logo

スペースシャワーTV オーディオテクニカ社の重低音ヘッドホン新発売を記念して降谷建志、[Alexandros]のコラボミュージックビデオを制作

株式会社スペースシャワーネットワーク(代表取締役社長:清水英明、本社:東京都港区)が運営する日本最大の音楽専門チャンネル スペースシャワーTVは、コラボレーションミュージックビデオ(以下、CMV)の新作として、降谷建志「One Voice」と[Alexandros]の新曲「Girl A」の2作品のミュージックビデオを、オーディオテクニカ人気ヘッドホン「SOLID BASS」シリーズのリニューアル発売を記念し、株式会社オーディオテクニカの協力のもと企画制作致しました。



[画像1: リンク ]

「CMV」は、アーティストの楽曲の“ミュージックビデオの世界観”と企業または商品の“プロモーションとしての世界観”を自然に共感できることを目的としたエンタメコンテンツです。

今回制作された2本の内、降谷建志「One Voice」は1st Solo Album「Everything Becomes The Music」からのナンバー。“それぞれの小さな声(メッセージ)も集まれば1つの大きな声となる”をテーマに、『今、思っていること』をリスナーに求め、年齢性別問わず集められた様々な手書きの約20,000枚のメッセージを大きな壁一面に貼っていき、カメラが引くと全体像が見え、集められたメッセージが濃淡で壁に『one voice』の文字が読み取れる、壮大な美術映像に仕上がっています。

そして、[Alexandros]の新曲「Girl A」は、多層人格・多層世界な映像をレイヤー化された世界観のセットの中で、[Alexandros]史上“最重低音”で奏でているサウンドを、疾走感を失わず激しく演奏しているミュージックビデオとなっています。

フルバージョンのミュージックビデオとは別に、アーティストがヘッドホン・イヤホンを装着したシーンや自身のナレーションが入った30秒のCMも同時に制作。このCMは、10月23日よりオーディオテクニカ「SOLID BASS」特設サイトとスペースシャワーTVで放映致します。また同時に撮影・制作したポスターを全国の交通広告や家電量販店を中心に展開予定。

日本を代表する2組のアーティストと「SOLID BASS」の世界観が見事マッチングしたクリエイティブにご期待下さい!
[画像2: リンク ]

[画像3: リンク ]



■特設サイトURL:
リンク

■SOLIDBASS×降谷建志 OneVoice 30秒篇
リンク

■SOLIDBASS×[Alexandros] Girl A 30秒篇
リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。