logo

TeamViewer、ビジネス向けのバックアップソリューションを発売

TeamViewer GmbH 2015年10月06日 11時00分
From PR TIMES

airbackupでクラウド内での高速・簡単・安全なバックアップが可能に

リモートコントロールとオンラインミーティングソフトウェアの先進企業であるTeamViewerは、新製品の発売を発表しました。airbackupはクラウドベースのバックアップソリューションで、業務用のバックアップ・インフラストラクチャを使わずにビジネスデータを保護することを可能にします。airbackupは安全面と使いやすさに優れているだけでなく、バックアップの自動化を容易にします。airbackupはwww.airbackup.comからダウンロード可能です。お試し期間中は、無料でご利用いただけます。

airbackupには、非常に高いセキュリティが搭載されています。AES256ビット暗号化とairbackupの設定時に生成したプライベートキーが連動し、常にデータを不正アクセスから守ります。全データは転送前にローカルで暗号化されるため、airbackupのサポート担当者さえアクセスできません。

また、高性能なBackupBoost(TM)テクノロジーが最大圧縮を可能にします。各バックアップの前にデータは最小限に圧縮され、バックアップの必要のない重複データブロックを認識します。最終バックアップ以降に修正されたデータをミリ秒以内に特定するため、変更があった部分のデータブロックのみが送信されます。これらの機能により、データは高速で外部のデータセンターに転送されます。

さらに、airbackupは1回のご購入で台数に制限なくご利用いただけるため、その費用に見合ったサポートを受けることができます。

airbackup Clientをダウンロードした後は、バックアップルーチンを設定し、生成するレポートを選択します。補完的なウェブベースのairbackup Managerにより、企業はバックアップ対象の機器を集中管理し、ニーズに合わせてグループ化することが可能です。ユーザーは、クラウドベースのソリューションであるairbackupがあれば、いつどこからでもデータを復元できるという安心感を得ることができます。さらに、airbackupは、ローカルでの機能停止や自然災害によるデータ損失のリスクを軽減します。

TeamViewerの製品開発計画部部長であるコルネリウス・ブルナー(Kornelius Brunner)は、次のように述べています。「既存のデータバックアップソリューションの多くは、数多くの課題に対応していないと感じていました。このため、TeamViewer はairbackupを開発しました。airbackupは、企業のIT予算に負担をかけることなく、企業が実行可能な事業継続計画や災害復旧戦略を立てる際のお手伝いをします。BackupBoost™テクノロジー以外でも、ユーザーは日々の業務を妨げられることなくバックアップを行い、一般的なクラウドの優れた機能を享受することができます」。

サポート対象データ:
ファイル、フォルダ
ネットワークシェア
システム状態
MySQLデータベース
Microsoft Exchange Server
Microsoft SQL Server

対応OS:
Windows 8、Windows 7、Windows Vista、Windows XP
Windows Server 2012 / 2008R2 / 2008 / 2003
Mac OS X Version 10.6以降

airbackupの詳細については、 www.airbackup.comをご覧ください。

■TeamViewerについて
ドイツに本社を置くTeamViewer GmbHは2005年の設立以来、高性能かつ高品質なオンラインコミュニケーション、コラボレーションおよびリモートコントロールITシステムの開発・販売を行っております。TeamViewerは日本語を含む30以上の言語に対応し、世界中で2億人以上に利用されているリモートコントロールとオンライン会議のソフトウェアです。リモートモニタリングとIT資産管理向けソリューションであるITbrainも製品ラインナップに取り揃えています。詳細に関しては、www.teamviewer.comをご覧ください。
(C)2015 TeamViewer GmbH. All rights reserved

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。