logo

多国籍企業は中国事業を楽観視 ハイドリック・アンド・ストラグルズ最新調査で判明

ハイドリック・アンド・ストラグルズ 2015年10月09日 12時22分
From 共同通信PRワイヤー

多国籍企業は中国事業を楽観視 ハイドリック・アンド・ストラグルズ最新調査で判明

AsiaNet 62112(1317)

【香港2015年10月8日PR Newswire=共同通信JBN】エグゼクティブ・サーチ(リンク)、リーダーシップ・コンサルティング(リンク)、カルチャー・シェイピング(リンク)で世界をリードするプロバイダーであるハイドリック・アンド・ストラグルズ(Heidrick & Struggles、リンク)(NASDAQ:HSII)がAmChangHong Kongと共同で行った調査によると、多国籍企業のリーダーは中国での事業について楽観的であり優れた収益性を見込んでいるものの、事業の伸び率は今後も低下すると懸念している。

Photo - リンク
Logo - リンク

「Managing in China's 'New Normal' 2015(中国の「新常態」おける経営2015年)」(リンク )と題する調査は、中国事業を担当する119人の多国籍企業の上級幹部からの回答を含んでおり、回答者の58%は1000人以上の雇員を抱える企業である。

ハイドリック・アンド・ストラグルズのインダストリアル・プラクティス担当パートナーであるセス・ピーターソン氏(リンク )は「中国での事業経営状況はこれまでよりもチャレンジングである。上昇するコストと直接競争だけでなく、多国籍企業(MNC)は中国国内企業の製造品質が向上し続けているとみており、事態はより厳しくなっている。中国企業は世界市場セクターで事業展開を開始し、競争力のある価格を提供している。中国企業は未成熟な資本市場から恩恵を受け、政府介入なしに業務を確立することができたり、政府支援を受けて容易に収益を上げることができたりする」と語った。

調査リポートによると、MNCは中国での事業に自信を持っているが、市場状況はチャレンジングであり、景気低迷を懸念している。

*厳しさを増す競争:激しい競争は回答者の90%が懸念する1つの材料で、市場状況は「ますますチャレンジング」になったと93%が報告している。その要因は、労働コストが上昇したことと、最近の元切り下げにもかかわらず部品調達コストの上昇したことである。

*緩やかなテンポであるが売り上げの伸びは継続:回答者の82%は2014年の売り上げが伸びたとしており、75%は2015年も売り上げが伸びるとみている。50%以上の回答者は2015年の収益性が現時点では増加したとし、63%が製造および稼働能力が増加するとみている(昨年の調査では83%)。

*長期戦略償還:中国にプレゼンスを確立した組織は、給与が上昇し、販売環境が競争的になっているにもかかわらず、それらは、長期的戦略償還を目指して生産性を向上させることによって軽減される要因であるとみていると報告した。

*「新常態」に関する多用な見方:53%の回答者は「新常態」政策が景況感を改善し、中国への投資増大を促していると考えている。回答者は、中国内でのイノベーション、都市化の拡大、均等な機会の向上に重点が置かれ、政府が現在進めている腐敗追放の動きが強化されたことで消費者およびサービス市場が成長すると予想され、新たな機会が生じるとみている。別の回答者は、「新常態」が事業にどのような影響を及ぼすかを見分けるには時期尚早と考えている。少数の幹部は事業が政策によって多少脅かされる可能性があると感じている。

さらに、調査から2つのトレンドが明らかになった。
*サプライチェーンの移動:製造基盤に関して、回答者の大半はアジアで中国に代わるオプションは他にないとみているものの、メーカーはその評価を継続しており、多数はタイ、ベトナム、フィリピンなどの国の追加製造に投資している。また、47%の回答者は中国に研究開発センターを構築した。研究開発センターを持たない企業では、その9%が向こう3年以内のセンター開設を計画している。

*MNCの半数は今後も社員数を増加させる。50%の企業は採用目標を維持すると指摘したが、昨年よりも若干減少した(2015年が50%、2014年が58%)。同時に、優秀な地元人材のプールは大きくなり、調査を受けた企業では駐在員の現地雇員化が議論の中心になっている。

ピーターソン氏は「中国が新たなパラダイムに足を踏み入れており、外国企業とそのリーダーは競争の激化、複雑さの深まり、不透明性の増大になじむ必要があり、企業とリーダーはより素早く考え行動を起こす必要がある。『新常態』環境は中国国内企業との人材獲得競争を激化させるものの、着実な経済成長を目指す方策は、特に重要人材の転職水準を低下させる可能性があり、人材パイプラインを開発する余地が生じることになる」と語った。

▽ハイドリック・アンド・ストラグルズ(Heidrick & Struggles)について
ハイドリック・アンド・ストラグルズ(NASDAQ:HSII)は、リーダーシップ・コンサルティング、カルチャー・シェイピング、上級管理職レベルのエグゼクティブ・サーチ・サービスの大手プロバイダーとして、世界トップ組織の管理職人材とリーダーのニーズに応えている。ハイドリック・アンド・ストラグルズは60年以上にわたり、エグゼクティブ・サーチ専門職の先駆者になってきた。同社は現在、信頼されるアドバイザーとして統合リーダーシップ・ソリューションを提供、顧客が世界と1つの経営陣を同時に変革する手助けをしている。詳しい情報はウェブサイトwww.heidrick.comを参照。

▽報道関係問い合わせ先
Karen Lau
+852 2103 9329
klau@heidrick.com

Lia Randazzo
+1 312 496 1788
lrandazzo@heidrick.com

ソース:Heidrick & Struggles

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。