logo

総合かぜ薬「ルルアタック」天海祐希司令官がカゼウイルスに立ち向かう新TV-CMを放映開始

第一三共ヘルスケア株式会社 2015年10月06日 13時34分
From 共同通信PRワイヤー

2015年10月6日

第一三共ヘルスケア株式会社

つらい症状別にアプローチする総合かぜ薬「ルルアタック」シリーズ
天海祐希司令官がカゼウイルスに立ち向かう新TV-CM「KAZE WARS」篇を放映開始
メカニックデザイナーの第一人者・竹内敦志氏が手掛けるスペクタクル

 第一三共ヘルスケア株式会社は、総合かぜ薬「ルルアタック」シリーズのイメージキャラクターに引き続き女優の天海祐希さんを起用し、新TV-CM「KAZE WARS」篇を、本年10月7日(水)から全国で放映します。

 新TV-CM「KAZE WARS」篇では、天海司令官率いる「TEAMルルアタック」の精鋭たちが、最先端の科学技術を結集した戦闘機を駆使して地球のかぜに立ち向かうストーリーを通じて、つらい症状に対する「ルルアタック」の優れた効果を伝えてまいります。
 戦闘機や個性豊かな登場人物のデザインは、『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』などで知られるメカニックデザイナーの第一人者・竹内敦志氏が担当し、今までにない宇宙空間という壮大な舞台を用いた迫力のある新TV-CMに仕上がっています。


■TV-CMストーリー/ルルアタック「KAZE WARS シリーズ30」篇(30秒)  
 銀河系に浮かぶ巨大なマザーシップ。艦内のオペレーターロボから「発見、カゼウイルス!」というアナウンスが入り、プラネタリウム型のモニターに、カゼウイルスに感染したオフィスで働く3名の人間が映し出されます。天海司令官が毅然とした表情で「アタック開始!」と戦闘機に指令を出すと、のどのカゼには「EX BLUE」、鼻のカゼには「NX GREEN」、熱のカゼには「FX RED」が急発進して立ち向かいます。素早く敵を撃退した3機のアクションに、「なんというアタック力」と驚く副司令官の隣で、「人類は、カゼに負けてはならない」と、天海司令官が満足そうに微笑んでいます。
 オフィスのデスク上をすり抜けながら飛ぶ3機の戦闘機が、回転しながら3つのルルアタックのパッケージに変形し、窓際に着地。「現代のカゼに、速攻アタック。3つのルルアタック」という天海さんのナレーションに続いて、最後は「TEAMルルアタック」のカットで締めくくります。

■キャラクター設定  
<天海司令官>
「TEAMルルアタック」を指揮する。正義感が強く、曲がったことが大嫌い。幼いころ、ウイルスのせいで両親とは離れて暮らしていたという過去がある。父も同じ艦の司令官だった。宇宙大学を首席で卒業し、ウイルスとの戦いには人一倍の熱意を燃やす。歯に衣着せぬ物言いと確かなリーダーシップで、人望を集めている。おしゃれ好きで、マントを何枚も持っている。
その他キャラクター設定やメカニックデザインの詳細については、「ルル」ブランドサイト(www.lulu.jp)の
「ルルアタック」シリーズTV-CMご紹介ページにてご覧になれます。)

■撮影・制作エピソード
 今回のTV-CMで天海さんは、カゼウイルスと戦う「TEAMルルアタック」の総司令官を演じます。
正義感とリーダーシップにあふれ、厳しさと優しさを兼ね備えたキャラクターを、多彩な表情と凛とした佇まいで演じていました。ウイルスと戦っている時の毅然とした表情と、戦いを終えた時の穏やかな微笑みという、トーンの異なる繊細な表現を見事に演じ分け、その華やかな存在感で現場を沸かせました。
 現場では、獣型の隊員「ヌックス」の人形の精巧さと迫力に、スタッフ一同から驚きの声が上がったほか、「ラジャー!」の声に合わせてスタッフ二人がかりで試行錯誤しながら人形を動かす際には、造形と声、また動きなど、そのギャップの面白さに何度も笑いが起こりました。
個性豊かなキャストたちの素晴らしい演技と、汗と笑いのスタッフのチームワークにより、無事に撮影を終えましたが、制作の大事な工程は、撮影当日だけではありません。今回のTV-CM完成までに制作チームが費やした時間は、およそ2ヶ月半に上ります。先ず、大量の精密なデザイン画を、限られた時間でどこまでCGで表現できるかを検討し、まずは監督が考えた設定やイメージ画を基に、メカニカルな外観や内装、詳細図、キャラクターのコスチュームなどを15種類ほどデザイン。その後、ブラッシュアップや色付けを行い、スタイリストやコスチュームデザイナーのアイデアも取り入れながら、最終的に40枚を超えるデザイン画を制作しました。こうして、撮影に向け、壮大なTV-CMの世界観が完成しました。






本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。