logo

インフォサイエンス、NRIセキュアの特権IDアクセス管理製品のログ分析オプションとして「Logstorage」が採用された事を発表

インフォサイエンス株式会社が提供する統合ログ管理製品「Logstorage」が、NRIセキュアテクノロジーズ株式会社が提供する特権IDアクセス管理製品「SecureCube / Access Check」のログ分析オプションとして採用された事を発表いたします。

 インフォサイエンス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:宮 紀雄)は、同社が提供する統合ログ管理システム「Logstorage(ログストレージ)」が、NRIセキュアテクノロジーズ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小田島 潤 以下、NRIセキュア)が提供するゲートウェイ型の特権IDアクセス管理製品「SecureCube / Access Check(セキュアキューブ アクセスチェック)」の「統合ログ管理システム連携オプション」に採用されたことを発表いたします。

 今回、NRIセキュアから提供される本オプションサービスを利用する事で、「SecureCube / Access Check」を経由せずに接続した記録も接続先のサーバ機器から「Logstorage」に自動収集されるため、「SecureCube / Access Check」で取得したログと併せて検索・分析・レポート出力が可能となり、効率的なログ監査に有効です。
 また、本オプションで提供されるレポートのテンプレートを利用することで、長時間アクセスのログや、大容量の流出データが発生したログなどの疑わしい操作のみを、日次・週次・月次と指定した間隔でレポート出力することが可能になります。

リリースの詳細は下記をご覧ください。
リンク


【本件に関するお問い合わせ先】
 インフォサイエンス株式会社
 担当:プロダクト事業部 コンサルティング・グループ
 TEL:03-5427-3503
 E-Mail:info@logstorage.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事