logo

「韓国フードデリバリーアプリの顛末~ 手数料無料化の功罪と日本事業者への提言 ~」無料レポートを発表

アジアICT業界のリサーチ・コンサルティングを幅広く展開する国際リーディング企業の株式会社ROA Holdings(本社:東京都新宿区新宿、代表取締役社長:李承勲)は、調査・分析コラム「韓国フードデリバリーアプリの顛末~ 手数料無料化の功罪と日本事業者への提言 ~」と題した無料レポートを発表いたしました。

【 コラムの内容 】


お隣の韓国では、「フードデリバリーアプリ」、つまり出前アプリの人気が異常に高いようです。

シェアをみると、「配達の民族」、「ヨギヨ」、そして老舗の「配達通」のBig 3で市場全体の9割以上を占め、登録店舗数は3社アプリ合計で38万店に達しています。3社アプリのダウンロード数は3,000万件を超え、月間利用者数は1,000万人以上に達するといいます。つまり、アプリを持つユーザーの3人に1人、または韓国総人口の約5人に1人が毎月3社のいずれかのアプリを利用していることになります。これが、わずか5年間での出来事です。

本コラムでは、配達が文化にまでなっている韓国の出前アプリサービス事情を紹介しつつ、最近の手数料無料化に至る顛末を解説し、日本での事業のヒントについて分析を試みたいと思います。



【 目次 】



1 急成長する韓国のフードデリバリーアプリ市場

2 社会問題化したアプリ

3 手数料無料化という功罪

4 日本事業者への提言



▼本コラムは、ホームページにてご覧いただけます。
リンク
※会員の方はログイン後、ご覧ください。


▼無料会員登録はこちらから
リンク


▼無料アナリストコラム一覧(バックナンバー)はこちらから
リンク
現在、180トピックスに渡る国内外の通信市場関連のコラムをご覧いただけます。



■会社概要

社名 : 株式会社ROA Holdings
所在地 : 東京都新宿区新宿1-10-5 岡田ビル4F
TEL: 03-3356-0874 FAX: 03-3356-0875
URL :  リンク
Email : research@roaholdings.com
その他支店 : 韓国支社、中国支社、香港支社、台湾支社、シンガポール支社
代表者 : 代表取締役社長 李 承 勲 (Steve Lee)
事業内容 : 受託調査、調査レポート発行、年間サービス
専門研究分野 : アジアを中心とした通信産業及びデジタルコンバージェンス産業



■本プレスリリースについてのお問い合わせ

株式会社ROA Holdings レポート・マーケティングチーム 担当:李(イ)
TEL: 03-3356-0874 Email: report@roaholdings.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。