logo

新宿を舞台に、架空の映画の、架空のサントラ盤の、レコードジャケットを発表! 10月21日には映画『劇場霊』のライブペインティングも開催!

新宿高島屋 2015年10月14日 11時35分
From Digital PR Platform


レコードジャケットアート展
~SHINJUKUサントラ盤特集~

・会期:2015年10月21日(水)~11月3日(火・祝)
・会場:新宿高島屋10階特設会場
・企画/アーティストコーディネート:エージェント・ハムヤック
・協力:東京イラストレーターズ・ソサエティ

女性向けのレコード入門本が発刊されたり、有名ミュージシャンがあえて新曲をレコードで発表したり、レコードは今静かなブームとなっています。音楽ファンだけでなく、レコードのジャケットのデザインが気に入って購入するといういわゆる「ジャケ買い」という言葉があるほど、レコードジャケットを「アート」として楽しむ動きも広がってきています。                    ート」として楽しむ動きも広がってきています。
そこで、“もしレコードジャケットがアート作品で、世界に1枚しかないとしたら”というコンセプトのもと、『新宿を舞台とした架空の映画の架空のサントラ盤』をテーマに、35名の国内外の新進気鋭イラストレーターやアーティストに制作を依頼し、それぞれの想像力を存分に発揮したレコードジャケットを描いていただきました。
活劇あり、ファンタジーあり、SFありの多彩なレコードジャケットが、その映画の「タイトル」から「あらすじ」、「曲名」、「ミュージシャン」まですべて架空で紹介されます。
☆価格:全て一律35,640円(税込)
☆作品のお渡しは会期終了後になります。
☆10月21日(水)のみ、抽選販売とさせていただきます。
☆内容は一部変更になる場合がございます。

【アーティスト名】敬称略 
                     
<国内アーティスト>50音順
井筒 啓之、井筒 りつこ、伊藤タケヒロ(chi-bee)、大橋 美由紀、小川 恵子、奥原しんこ、柏原 晋平、
片山 なのあ、河下 智美、岸野 真生子、北村 人、日下 明、コージー・トマト、Shu-Thang Grafix/シュウ・サン グラフィックス、澁谷 忠臣、Jun Oson (ジュン・オソン)、竹森 規子、飛永 雄大、DRAGON76、
花井 裕介、堀 道広、WHOLE9 -ホールナイン、丸 倫徳、箕輪 麻紀子、山田 博之

<海外アーティスト>アルファベット順
Dawn Ang(ダーン・アング)、Devours Bacon(デボワース・ベーコン)、Emily Eldridge(エミリー・エルドリッジ)、Eric Foenander(エリック・フォエナンダー)、Jackkrit Anantakul(ジャクリット・アナンタクル)、Joel Holland(ジョール・ホランド)、Przemek Sobocki(プシエメク・ソブツキ)、Robert Nicol(ロバート・ニコル)、Sameer Kulavoor(サマー・クラヴォール)、Simone Rea(シモーネ・レア)



映画『劇場霊』ライブペインティング

・ライブペインティング日時:10月21日(水) 午前11時~
・会場:新宿高島屋2階ウエルカムゾーン

「レコードジャケットアート展」は、10月22日(木)~31日(日)まで開催される「第28回 東京国際映画祭」(本年は初めて新宿も会場となります)との連動も意識し企画されたイベントでもあります。そこで映画祭エントリー作品の、中田秀夫監督の最新作『劇場霊』をモチーフに、本展出品作家の一人でもある新進気鋭のアーティスト・澁谷忠臣さんに、お客様の目の前でライブペインティングしていただくことになりました。
『劇場霊』の主演は「ぱるる」ことAKB48の島崎遥香さん。この映画のポスターをもとに、澁谷さん独自の世界観を加味しながら制作していただきます。完成した作品は10月27日(火)までは2階ウエルカムゾーンに展示されます。


【お問い合わせ】 新宿高島屋 TEL03-5361-1111(代表)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事