logo

名創優品「メイソウ」が広州交易会の「デザインの夕べ」開催

MINISO名創優品「メイソウ」 2015年10月26日 10時41分
From 共同通信PRワイヤー

名創優品「メイソウ」が広州交易会の「デザインの夕べ」開催

AsiaNet 62285(1388)

【広州(中国)2015年10月26日PR Newswire=共同通信JBN】第118回広州交易会の「デザインの夕べ」が10月25日、ウェスティンホテルで開催された。中国国際貿易センター(CFTC)が日本のファストファッション・デザイナーブランド、名創優品「メイソウ」および広州交易会製品デザイン貿易促進センター(PDC)と共催したこの交流会は多くの出席者を引きつけた。

主催者で広州交易会PDCプロジェクトの主要パートナーでもある名創優品「メイソウ」は昨年同様、デザインコンセプト、哲学、製品ロードマップを展示するため再び広州交易会PDCと手を組み、中国デザイン市場の拡大に重要なプラットフォームを利用して、さらに強力な協力機会を追求した。

名創優品「メイソウ」のチーフデザイナー、三宅順也氏はデンマーク、ノルウェーなど各国のデザイナー10人とともにデザインの夕べに登場し、ブランドデザイナーの製品、クリエーティブアイデア、デザインコンセプトを交易会に参加している企業と国際バイヤーに披露した。

デザインマスターの黒川雅之氏、中国工業デザインの父といわれる柳冠中氏、中国国際工業デザインの巨匠、シー・チュンユ氏、高名な現代中国金融著述家の呉暁波氏が賓客として講演した。専門家によるデザインコンセプト共有はデザイン産業の発展に力強い理論的指針を与え、個々のデザインの広範な分析は製造企業に詳細な経験を提供した。

また、名創優品「メイソウ」、広州交易会PDC双方の代表は協力プロジェクトを高く評価した。彼らは「デザインと協力のコンビネーション」および「効率性と展示のコンビネーション」を基調として、クリエーティブデザイン分野の発展を加速するために協力する。名創優品「メイソウ」のチーフデザイナー、三宅順也氏は「広州交易会PDCのデザインの夕べは、デザイナーとデザインを必要とする企業間の格好の交流プラットフォームになっている。名創優品『メイソウ』のデザインコンセプトと生活哲学は大半の人々に歓迎され、多くのファンを獲得した。中国参入からさほど時間が経っていないとはいえ、各企業は広州交易会のような国際貿易活動に参加することによって、精巧な製品を展示するだけでなく、デザイン専門家と意見交換する機会も得られる。これは高水準のデザイン必需品を促進するために極めて重要だ」と語った。

ソース:MINISO

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。