logo

五箇山合掌造り集落 世界遺産登録20周年を記念して合掌づくりの3DVRアーカイブス構想を展開

一般財団法人 最先端表現技術利用推進協会 2015年10月30日 11時10分
From PR TIMES

~最先端技術で、合掌造りの伝統を次世代に伝える~

 富山県南砺市(市長:田中幹夫)と一般財団法人 最先端表現技術利用推進協会(本部:東京都港区、会長:町田聡、略称:表技協)は連携し、世界文化遺産「五箇山合掌造り」を核とした「3DVRアーカイブス」(三次元仮想現実空間における記録の保存活用)構築に着手しました。
 本年、五箇山合掌造り集落は、白川郷と共に世界遺産登録20周年を迎えるにあたり、本事業において、最先端技術との融合により、五箇山の価値の高い文化資産の継承や普及、啓蒙を目的として実施していきます。




[画像1: リンク ]

<画像1:五箇山合掌造り村上家の3DCG画像>
今回はその第一弾として、国指定重要文化財である「村上家」の3DCG ムービーを制作し、10月30日に開催される、五箇山合掌造り世界遺産登録20周年記念式典の会場にて公開します。

このムービーは、豪雪地域の自然の中で生活するための合掌造りの構造や、そこで暮らす人々の独特の風習や生活の知恵などが、手に取るようにわかるように再現したもので、ホームページ等でも一般公開します。さらに、観光、学校教育、地域振興においても活用していく予定です。今後、このムービーで使用した3DCGデータを様々な形で活用し、「南砺3DVRアーカイブス」の構築を目指していきます。

表技協は、国の名勝に指定されている錦帯橋(山口県岩国市)や国指定重要文化財の円融寺釈迦堂(東京都目黒区)などのプロジェクションマッピングを手掛けた経験から、歴史的な文化遺産の3D制作に実績があり、会員のアーティストやクリエイターが参画した共同プロジェクトで担当しています。
また今回は特に、環境設計とICTによる環境デザインシステムの専門家であり、VR安土城の技術監修を務めた大阪大学 大学院工学研究科の福田知弘准教授の協力により監修を受けています。

今後、表技協は「南砺3DVRアーカイブス」の経験を活かして、3DVRデータの活用を推進し、地域の活性化と安心をつなぐプラットフォームとして成長させていきます。

<3DCGの ムービーの概要>
・タイトル:3DCGで見る五箇山の合掌造り ~構造に秘められた暮らしの知恵と伝統~
・長さ:約7分30秒
・公開方法:南砺市のホームページや展示会など

<参考図>
・画像2:村上家の仏間の様子
[画像2: リンク ]



・画像3:村上家の1階の間取り

[画像3: リンク ]



○富山県南砺市
富山県の南西部に位置し、世界遺産五箇山合掌造り集落や散居村、井波彫刻等の伝統的な生活文化が残っているまち。産業政策の一つとしてクリエイティブ産業の活性化を掲げ、来春にはクリエイターを誘致する「クリエイタープラザ」(仮)をオープンするなど、新たな産業の創造にも積極的に取り組んでいる。

○最先端表現技術利用推進協会(表技協)
一般財団法人最先端表現技術利用推進協会(表技協)は、「最先端の表現技術を積極的に使いこなすための団体」として様々な業界のユーザーやメーカー、クリエイターを会員として2013年11月に設立されました。
プロジェクションマッピング、3D立体映像、3DVR、MR、AR、3Dプリンター、デジタルサイネージをはじめ最先端技術を用いた表現の開発、利用推進、人材育成に総合的に取り組んでいる団体です。 表技協の活動について:リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。