logo

Sansanと日本郵便、名刺データと連携した年賀状印刷サービス『B2B LoveLetter』を開始

Sansan株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:寺田親弘)は日本郵便株式会社(以下日本郵便)と連携し法人向け名刺管理サービス『Sansan』で管理されている名刺のデジタルデータをそのまま年賀状やビジネスレター等の宛名に印刷できるサービス『B2B LoveLetter(商標出願中)』を、10月29日(木)より開始します。
ユーザは名刺をスキャンするだけで住所録の作成から発送まで手間なくワンストップで行えるようになります。

*関連画像はこちらでダウンロードできます:リンク
『B2B LoveLetter』は、日本郵政グループの株式会社JPメディアダイレクト(JPMD)が「営業を強くする」というコンセプトのもと、多忙なビジネスマンが、年賀状を営業ツールとして、より活用し易くするために開発。これにより、さらなるビジネス年賀状の拡大を目指します。
本システムは『Sansan』のユーザー画面内でタグ付けされたデータを、一括して『B2B LoveLetter』にAPI連携することで年賀状の宛名印刷が可能です。また、裏面も豊富なテンプレートからお好みのデザインをご利用いただくことはもちろん、自社でデザイン制作したデータを用いて印刷していただくことも可能です。
印刷したはがきはJPMDで宛名印字の上、郵便局への持ち込みも対応可能です。また、添え書きをなさりたいお客さまには、本社はもとより支社・営業所など、ご指定の場所にお届けすることもお選びいただけます。

『B2B LoveLetter』は、10月末に公開を予定している「Sansan Open API」初連携事例となります。
Sansanはビジネスインフラになることを目指し、今後幅広いサービスと連携し顧客価値の向上に努めて参ります。
■■■ご参考情報■■■
■クラウド名刺管理サービス『Sansan』とは
「営業を強くする名刺管理」をコンセプトに、社内に眠る名刺を組織の資産として活用する世界初の企業向けクラウド名刺管理サービスです。名刺をスキャナやスマホアプリで読み取るだけで、入力オペレータにより正確にデータ化され、クラウド型アプリケーションを通じ組織で情報共有できます。その名刺情報を元にしたメール配信や顧客管理など幅広い機能を備え、効率的に営業力強化を実現。
 導入企業は3,000社超※1、市場シェアは約8割で業界No.1※2を獲得し、経済産業省や徳島県でも導入されています。駐日米国大使賞やグッドデザイン賞、ソフトウェア・プロダクト・オブ・ザ・イヤー等、国内・欧米で評価され、特許取得しています。
※1)2015年4月現在
※2)出典:2015年5月 株式会社シード・プランニング調べ「注目サ-ビス(名刺管理サービス、タレントマネジメントサービス、ロッカー型クラウドサービス)の最新動向 No.2」より
◎SansanのTVCMを公開しています
リンク
【「B2B LoveLetter」に関するお問い合わせ先】
概要:リンク
詳細のお問い合わせ: b2bll-info@b2bloveletter.jp (JPMD内 B2B LoveLetter事務局)

【Sansan導入に関するお問い合わせ先】 Sansan株式会社 マーケティング部
フリーダイヤル:0800-100-9933(携帯からもOK/不通の場合 03-6419-3033)
メール:inquiry@sansan.com
資料請求・お問い合わせフォーム リンク

【本リリースに関する報道関係のお問い合わせ先】Sansan株式会社 広報部 担当:磯山
メール pr@sansan.com   TEL 03-6316-3121  FAX 03-3409-3133

■Sansan株式会社 会社概要
設立:2007年6月11日
所在地:150-0001 東京都渋谷区神宮前5-52-2 青山オーバルビル13F
資本金等:22億1,589万円(うち資本金 11億794万円)※2015年5月31日時点
社員数:150名
事業内容:名刺管理クラウドサービスの企画・開発・販売
法人向け 営業を強くする名刺管理『Sansan』 リンク
個人向け Your business network『Eight』 リンク
URL: リンク



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。