logo

日本からは4名がファイナル進出!元祖Topビューティ クリエーターのミシェル・ファンさんもゲストとして来日「BEAUTY BOUND ASIA」 on YouTube ファイナル・ステージ

P&G マックス ファクター 合同会社 2015年11月09日 17時11分
From Digital PR Platform


■最優秀賞はJane Makeupさん(タイ・バンコク)に決定!日本代表としてAoiさん、Jojo Yさん、すみれーしょんさん、Rina Kさんがファイナルに参加
 高級スキンケアブランド「SK-II」が全面協力し実施する、次世代の“ビューティ クリエイター”(※)を発掘・育成するプログラム「BEAUTY BOUND ASIA(BBA)」。11月7日(土)にファイナル・ステージを迎え、日本からの4名を含むアジア太平洋地域の11都市から計22名のファイナリストが集結し、東京・六本木にあるYouTubeスペースにて、最優秀賞発表及び授賞式を行いました。  ※美容系動画を作成しYouTubeなどに定期的にアップするクリエイターのこと
 最優秀賞に輝いたJane Makeupさん(タイ・バンコク)は、「すごくうれしい、光栄に思います」とコメント。また、当日はスペシャル ゲストとして、YouTubeで770万人、Instagramでは190万人のフォロアーを持つ「元祖ビューティ クリエイター」かつ「YouTube界のカリスマ」であるミシェル・ファンさんがアメリカより来日。動画投稿をはじめた際に苦労した経験から、次世代のビューティ クリエーターを発掘・育成する「BEAUTY BOUND ASIA」に対して共感し協力したと語りました。さらにアジア太平洋地域でビューティ クリエイターへの期待が高まっていることに触れ、「みんなにチャンスが訪れるの。そしてそのチャンスが巡ってきた時、遅すぎるということはないの」とファイナリストたちにエールを送りました。

■美しくなることは、運命を変えること。多くの女性にchange destinyを与えたい
 Instagram、Pinterestなどの「画像」だけでなく、ビューティの世界でいま注目されているのは「動画」。スキンケアやメークアップはプロセスを知りたいと願うユーザーが多く、「動画」はその点を分かりやすく、効率よく見せる事ができる方法であるためです。また、言語が違っても、目で見て理解し交流できることから、世界的にも注目されています。
 「BEAUTY BOUND ASIA」は、この「ビューティ×動画」の流行にいち早く着目。次世代ビューティ クリエイターの発掘・育成と、SK-IIの女性たちの運命を変えていきたいという“change destiny”の理念がマッチすることから開催されました。4ヶ月間にわたる長期プログラムでは、参加者たちは、課題ビデオをYouTubeに投稿するオンラインビデオチャレンジの選考プログラムに挑戦。更にビューティ クリエーターの育成も兼ねる同プログラムは、ミシェルと31名の先輩ビューティ クリエイターからのアドバイスの提供や、著名なメークアップアーティストや美容のエキスパートを講師として迎えたワークショップなども開催しました。
 SK-IIは、「ビューティ×動画」を起爆剤として美容界全体の更なる活性化を目指していきます。



≪ミシェル・ファンさんとBEAUTY BOUND ASIA≫
 ビューティ クリエイターコミュニティを支える活動をされているミシェル・ファンさんにとって、BEAUTY BOUND ASIAはまさしく彼女の考え・活動に沿ったもの。ミシェルさんはBEAUTY BOUND ASIAに共感し、ビューティ クリエイターへの課題制作だけでなく、審査員長やファイナリスト22名のメンターも務めました。

≪ミシェル・ファンさん インタビュー内容≫
●ミシェルさんのchange destinyについて
「2007年からはじめたときは、私のようなビューティ動画を作成するのは10人くらいしかいなかった。はじめてYouTubeに投稿しはじめたときは、日本食レストランでウェイターをやってたの。本当に大変だったけど、メークが好きで研究して、自分で良いと思うものを発信しつづけた。自分でアイディアを考えて、撮って、編集して、って全部ひとりでやる。そういうところをみんな面白がってくれたのかもね。誰もロードマップを作ってはくれないし、自分が楽しみながらやれば、何回失敗してもOK。失敗することは単なる失敗ではないのです。」

