logo

今年の全国新酒鑑評会で出品全蔵が「金賞」受賞、月桂冠「金賞受賞酒 大吟醸」を数量限定発売

月桂冠株式会社 2015年11月02日 14時00分
From 共同通信PRワイヤー

2015年11月2日

月桂冠株式会社

今年の全国新酒鑑評会で出品全蔵が「金賞」受賞
月桂冠「金賞受賞酒 大吟醸」を数量限定発売

今年5月に開催された全国新酒鑑評会(独立行政法人酒類総合研究所と日本酒造組合中央会との共催)で、月桂冠株式会社から出品した昭和蔵・内蔵・大手一号蔵・大手二号蔵の4蔵全てが「金賞」を受賞しました。その受賞酒を「金賞受賞酒 大吟醸」(720mLびん)として商品化し、11月2日(当社出荷開始)から、3,600本に限定して全国で発売します。酒造好適米「山田錦」を精米歩合35%(玄米の65%分を削り取る)まで磨き、米の中心部を使って、低温でじっくり発酵させるなど、当社が培ってきた高度な酒造技術を駆使して丁寧に醸造しました。金茶色で、注ぎ口が細く伸びるようにデザインされた鶴首壜に詰め、専用の化粧箱にセットしました。贈答にも適した商品です。

全国新酒鑑評会は、その年の新酒の出来栄えを競う全国規模のコンテストで、1911年(明治44年)以来の伝統があり今日まで続いています。今年の鑑評会には全国の蔵元から852点の新酒が出品され、酒類総合研究所の技官など専門家らのきき酒や科学分析による審査を経て、入賞酒の中で特に優秀と認められた222点に「金賞」が授与されました。

月桂冠はこれまで、1911年(明治44年)に開催された第1回の鑑評会で第1位になり、1929年(昭和4年、第19回)には1位、2位、3位を独占しました(注釈:現在の鑑評会では順位の審査は行われていません)。近年では、1981年以来出品を続けており、その間に延べ118蔵が金賞を受賞しています。常に、酒造りの基本を見直すと共に、試行錯誤しながら培ってきた高度な酒造技術の蓄積は、月桂冠全体の酒質レベルを向上させるものとなっています。

■商品概要
 商品名:金賞受賞酒 大吟醸
 容量・容器:720mLびん
 限定本数:3,600本(※)
 参考小売価格:5,000円(消費税別)
 原料米:酒造好適米・山田錦(精米歩合35%=玄米の65%分を削り取る)
 アルコール分:16度以上17度未満
 テイスト:甘辛=やや甘口、濃淡=やや淡麗

※近年、「金賞受賞酒 大吟醸」は2,500本に限定して発売してきました。今年も当初は、同様の本数を計画していましたが、出品した4蔵全てが「金賞」を受賞したことで、好評の声も高まり、限定本数を3,600本に増やして発売します。



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。