logo

愛知大学で11月14日(土)「西日本第1ブロック共同シンポジウム『地域に根ざしたグローバル人材とは』」を開催 -- 文部科学省「経済社会の発展を牽引するグローバル人材育成支援」事業採択9大学主催

愛知大学 2015年09月26日 08時05分
From Digital PR Platform


11月14日(土)、愛知大学名古屋キャンパスにて「地域に根ざしたグローバル人材とは」をテーマに「西日本第1ブロック共同シンポジウム」を開催する。本シンポジウムは文部科学省「経済社会の発展を牽引するグローバル人材育成支援」事業の一環として行われるもので、同ブロックに属する採択9大学(同志社大学、関西学院大学、神戸大学、福井大学、鳥取大学、京都産業大学、立命館大学、愛知県立大学、愛知大学)が2013年度から共同で開催。参加無料。要事前申し込み。


 グローバル化への対応は日本各地域にとっても喫緊の課題であり、また「地方創生」が叫ばれる今日において、グローバル人材の育成を通じていかに地域社会の発展に貢献できるかは、大学の大きな課題である。
 多様な地域社会において、地域が抱える課題をグローバルな視点で理解し、地域社会の一員として世界へ積極的に発信する力や、多文化と共生する国際的な感覚は、グローバル人材に求められる重要な能力であるといえる。
 今回のシンポジウムでは、大学、企業、自治体等、さらに高等学校やNPO団体の具体的取り組みを紹介し、「地域に根ざしたグローバル人材」育成のありかたや今後の可能性について考える。

◆2015年度西日本第1ブロック共同シンポジウム「地域に根差したグローバル人材とは」
【日 時】 11月14日(土) 12:50~17:20(受付開始12:10)
【場 所】 愛知大学名古屋キャンパス 講義棟11階
【アクセス】
 名古屋駅より徒歩約10分、あおなみ線「ささしまライブ」駅下車 徒歩1分、
 近鉄「米野」駅下車 徒歩5分
 ※駐車場はありません。公共交通機関でお越しください。
 リンク
【申込方法】
 「愛知大学 経済社会の発展を牽引するグローバル人材育成支援」の「イベント情報ページ」よりお申し込みください。
 リンク
【申込締切】 10月26日(月)

【プログラム】
 開会挨拶 高島忠義 愛知県立大学学長
■基調講演 「地域に根ざしたグローバル人材とは(仮題)」
 石田建昭 東海東京証券代表取締役会長・最高経営責任者CEO中部経済同友会直前代表幹事
■個別発表
 ・田川公太朗 鳥取大学地域学部准教授 「日韓学生による環境実践活動と地域国際交流」
 ・小幡 浩司 福井大学国際交流センター教授 「大学・地域協働型グローバル人材育成」
 ・宮谷敦美 愛知県立大学外国語学部教授 「地域の課題解決も目指すグローバル人材育成」
■COFFEE BREAK ポスターセッション
 高等学校: 名古屋大学教育学部附属中・高等学校、旭丘高等学校、時習館高等学校、名城大学附属高等学校、春日丘高等学校、清林館高等学校
 自治体等: あいち国際ビジネス支援センター、可児市、高山市、独立行政法人国際協力機構(JICA)中部国際センター、NPO法人G-net
 大学: 関西学院大学、福井大学、鳥取大学、京都産業大学、愛知県立大学、愛知大学
■特別講演
 大村秀章 愛知県知事(予定)
■全体総括・ディスカッション
 コメンテーター: 大森昭生 共愛学園前橋国際大学副学長
 パネリスト
 ・田中 明 高山市役所ブランド・海外戦略部部長
 ・南田修司 NPO法人G-net 共同代表・理事
 ・山田史郎 同志社大学国際連携推進機構国際化推進室長
 ・野間春生 立命館大学情報理工学部副学部長
 コーディネーター: 砂山幸雄 愛知大学副学長
 閉会挨拶 佐藤元彦 愛知大学学長
 情報交換会 愛知大学厚生棟1階キャンパスレストラン(会費2,000円・予定)

【主 催】
 スーパーグローバル大学等事業 経済社会の発展を牽引するグローバル人材育成支援 西日本第1ブロック採択9大学(同志社大学、関西学院大学、神戸大学、福井大学、鳥取大学、京都産業大学、立命館大学、愛知県立大学、愛知大学)
【後 援】
 中部経済同友会、愛知県教育委員会、名古屋市教育委員会、公益財団法人愛知大学教育研究支援財団
【協 賛】 株式会社朝日ネット

▼本件に関する問い合わせ先
 愛知県立大学グローバル人材育成推進室
 TEL:  0561-76-8824
 E-mail: global@for.aichi-pu.ac.jp

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。