logo

東京家政大学の学生が十条駅前で子ども向けワークショップを実施 -- インターンシップ「十条銀座わくわくプロジェクト」の一環

東京家政大学 2015年10月01日 08時05分
From Digital PR Platform


東京家政大学の学生団体「irodori」と「葵」が、9月13日、20日にそれぞれ子ども向けワークショップを実施した。これは、JR十条駅前のスペース「和(なごみ)」を舞台に、地元商店街や市民との交流イベント等を企画・運営するプロジェクト型インターンシップ「十条銀座わくわくプロジェクト」の一環として行われたもの。


 同インターンシップでは、事前指導(マーケティング講座・企画力育成講座)および地元のニーズ調査、企画・広報・運営を通して、業務プロセスの理解、工程管理を行う。また、終了後は、振り返りにより自己理解を深める。
 今年度は6月に事前説明会と事前指導を行い、参加団体を募集。第1期の企画として9月13日、20日に学生団体「irodori」と「葵」がそれぞれ子ども向けワークショップを実施した。

 このうち、9月13日には学生団体「irodori」が「夏のirodori体験教室」を開催。ワークショップでは、子どもたちが手作りお弁当トートバッグにお絵かきをして、オリジナルバッグを作った。また、授業で制作したブラウスやデザイン画、リメイクした洋服などを展示した。

 9月20日には学生団体「葵」が「おじいちゃん・おばあちゃんにありがとうを伝えよう!!」を開催した。これは、敬老の日にあたり、子どもたちに日ごろの祖父母への感謝の気持ちを伝えてもらうことを目的として企画されたもの。ワークショップでは、うちわ、ペンたて、しおりの3つの中から好きなものを選んで作成した。

 今後、第2期、第3期の実施が予定されている。

(関連記事)
・東京家政大学および同短大部の取り組みが、文科省の「産業界のニーズに対応した教育改善・充実体制整備事業」に採択(2012/11/29)
 リンク

▼本件に関する問い合わせ先
 東京家政大学 進路支援センター
 〒173-8602 東京都板橋区加賀1-18-1
 TEL: 03-3961-2284
 リンク

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。