logo

ファイル共有ソフト「Share」を使用した著作権法違反事件で2 名へ判決

一般社団法人日本レコード協会 2015年11月09日 11時32分
From PR TIMES

一般社団法人日本レコード協会

 ファイル共有ソフト「Share」を用いてインターネット上に著作権者の許諾なく映像ファイル等を公開していた神奈川県相模原市在住の会社員男性(27 歳)を、公衆送信権を含む著作権侵害の疑いで神奈川県中原警察署が捜査し、相模原区検察庁へ送致した事件について、本年1 月に日本レコード協会会員社が著作権法違反の容疑で告訴しておりましたが、同年10 月15 日、相模原簡易裁判所において30 万円の罰金刑が下されました。

 また、同じくファイル共有ソフト「Share」を用いてインターネット上に著作隣接権者の許諾なく音楽ファイル等を公開していた島根県江津市在住の会社員男性(52 歳)を、送信可能化権を含む著作隣接権侵害の疑いで島根県警察本部サイバー犯罪対策室および島根県江津警察署が捜査し、浜田区検察庁へ送致した事件について、本年2 月に日本レコード協会会員社2 社が著作権法違反の容疑で告訴しておりましたが、同年10 月1 日、浜田簡易裁判所において50 万円の罰金刑が下されました。

 これらの事件は、送受信用プログラム機能を有するファイル共有ソフト「Share」を作動させ、不特定多数のインターネット利用者に対し著作物を自動的に公衆送信し得るようにし、インターネット上に公開していた著作権法
違反被疑事件として対応していたものです。

 当協会は「ファイル共有ソフトを悪用した著作権侵害対策協議会(CCIF)」が策定したガイドラインに基づき、侵害者に違法にアップロードしたファイルを削除するよう求める活動を行なっております。
引き続きインターネット上の違法配信に対し注意・警告を行うとともに、会員社・関係権利者や団体・警察と連携を強化して違法対策へ積極的に取り組み、音楽文化の健全な発展に寄与して参ります。

以上

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事