logo

全国外大連合とラグビーワールドカップ2019組織委員会が 人的及び教育・研究の分野で協定を締結

学校法人佐野学園 2015年10月14日 07時00分
From 共同通信PRワイヤー

2015/10/14

学校法人佐野学園

全国外大連合とラグビーワールドカップ2019組織委員会が人的及び教育・研究の分野で協定を締結
「全国外大連合とラグビーワールドカップ2019組織委員会との協定調印式」を10月23日に実施

国内にある7つの全外国語大学で構成される、全国外大連合(関西外国語大学、神田外語大学、京都外国語大学、神戸市外国語大学、東京外国語大学、長崎外国語大学、名古屋外国語大学)と公益財団法人ラグビーワールドカップ2019組織委員会(東京都港区/会長 御手洗 冨士夫)は、2019年に開催するラグビーワールドカップ大会の成功に向け、人的および教育、研究の分野等で相互に連携・協力体制を構築することを目的として協定を締結いたします。それに伴い、10月23日(金)には調印式を実施予定。概要は以下よりご参照ください。

今回の「全国外大連合とラグビーワールドカップ2019組織委員会との協定」は、2019年に日本で開催されるラグビーワールドカップ大会の成功に向け、全国外大連合とラグビーワールドカップ2019組織委員会が通訳ボランティアの育成、派遣等さらなる連携と相互発展を目指すために締結されます。
 同協定の締結により、運営事務局サポートや通訳ボランティアの派遣、大会を通じてのラグビーの普及活動等、運営に必要な人材の育成を目指していきます。2016年2月には、「第2回全国外大連合通訳ボランティア育成セミナー」を開催予定。ラグビーワールドカップ2019に向けた、ボランティアリーダーの育成の強化を目指します。

「全国外大連合」は、世界諸地域の言語と文化・社会に関する専門学術を教授研究し、国際社会の一員として世界に貢献しうる人材を育成することを共通の基本理念として2014年6月26日に結成されました。外大連合憲章の理念を具現化する活動の一つとして2015年2月27日(金)には「全国外大連合通訳ボランティア支援事務局」を発足し、取組の第一弾として、2015年8月24日(月)~27(木)に7外大合同で初となる「第1回通訳ボランティア育成セミナー」を開催。2019年ラグビーワールドカップや2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会等にとどまらず、今後開催が予定される世界競技大会、各種国際会議等、全外大で27の専攻言語を有する外国語大学ならではの強みを活かし、日本国内におけるボランティアリーダーの育成に向け始動しました。
本活動は世界共通語の英語のみならず、世界諸地域で話されている様々な言語を文化・社会とともに理解した「多言語グローバル人材」を輩出していくことを目的としています。4日間のセミナーを修了した学生は、「全国外大連合通訳ボランティア人材バンク」に登録することができ、今後、同事務局が紹介する各種スポーツ大会や国際イベントでの通訳ボランティア活動に参加していきます。

●全国7外大連合とラグビーワールドカップ2019組織委員会との協定調印式 概要
【日 時】2015 年 10 月 23 日(金)16:30~17:30
【場 所】ブリティッシュヒルズ マナーハウス1F
         福島県岩瀬郡天栄村大字田良尾字芝草1-8
   リンク
【内容】
(1)ラグビーワールドカップの運営に必要な人的分野に関して
(2)ラグビーワールドカップに関わる教育、研究及び国際交流分野に関して
(3)ラグビーワールドカップに関わるPR・普及活動の分野に関して
(4)その他、両機関が必要と認める分野に関して

【登壇者】
西阪 昇(ラグビーワールドカップ2019組織委員会・事務総長代理)
上野裕一(ラグビーワールドカップ2019組織委員会・理事)
谷本義高(関西外国語大学・学長)
酒井邦弥(神田外語大学・学長)
下村秀則(京都外国語大学・副学長)
船山仲他(神戸市外国語大学・学長)
林佳世子(東京外国語大学・理事・副学長)
石川昭仁(長崎外国語大学・学長)
亀山郁夫(名古屋外国語大学・学長)

【式次第・予定】
16:00 プレス受付
16:30 開式・協定の概要説明
16:40 出席者紹介
16:45 調印
17:00 ラグビーワールドカップ2019組織委員会・西阪昇事務総長代理 挨拶
17:10 各大学代表者(登壇者)挨拶/写真撮影
17:20 質疑応答
17:30 閉式

【取材受付】
ご希望の際は取材申込書(別添)にご記入のうえ 10月20日(火)17:00 までにお申し込みをお願いいたします。

【全国七外大連合憲章調印式】
リンク
【全国外大連携プログラム 通訳ボランティア育成セミナー】
リンク

※本リリースは文部科学記者会、大学プレスセンター、福島県政記者クラブ、福島市政記者会にも配信されております。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事