logo

2015年北海道代表起業家は北の達人コーポレーション 木下 勝寿氏に決定

新日本有限責任監査法人 2015年09月29日 18時04分
From 共同通信PRワイヤー

2015年9月29日

新日本有限責任監査法人

2015年北海道代表起業家は
北の達人コーポレーション 木下 勝寿氏に決定
“EY アントレプレナー・オブ・ザ・イヤー 2015 ジャパン” 北海道ブロック

 EYのメンバーファームである新日本有限責任監査法人が主催する起業家表彰制度「EY アントレプレナー・オブ・ザ・イヤー 2015 ジャパン」(以下、EOY Japan)は、9月28日に北海道ブロック アワード・レセプションを開催し、2015年度の北海道ブロック代表として株式会社北の達人コーポレーション(札幌市)の代表取締役社長 木下勝寿(きのした かつひさ)氏を選出いたしました。
 木下勝寿氏は北海道ブロック代表として、本年11月24日に東京で開催されるEOY Japanに臨みます。
 EOY Japanは、日本の起業家を国際的なステージへ輩出する唯一の起業家表彰制度で、本年で15年目を迎えます。また、北海道ブロック代表の選出は、本年で3年目となります。
 候補者の発掘、推薦および書類選考は、EOY Japanの趣旨に賛同するボランティア・メンバーに推薦部会としてご支援いただき、起業家精神などの6つの審査基準に基づき実施されました。
また、特別賞は株式会社ヒューマンリンク(北海道江別市)の代表取締役 田中紀雄(たなか のりお)氏に決定いたしました。

《木下勝寿氏 受賞コメント》
北海道に眠っている数々の素晴らしい資源に可能性を感じて、縁もゆかりもない北海道で起業した私が、アントレプレナーシップを評価頂いてEOY Japan北海道ブロック代表に選ばれたことは嬉しい限りです。今後とも起業家精神を持った社員と共にチャレンジを続け、日本を代表する企業を創りたいと思います。

■木下 勝寿氏 株式会社北の達人コーポレーション 代表取締役社長             
1968年神戸生まれ。大学在学中に学生企業を経験し、卒業後は株式会社リクルートに勤務。その後独立し、2000年には北海道特産品のインターネット販売を開始する。2年後に拠点を北海道へ移し、2007年には規格外の食品販売サイトを新設。「ワケありグルメ」ブームの先駆けとして多数のメディアに取り上げられる。2009年、株式会社北の達人コーポレーションに社名変更。健康美容の分野へ本格参入し、以降、「実感主義」をテーマに北海道の素材を活かした自社商品の開発に力を入れる。
【株式会社北の達人コーポレーション 事業概要】
「おもしろいをカタチにする達人集団」として、健康食品や化粧品を企画開発し、インターネットショップで販売しているベンチャー企業。「本当にお客様にご満足いただける商品」を、企画開発、販売戦略、サイト運営等を一貫して行い、北の快適工房という自社ブランドを確立している。2014年には東京証券取引所市場第二部にも上場し、 70人の少数精鋭組織の上場企業として、日本国内のみならず、海外にも進出し、急成長している。


詳細は弊社Webサイトをご参照ください。
リンク




本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。