の人もちらほら見られました。全体を通して「あまり美味しいものではない」と思っている人が多い印象ですが、少数派ながら味が好きで毎年飲んでいる人もいるようです。

◆味が好きなわけではないけど、季節ものとして欠かせない

美味しくないという声が多い一方で、毎年それなりに盛り上がるボジョレーヌーボー解禁日。思わず買ってしまうその理由は、イベントや季節ものとしてすでに欠かせないものになっているから…という結果となりました。特に美味しいものではないという意見が多く見られましたが、 醸造家によって味も違うので、色々飲み比べてみたら思わぬ発見があるかもしれません。もともと現地でも高級ワインという扱いではなく、季節感を楽しむワインとして飲まれているものなので、難しいことは考えずに気軽に楽しむのが一番ではないでしょうか。

調査地域:全国
調査対象:年齢不問・男女
調査期間:2015年9月25日~10月9日
調査方法:インターネット調査
有効回答数:100サンプル

■WEBマガジン(オウンドメディア)『MELLOW(メロウ)』 毎週3~4回ほど情報更新
URL:リンク
1.革新的な製法によりノンアルコールワインがお食事と一緒に楽しめる特長があることから、「オリジナルレシピ」や「グルメガイド」をご紹介。もちろん、アルコールワインでもお楽しみいただけます。
2. 美容ライターや著名人などがライフスタイルにおける(意外な!?)飲用シーンをご紹介。
3. ワインエキスパートやソムリエによるワインの豆知識、アンケート発表、エンタメ動画など配信。

MELLOW(英語)の語意:[酒が]芳醇な、[人が](経験を積んで)円熟した、[口語](酒を飲んで)陽気な・一杯機嫌の。語尾のLOWは、「low calorie wine」のイメージ醸成も兼ねております。

ノンアルコールワインの特長である芳醇な味、WEBマガジンを通じてのワインに関する円熟な経験を疑似体験、皆様が陽気な気分になる情報発信を目指していく意味をタイトルに込めております。

■会社概要
株式会社湘南貿易は、「人々と感動を共有したい」という基本姿勢のもと、基軸の軟包材関連機械の輸出入のほか、ワインの輸入、リサイクル関連ビジネスを手がけています。

会社名 :株式会社湘南貿易
本社住所 : 〒220-0004 神奈川県横浜市西区北幸2-15-1 東武横浜第2ビル5階
創業   : 1997年1月17日
資本金  : 1,120万円
従業員数 : 34名(エレマ・ジャパン株式会社含む)
代表者  : 代表取締役社長 橋本 則夫
URL   : リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。