logo

モデルの役割とActiveRecordの検索メソッドを知ろう

ヒューマンリソシア株式会社はコラム「モデルの役割とActiveRecordの検索メソッドを知ろう 」を公開しました。

###
# はじめに
みなさんこんにちは。塩尻オープンソースラボの小澤です。

前回はRailsでの開発生産性向上に貢献している「ActiveSupport」コンポーネントを取り上げました。今回からはRailsの基本構成を理解しながら、その中身をもう少し詳しく見ていきましょう。

Ruby on Railsは、モデル(Model)、ビュー(View)、コントローラ(Controller)という3つの要素で構成されるMVCというデザインパターンを採用しています。今回はMVCのうち、M、すなわちモデルの役割と、そのモデルに大きく関係している「ActiveRecord」について取り上げます。

# モデルの役割
モデルは、データベースや外部サービスへのアクセスとデータに対する操作、および、ビジネスロジック全般を担当しています。

rails generate modelコマンドで作成されたモデルクラスは、ActiveRecord::Baseを継承していることに気づくでしょう。ActiveRecordは、O/Rマッパーのひとつで、リレーショナルデータベースとオブジェクトをマッピングする部分を担当しています。リレーショナルデータベースとオブジェクト指向の間には対応付けが煩雑となるインピーダンスミスマッチと呼ばれる問題が発生しますが、O/Rマッピングはそれを解消する手段として考えられました。結果的に、SQLを直接扱わなくてもオブジェクトを扱う感覚でデータベースを操作できるというメリットに繋がっています。

この続きは以下をご覧ください
リンク

関連情報
http://resocia.jp/
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。