logo

OKI、大判プリンター事業会社を設立

JCN 2015年10月05日 11時05分
From JCN Newswire


TOKYO, Oct 5, 2015 - ( JCN Newswire ) - OKIグループのプリンター事業会社OKIデータ(社長:平本隆夫、本社:東京都港区)は、このたび、セイコーインスツル株式会社(社長:村上 斉、本社:千葉県千葉市、以下 SII)から、SII子会社の株式会社セイコーアイ・インフォテック(社長:坂田 諭、本社:千葉県千葉市、以下SIIT)がグローバルに展開している大判プリンター事業の事業譲渡を完了しました。

本年10月1日、OKIデータは、SIIからSIIT全株式の譲渡を受け「株式会社OKIデータ・インフォテック(社長:東 潤一郎、本社:千葉県千葉市、以下 OKIデータ・インフォテック)」を設立し、OKIグループの新拠点として事業活動を開始しました。また同日、OKIデータの欧米グループ企業へのSII欧米グループ企業からの大判プリンター事業・資産譲渡も完了しました。なおSIITから提供していた大判プリンターなどの商品販売・サービスは、OKIデータ・インフォテックが引続きお客さまへご提供いたします。

OKIデータは、新領域への高付加価値プリンター事業を成長分野として位置付けており、特にプロフェッショナル市場を重要なターゲットの1つとしています。今回の事業取得により、大型インクジェットサインプリンターおよびLEDグラフィックスプロッターなどの技術・開発力、ならびに商品ラインアップと販売チャネルを新たに獲得しました。今後、印刷・流通・小売業界向けにワンストップ・ソリューションを提供することで、プロフェッショナル市場でのプリンター事業強化を図ります。

【会社概要】
(1)社名: 株式会社OKIデータ・インフォテック
(2)社長: 東 潤一郎
(3)所在地: 千葉県千葉市美浜区中瀬1-8
(4)設立日: 平成27年10月1日
(5)従業員数: 236名
(6)主な事業内容: 大判プリンターの設計・開発・製造および販売・保守
(7)資本金: 10億円

概要:沖電気工業株式会社

OKIは米国でグラハム・ベルが電話機を発明したわずか5年後の1881年に創業した、日本で最初に電話機を製造した情報通信機器メーカーです。先見性と勇気をもって果敢に挑戦・行動するという、創業以来の「進取の精神」を連綿と受け継ぎ、ブランドスローガン「Open up your dreams」のもと事業展開しています。現在、「金融システム」「通信システム」「情報システム」「プリンタ」「電子部品・モジュール他」の5つの分野において、OKIグループは社会の発展に寄与する最先端技術の商品・サービスをお客様にお届けし、世界の人々の快適で豊かな生活の実現に貢献しています。詳細はこちらからご覧ください。 リンク

本件に関する報道機関からのお問い合わせ先
OKI広報部 田中
電話 03-3501-3835
e-mail: press@oki.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事