logo

三菱ふそうがショートムービーを公開

三菱ふそうトラック・バス株式会社 2015年10月16日 10時00分
From PR TIMES

もしも、世界からトラックが消えたなら・・・ ~クマのぬいぐるみが勝手に動き出して街を大冒険 困難が降り注いでも自らプレゼントを届けるその結末とは?~

三菱ふそうトラック・バス株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長・CEOマーク・リストセーヤ)は、2015年10月30日(土)から東京ビックサイトで一般公開する「第44回東京モーターショー2015」の開会を前に、ショートムービー「The World Without」を 10月15日(木)より当社HP(リンク)で公開しました。



三菱ふそうトラック・バス株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長・CEOマーク・リストセーヤ)は、2015年10月30日(土)から東京ビックサイトで一般公開する「第44回東京モーターショー2015」の開会を前に、ショートムービー「The World Without」を 10月15日(木)より当社HP(リンク)で公開しました。

昨今、「もしも○○がなかったら」という、Youtubeビデオが話題となっていますが、本作は、父親から子どもへの誕生日プレゼントである「クマのぬいぐるみ」を主人公に、それを運ぶトラックがない世界と、トラックがある世界の2つの世界を表現しています。

トラックがない世界では、クマ自身が倉庫のプレゼント箱から抜け出し、街に繰り出すなかで様々な災難にあいながら、子どもの元へと向かう道程を表現しています。一方、トラックのある世界では、トラックの配送によって、スムーズに届けられるクマのプレゼントを子どもが笑顔で受け取るストーリーとなっています。物流がモノを届けるとともに、幸せも一緒に運ぶことができることが伝わる作品となっています。

当社では、本作を通して「わたしたちが住む世界には、トラックとバスが欠かせない存在である」ことを改めて伝えるとともに、日本の物流を支えるドライバーをサポートする、当社の姿勢を伝えるために制作しました。

[画像1: リンク ]


動画概要
■タイトル: 「The World Without」 (3分)
■公開日:2015年10月15日(水) 15:00
■公開場所: リンク
Youtube:リンク

■内容:
トラックがない世界の悲しさと、トラックがある世界の楽しさ・幸せを、父親から子どもへの誕生日プレンゼントである,クマのぬいぐるみが表現するストーリーです。

トラックがない世界では、倉庫に集められたダンボール箱から、プレゼントのクマが自分で箱を開き、誕生日カードを手に取って、プレゼントを待つ子どもの元へと歩き出します。ぬいぐるみのクマが街の中を軽やかに歩き始めます。ただ、街を歩いていると、鳥のフンが落ちてきたり、公園ではサッカーボールが当たって噴水に落とされたり、さらには雨も降り始め、クマの身体も、誕生日カードも濡れて汚れてしまいます。でも、クマは何とか子どもの元にたどり着くために、汚れて、ほつれてしまった身体を奮い立たせ、子どもの待つ家へ向かいます。

やっとのことで子どもの家にたどり着いたクマ。家のチャイムを鳴らし、待っていると、子どもが開けたドアにぶつかり、クマは飛ばされてしまいます。玄関前に倒れたクマを見て、子どもが「ゴミが落ちているよ」と言い、ドアを閉められていまいます。悲しそうに倒れるクマのアップ。そして「トラックのない世界は、こんなにも悲しい。」というテロップ。

続いて、トラックのある世界。トラックから安全に運び出されるダンボール箱。ドライバーのチャイムの音を聞いて、急いで階段を駆け下りてくる子どもはドライバーからダンボール箱を受け取り、箱を開けます。すると、かわいらしくキレイなクマのぬいぐるみと誕生日カード。「パパからだ!パパ大好きー!!」と嬉しそうに声を上げ、ぬいぐるみを抱きしめる子ども。「トラックのその先にいる人のために。」とメッセージが現れ、エンディング。
[画像2: リンク ]

[画像3: リンク ]



[動画: リンク ]


プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事