logo

真のITスキルを評価する資格として世界で200万人以上に取得されているCompTIAの認定資格【CompTIA IT Fundamentals認定資格】スタート!

CompTIA日本支局は、2015年10月9日(金)よりCompTIA IT Fundamentals認定資格を開始いたします。
CompTIA IT Fundamentals認定資格は、PCやスマートフォン、タブレットなどのハードウェアコンポーネントと機能、互換性やネットワーク、セキュリティ、基本的なITリテラシーに関するスキルを評価します。
どのような職種においても、ITスキルは必須となっておりますので様々な職種において最低限のITスキルを必要とする場合や学生、職種転換などによりIT業界での就業を希望される方に最適な認定資格となっております。


【CompTIA IT Fundamentals認定資格とは?】

CompTIA IT Fundamentals認定資格は、PCをセットアップする上で必要とされるPCコンポートの識別・設定、ソフトウェアインストール、ネットワークの接続互換性問題の特定、セキュリティリスクの認識および予防、PCの安全な利用と予防安全などに関し、受験者の基本知識を評価する認定資格です。


【CompTIA IT Fundamentals認定資格の目的】

テーマはビジネスコンピューティング

今や日々の生活の中でなくてはならない存在となったIT技術。
このIT技術の基本的、かつ最新知識をバランス良く学び、技術の進歩がもたらすメリット、デメリットを正しく理解し活用できる「独立したICTユーザー」であることは、現代人に求められる必須のスキルとなりました。

現場教育では、「情報教育」に関する様々な取り組みが行われていますが、日々刻々と進化するIT技術をキャッチアップし、カリキュラムに落とし込むことは、現場を預かられている先生方へ想像以上の負担を強いている現状も散見されます。

一方、企業にとっては全業種、全職種において、働く者が「持っているであろう」と考えられているスキルでありながら、そのスキルでしかないことで引き起こされる「生産性の低下」、また「様々なトラブル」が大きな課題となっています。

現代社会を生きる上で、IT技術における「知っているべきこと、できなければならないこと」をビジネスコンピューティングとして体系立ててまとめ、学習、習熟、証明のステップをご提供する、それが「CompTIA IT Fundamentals認定資格」です。
【CompTIA認定資格受験に関して】

CompTIA認定資格試験は、ピアソンVUEの認定試験センターで毎日実施しています。全国に100カ所以上あるすべての試験センターで受験可能です。受験予約、日程及び詳細、認定資格に関する各種お申し込みにつきましては下記URLをご参照くださいませ。
■URL:リンク


【CompTIA概要】

設立:1982年(日本支局設立は2001年4月)

拠点: 欧米を中心に10拠点<本部サイトリンク>米国シカゴ(本部)、カナダ、イギリス、ドイツ、南アフリカ、日本、オーストラリア、北京、インド、韓国
 
■日本支局
東京都千代田区三崎町3-4-9水道橋MSビル7階<リンク

メンバーシップ:118カ国約4,000機関(2011年1月現在)
          ・コンピュータ系事業者(含、ディストリビュータ、SI)
          ・通信系事業者
          ・トレーニングサービス事業者
          ・IT大手ユーザー

活動内容 :CompTIAは、1982年、IT業界の要請から発足したワールドワイドで活動をする非営利のIT業界団体です。
米国シカゴ本部を中心に世界に10の拠点を広げ、2001年に日本支局が設立されています。
ITに携わる企業や個人の利益を高めるため、「Educate=教育」、CompTIA認定資格での「Certify=認定」、IT業界の声を反映しIT政策に反映するため「Advocate=政策支援活動」、IT業界への「Philanthropy=社会貢献」の4つを柱として活動を続けています。
<本件に関するお問い合わせ>

会社名:株式会社フロンティアコンサルティング

担当者名:松野(まつの) 萩原(はぎわら)

TEL:03-5216-3544

E-MAIL:info@frontier-c.co.jp





本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事