logo

東芝ソリューショングループ、「環境フォーラム」を開催

~ 市民とともに地球環境保護の大切さを考える場として ~

東芝ソリューション株式会社(本社:神奈川県川崎市、取締役社長:錦織弘信 以下、東芝ソリューション)は、環境活動を通じた地域・社会との協調連帯による環境保護意識の高揚を目的とした「環境フォーラム」を府中市、府中市環境保全活動センターの後援を受け、12月8日(火)に府中グリーンプラザ けやきホールにて開催いたします。

 「環境フォーラム」は、府中市民の皆様と共に“かけがえのない”地球環境の保護の大切さを考える機会として東芝ソリューショングループがCSR活動の一環として開催しているもので、今回で10回目を迎えます。今回は沖縄県にある、有限会社「海の種」代表の金城浩二(きんじょうこうじ)氏を講師にお迎えし、沖縄のサンゴの大規模な白化を目の当たりにし、サンゴの養殖に取り組み始め、移植放流したサンゴの世界初の産卵に成功した貴重な経験や、それを通して抱いてきた「サンゴ礁を次の世代へ」という想いを、『サンゴ礁がぼくに教えてくれたこと ~世界初の養殖サンゴの移植・産卵に成功した奇跡~』と題してご講演いただきます。

<環境フォーラム 開催概要>
日時 : 2015年12月8日(火) 午後6時~午後7時45分
会場 : 府中グリーンプラザ けやきホール(府中市府中町1-1-1、定員:490席)
主催 : 東芝ソリューショングループ
後援 : 府中市、府中市環境保全活動センター
参加費用: 無料(要事前参加申込み)
講師 : 金城浩二(きんじょうこうじ)氏(有限会社「海の種」代表)
内容 : 講演 『サンゴ礁がぼくに教えてくれたこと ~世界初の養殖サンゴの移植・産卵に成功した奇跡~』

<講師プロフィール:金城浩二(きんじょうこうじ)氏>
1970年、沖縄県生まれ。有限会社「海の種」代表。
1998年に沖縄のサンゴの大規模白化を目の当たりにし、サンゴの養殖を仕事にすることを決意。
2005年、養殖して移植放流したサンゴが世界初の産卵に成功。
2007年、人間力大賞「グランプリ」、内閣総理大臣奨励賞、環境大臣奨励賞受賞(公益社団法人日本青年会議所)。
2010年、自身がモデルになった映画「てぃだかんかん~海とサンゴと小さな奇跡~」が公開され、多くの観客に感動を与えた。

<参加お申し込み方法>
・電子メール (お申し込み専用アドレス:forum@toshiba-sol.co.jp)
・東芝ソリューションホームページお申し込みフォーム(URL:リンク)
・電話 (電話番号 042-340-6111 ※土・日・祝祭日を除く8:30-17:15)
・FAX (FAX番号042-340-6062 ※24時間受付)

いずれかの方法にて、
「12/8環境フォーラム申込」と明記して、出席される方全員のお名前・ご住所・電話番号をご記入の上、2015年11月25日(水)までにお申し込み下さい。

■府中グリーンプラザ施設案内
リンク
■府中市
リンク
■府中市環境保全活動センター
リンク


※東芝ソリューションは府中市にソリューションセンターとプラットフォームセンターの2つの事業所があり、グループ全体で約4千人の社員が府中市内でICTソリューション関連の事業に従事しています。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。