●BEAUTY BOUND ASIAについて
YouTuberとしてのポジションを確立するまで孤独だったというミシェルさん。YouTubeに投稿を続けても、見てくれる人の顔が見えないからだ。だからこそ、新しいコミュニティを作る場であり、新しいコンテンツを作る機会になっているBBAを、先駆者として応援しようと考えたそう。それはビジネスではなく、家族や友人を応援する時のように、個人的な思いがきっかけだと教えてくれました。「みんなにチャンスが訪れるの。そしてそのチャンスが巡ってきた時、遅すぎるということはないわ。」

●日本人女性の印象について
「ほんとうにかわいらしい!自分がどういう風に見えるか、をよく研究して、若々しくてクリアな肌をしているわ。」とその印象を話すミシェルさん。「お化粧はシンプルですが、よく考えられています。メーク、ヘアスタイル、ファッションのすべてがキチンとしています。そこにはまわりへの配慮や尊敬の思いが隠されていると思いました」と自身の見解を聞かせてくれました。


≪最優秀賞受賞者紹介≫
●名前:Jane Makeup(バンコク・タイ代表)
Jane Makeupは視聴者に対して常に誠実、正直でなくてはならないと考えている。すでに2年間ビューティ クリエイターとして活動しているが、これからも大好きなことをやり続け、もっと多くの動画を作り続けていきたいと話す。
●YouTube:youtube.com/janemakeupartist

■次のトレンドビューティ×動画!世界中で人気のVlogger(ヴロガー)って?! 
自らが作った動画をSNS上に定期的にアップするビデオ ブロガーを「Vlogger(ヴロガー)」と呼び、オン・オフライン問わずその影響力は世界中で増大しています。「元祖ビューティ ヴロガー」と言われるミシェル・ファンさん(アメリカ)はYouTubeにおいて約780万人、Instagramにおいて190万人ものフォロワーを抱えており、日本を代表するビューティ ヴロガーの佐々木あさひさんも約393,000人のYouTubeフォロワーを抱えています。Instagramも動画投稿サービスを開始、Facebookでは2014年の1年間で動画の投稿が75%増加と、SNS界において動画の存在感が急激に増加している流れも相まって、「ビューティ×動画」が今後グローバルのビッグトレンドになることは必須となるでしょう。

■「Beauty Bound Asia」実施概要
「Beauty Bound Asia」は、次世代のビューティ クリエイターの発掘・育成を目的としたプログラムで、現在日本を含むアジア太平洋地域の11都市で開催。本プログラムは、様々な課題を制作する選考型で行われ、参加者には、世界で活躍するビューティ クリエイターと交流する機会や、YouTubeによる動画コンテンツ制作ワークショップへの参加など、様々なスキルアップの機会が用意されました。各都市におけるステージ1、2の選考を勝ち抜いたクリエイターが、アジアのファイナリストとして、ステージ3の「アジアファイナルイベント」に進出、最優秀賞の方には、賞品としてニューヨークへの旅が贈られました。

■プログラム全体概要
主旨:アジアの次世代ビューティ クリエイターの育成・発掘

・アジア11都市でほぼ同時開催
東京、大阪、マニラ、シドニー、香港、クアラルンプール、
バンコク、ソウル、シンガポール、ジャカルタ、台北

これまでのスケジュール
<ステージ1>
9月 5日 ステージ1 ワークショップ イベント
9月12日 セミファイナル オンライン課題 締切日

<ステージ2>
9月16日 都市別ファイナリストの発表 
9月26日 ステージ2 ワークショップ イベント
10月 2日 都市別ファイナル オンライン課題 締切日

<ステージ3>
10月21日 アジアファイナリストの発表
11月7日 アジアファイナルイベント開催(東京)

<特別コーチ>
「Beauty Bound Asia」のコーチとして、 “元祖Beauty YouTuber”のミシェル・ファンさんが参加。日本からはトップ クリエイターである、佐々木あさひさん(日本、フォロワー数393,000人)らが賛同、コーチとして参加いただきました。

■「Beauty Bound Asia」サイトリンク
■SK-IIオフィシャルwebサイトリンク
■SK-IIオフィシャルFacebook リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事