logo

NetComm Wirelessと兼松コミュニケーションズがドコモM2Mサービス対応ルーターを展開

NetComm Wireless Limited 2015年10月28日 10時05分
From 共同通信PRワイヤー

NetComm Wirelessと兼松コミュニケーションズがドコモM2Mサービス対応ルーターを展開

AsiaNet 62283

NetComm Wirelessと兼松コミュニケーションズがドコモM2Mサービス対応ルーターを展開

【シドニー2015年10月28日PR Newswire】NetComm Wireless Limited(ネットコム・ワイヤレス・リミテッド、、以下「NetComm))と兼松コミュニケーションズ株式会社は26日、6300万余りの加入者を持つ日本の最大手モバイル通信事業者であるNTTドコモがNetComm製 3G M2Mルーターの2機種(NTC-6200-12及びNTC-6200-13)について相互接続性試験(IOT)を完了したと発表致しました。NTTドコモの狙いとしては、顧客のDOCOMO M2Mサービスへのアクセスをより促進させ、同社の有する全国的な3Gネットワークを発展させていく事になります。

NTTドコモなどのネットワーク事業者がパートナー提携を行う事で、新たな価値を生み出すM2Mサービスを国内外の顧客へ安価な価格で提供する事が可能になります。それによってM2M/IoT分野が発展し、ひいては日本のICT産業が大いに成長していくという事を日本政府も期待しています。NetComm製品の2機種(NTC-6200-12及びNTC-6200-13)は、日本市場の高度な要求にも応えるように開発されている上に、今回NTTドコモの相互運用性試験(IOT)に合格した事でドコモのM2Mサービスへの信頼できるアクセスについて提供する用意もできました。

Logo - リンク

M2M技術によって、必要不可欠な資産やシステムが世界のどこにあったとしてもインターネットの管理システムから遠隔で監視・管理を行う事が可能になります。NTC-6200-12及びNTC-6200-13は多様な通信インターフェースを有し、シームレスなシステム統合やカスタマイズ機能についても対応致します。同製品によりユーザー企業は、建設機器、機械、監視カメラ、デジタルサイネージ、その他遠隔資産をリアルタイムで完全制御を行う事ができます。また同製品に対しても、トラブルシューティング、ファームウエアのアップグレード、新しいアプリケーションの展開、についてあらゆる場所から遠隔で行う事ができます。

本発表に関する兼松コミュニケーションズ株式会社 執行役員 法人営業本部長 西牧浩二からのコメント
「企業は、汎用性のある且つ順応性のある3G M2Mの技術によって可能となる新たな効率性を最大限に活用するビジネスモデルに適応しつつあります。私達はNetCommとの協業を続ける事で、接続・通信技術を競争力のある価格帯で提供し、世界のM2M技術を日本市場へ持ち込んでいきたいと考えております。」

本発表に関するNetComm Wireless Limited CEO and Managing Director, Mr. David Stewartからのコメント
「今回のNTTドコモの相互運用性試験(IOT)に合格した事によって日本市場における当社の立場はより強固なものになったと考えます。兼松コミュニケーションズ株式会社との提携を通し、NTTドコモの顧客に対して当社のM2M製品ポートフォリオを引き続き提供していきたいです。とても効率的で且つ低コストなNTC-6200シリーズは、押し寄せるように加速する日本の変化をサポートするために必要な機能、インターフェース、スケーラビリティーを備えております。」

NTC-6200-12及びNTC-6200-13はJATE/TELEC認証を取得しており、またドコモの相互運用性試験(IoT)にも合格致しました。また2機種とも、VPN接続を使った企業IP システムとの統合を行う事が容易に可能です。搭載されているLinux OSとソフトウエア開発キット(SDK)の提供によりソフトウエア・アプリケーションのカスタムが促進されます。また機種によって、GPS、I/O、PoE、ZigBee、Serial、Ethernet、USB等の搭載される多目的インターフェースは異なります。
端末の製品仕様につきましては以下をご参照願います。
リンク

▽兼松コミュニケーションズ株式会社について

兼松コミュニケーションズ株式会社は、企業活動の拡充とモバイル通信の提供を進めております。日本市場でのモバイル関連サービスの大手プロバイダーであり、日本の全通信事業者との提携関係を通じて取得した専門知識を活用をする事でモバイルネットワーク業界に革新的なソリューションを提案しています。本格的なモバイルビジネス時代の幕明けに際して、モバイル通信のイノベーターである兼松コミュニケーションズ株式会社は、企業向けモバイルソリューションを提案する事で日本のビジネスシーンに変革をもたらしています。

▽NetComm Wireless Limited について

NetComm Wireless Limited(以下「NetComm」)は、M2M端末及びソリューションの世界的な大手開発メーカとして、3G、4G及び郊外ブロードバンドの新世代固定無線端末を提供し、ますます世界中での接続が可能になってきている今日を支えています。NetCommのソリューションは、大手通信キャリア、ネットワーク・プロバイダーの中核、及びシステムインテグレーターによって活用されており、M2Mや郊外ブロードバンドの市場において、ネットワークパフォーマンスの最適化や接続された製品・サービスのサポートが行われています。これまで過去33年間で、NetCommは世界初となるデータ通信製品のポートフォリオを築き上げ、現在は無線技術におけるイノベーターとして世界的に認知されています。同社はシドニー(オーストラリア)に本社を置き、米国、欧州/英国、ニュージーランド、中東そして日本にも支社を構えております。
詳しい情報につきましては以下をご参照願います。
www.netcommwireless.com

ソース:NetComm Wireless Limited

(日本語リリース:クライアント提供)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。