logo

Tata Sky、大容量トラフィックの管理のためにBrocadeのデータセンタネットワークソリューションを展開

JCN 2015年10月29日 13時50分
From JCN Newswire


MUMBAI, INDIA, Oct 29, 2015 - ( JCN Newswire ) - インドの大手DTH (Direct-To-Home)衛星放送局のTata Skyでは、衛星放送局と双方向テレビの需要の急激な増大に直面し、データセンタ容量を大幅に増大するため、Brocade (NASDAQ: BRCD)の先進的なネットワーキングシステムを採用しました。

Tata Skyはコールセンタ運用にBrocade(R) FCXネットワークスイッチを使用してきました。今回同社は、主要データセンタの大規模アップグレードの一環として、Brocadeによるデータ保管システム容量の増大と並行して、Brocade VDX(R) 6740 switches and Brocade VCS(R) Fabric technologyをベースにした高効率で大規模拡張可能なイーサネットファブリックを展開する予定です。

置換予定の従来型3層スイッチングインフラと比較して、Brocadeネットワークソリューションは、単一レイヤ/単一仮想デバイスとして稼働し、低レイテンシアプリケーションのパフォーマンスと優れたユーザーエクスペリエンスを提供します。

「Tata SkyとBrocadeとのパートナーシップは、戦略的で長期的なものです。Brocadeを際立たせているのは、中核的なエンジニアリングの人材とよりよいサービスを提供したいという情熱です。弊社ではデータセンタの統合を計画しており、Brocadeは弊社にとって最高のネットワーキングパートナーです。弊社のITインフラに直接関連するBrocade技術の主な特徴は、スループットの高さ、レイテンシの無さ、最高レベルの自動化です。」と、Tata Sky Ltd最高情報責任者のRavishanker.Nは述べました。

「ますます高画質になる動画のコントロールの需要はすべてのプラットフォームで急激に増大しており、メディアおよびエンターテインメント業界は新しいネットワーク技術の採用に関してもっとも関心の高い分野のひとつとなっています。」と、Brocade India and SAARCシニア地域部長のEdgar Diasは述べました。「Tata Skyは、ネットワークをほとんど手間いらずで拡張できるデータセンタイーサネットファブリックを活用して、最先端技術を積極的に取り入れていきます。データセンタ運用の仮想化を高めるインテリジェントな基盤により、アジリティが高まりますので、サービス需要の一時的な急上昇にもよりよく対応できるようになります。

このソリューションの一環としてBrocade VDX 6740スイッチはVCS Fabric技術をサポートしていますので、単一のデバイスとして管理可能な相互接続スイッチの高パフォーマンスのスイッチングクラスタが実現します。スイッチのファブリックへの追加は、40ギガビットイーサネット(GbE)の相互接続をアクティブにしてデバイスの電源をオンにするだけで可能で、それによってTata Skyは、データセンタをコスト効果の高い方法で線形に拡張できます。

Brocade VDXスイッチは、仮想マシンホストの高帯域幅需要に対応して、高密度でワイヤスピード10 GbEポートをTOR (top-of-rack)構成で提供するように設計されています。VCSファブリック全体にわたる低レイテンシのポート間パフォーマンスにより、クラウドデータセンタによくある高レベルの「東西」トラフィックを効率的に管理できます。VCSファブリックではまた、Tata Skyに非常に高レベルのネットワークオートメーションと仮想マシン認識を提供しますので、データセンタ運用のアジリティが大きく向上します。

Brocadeについて

Brocade (NASDAQ: BRCD)ネットワーキングソリューションは、世界トップクラスの企業・団体が、アプリケーションと情報がいたるところに存在している世界へと、円滑に変革していく支援を行います。( www.brocade.com )

Tata Skyについて

2006年に設立されたTata SkyはTATA Groupと21世紀フォックスの合弁会社です。同社は優れた技術を提供し、複数言語に対応する顧客サービス担当者が応対するハイエンドの年中無休24時間運用のコールセンタを全国に設立するなど、最先端のデジタルインフラへの投資や、グローバル大手企業とのパートナーシップの締結を行ってきました。

Tata Skyブランドは数々のマイルストーンを達成し、賞を獲得し、ET Brand Equity 2012のもっとも信頼されるブランドアンケートで第1位のDTHブランドに格付けされました。先日Tata Sky+ HDは、DTHカテゴリで2013年の『年間最優秀製品』に選ばれました。同社は現在、36,000都市にプレゼンスがあり、1450万か所以上に接続しています。

Tata Skyについて詳しくは www.tatasky.com をご覧ください。

(c) 2015 Brocade Communications Systems, Inc. All Rights Reserved.

ADX、Brocade、Brocade Assurance、B-wingシンボル、DCX、Fabric OS、HyperEdge、ICX、MLX、MyBrocade、OpenScript、The Effortless Network、VCS、VDX、VplaneおよびVyattaは、米国およびその他の国で、Brocade Communications Systems, Inc.の登録商標であり、Fabric VisionおよびvADXは、商標です。本書に記載された他のブランド、製品またはサービス名は、他社の商標の場合があります。

お問い合わせ先情報
BROCADEメディアお問い合わせ先
Brocadeアジア太平洋地域企業広報
Wendy Lang
電話: +65 6317 2464
wlang@brocade.com

PR会社お問い合わせ先
Six Degrees PR
Shalini Gunashekar
電話: +91 9535207265
shalinig@sixdegreespr.co.in

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。