logo

世界で急成長するモバイル動画ストリーミングアプリ最新市場動向を発表

App Annie 2015年09月29日 07時50分
From PR TIMES

米国、英国、中国で市場への影響度が高かった動画ストリーミングアプリを分析



[画像1: リンク ]



App Annie(アップアニー、本社:米・サンフランシスコ、代表:Bertrand Schmitt)は、近年驚異的な成長を遂げている動画ストリーミングアプリ最新市場動向レポート『世界で急成長するモバイル動画ストリーミンク゛市場』を公開しました。
このレポートでは、2014年8月から2015年7月の12カ月間の、米国、英国、中国における主要な動画ストリーミングアプリを対象にリサーチを行い、動画ストリーミングアプリ市場のトレンドを形成する重要な要素を浮き彫りにしました。コンテンツの嗜好や旧来のテレビ業界の構造の国による違いが、各動画ストリーミングアプリの人気や、ダウンロード数、収益、利用状況に与える影響について分析しています。


[画像2: リンク ]



このレポート(無料)の要点は次の通りです:
・米国、中国市場における、動画ストリーミングアプリの急成長
動画ストリーミングアプリ分野は、収益が米国において前年比3.2倍、中国で9.6倍と高い成長率を記録するなど、大きな成長を見せている。米国ではHBO NowとHuluが増収の大部分を占めている。

・注目市場におけるダウンロード数と収益を牽引しているコンテンツの傾向
米国は上位アプリの顔ぶれが最も多様で、インターネット専門業者、放送局、ネットワーク、スポーツリーグが上位のアプリを提供している。
イギリスでは、伝統的な放送局がダウンロード数ランキングを独占し、スポーツ系アプリが収益ランキングをリードしている。
中国ではインターネット複合企業、独立系動画ストリーミングプロバイダーがダウンロード数と収益をともにリードしており、コンテンツのポートフォリオは多彩。

・月間アクティブユーザーを最も多く獲得している動画ストリーミングアプリ
月間アクティブユーザー数(MAU)トップ10にランクインした動画ストリーミングアプリは、国ごとに大きなばらつきがある。複数国でトップ10入りしたアプリはYouTubeとNetflixの2本のみ。

『世界で急成長するモバイル動画ストリーミング市場』レポート全文はこちらから入手できます(無料):
リンク


【App Annieについて】
App Annie (アップアニー) は、世界規模のアプリの市場データと分析ツールを提供しており、アプリビジネスにおいて迅速かつ確かな意思決定を支える世界No.1の情報プラットフォームです。自社アプリの競合優位性を詳細に把握するための分析ツールと、世界中のあらゆるアプリのビジネスを様々な角度から深く洞察するための市場データを提供しております。App Annieの製品は、アプリストアランキングのトップ100のパブリッシャーのうち94%以上、計82.5万以上のアプリに利用されております。またElectronic Arts、Google、LinkedIn、LINE、Microsoft、Nexon、Nestle、Samsung、Tencent、Bandai Namco、Universal Studios等の著名なパブリッシャーが有料の『Intelligence』製品を利用しています。累積830億件以上のアプリダウンロードおよび、250億米ドル以上のアプリ収益をトラッキングしています。米・サンフランシスコに本社を置き、400名以上の従業員を擁する非上場企業で、アムステルダム、北京、香港、ロンドン、モスクワ、ニューヨーク、ソウル、上海、東京、シンガポール、カナダ等の世界12都市に拠点を構えています。現在までにグレイクロフト・パートナーズ、IDGキャピタル・パートナーズ、Institutional Venture Partners、eVentures、セコイア・キャピタル、Infinity Venture Partners等の世界中のベンチャーキャピタルから9,400万米ドルの資金調達を実施しました。

   App Annie 会社ホームページ: リンク
   App Annie Twitter アカウント: @AppAnnieJapan
   App Annie Facebook アカウント:App Annie(アップアニー)

プレスリリースについてのお問い合わせ先 広報担当:五百旗頭(イオキベ)
   電話番号:080-3750-4341
   e-mail:miokibe@appannie.com


プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。