logo

日立システムズPRESENTS「千住 明コンサート Calendar」開催のお知らせ

株式会社日立システムズ(代表取締役 取締役社長:髙橋 直也、本社:東京都品川区/以下、日立システムズ)は、2016年1月20日(水)、東京オペラシティ コンサートホールにおいて、作曲家の千住 明氏が写真と音楽を融合させた2015年版日立システムズオリジナルカレンダーの楽曲を指揮する「日立システムズPRESENTS 千住 明コンサート Calendar」を開催し、2015年10月17日(土)よりチケットの一般販売を開始します。

日立システムズは、従業員基点の経営の仕組みである「日立システムズWay」の下、企業理念・経営ビジョンにもとづき、「異なる価値の融合による新たな価値を創造することで、真に豊かな社会の実現に貢献する」ことをめざしています。2014年12月には、当社がめざす方向性を社内外に表明するため、「日立システムズWay」の実践を具現化した2015年版日立システムズオリジナルカレンダーを制作しました。本カレンダーは、当社の企業理念に込めた想いに共感した写真家 山梨勝弘(やまなし・かつひろ)氏と作曲家 千住 明(せんじゅ・あきら)氏という異なる分野の一流アーティストとのコラボレーションにより、「写真」と「音楽」を融合させた新たな価値を提供するものです。
本カレンダーでは、印刷された各月の二次元コードから専用のWebページに飛ぶことにより、季節感溢れる山梨氏の日本の風景写真と千住氏の楽曲を「音楽のある風景」として、動画でご覧いただけます。音楽は、日立システムズの事業活動やカレンダーのコンセプトならびに山梨氏の作風からインスピレーションを受けて、千住氏がこの企画のために制作した12の楽曲「カレンダー組曲 “CALENDAR SUITE”」を、千住氏の指揮の下、ヨーロッパで世界的に高く評価されているワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団の主要メンバーから構成される室内アンサンブル、ワルシャワ・フィルハーモニック・チェンバーオーケストラが演奏したものです。

「写真」と「音楽」を融合させたカレンダーの誕生から1年。「カレンダー組曲“CALENDAR SUITE”」を、山梨勝弘氏の美しい風景写真とともにお愉しみいただけるコンサートを開催いたします。
演奏は、日立システムズオリジナルカレンダーに収録された曲と同様、ワルシャワ・フィルハーモニック・チェンバーオーケストラが務めます。また、特別ゲストにヴァイオリニストの千住真理子氏を迎え、2004年に千住 博氏と真理子氏、明氏の3兄妹の共演で話題となった「ヴァイオリンとストリングスオーケストラの為の『四季』 "Four Seasons" for violin & strings orchestra」も演奏します。
千住 明氏による指揮の下、才能豊かなアーティストたちのコラボレーションで奏でられる音色が、1年の始まりに華やかに響きわたるひとときをご堪能ください。

日立システムズは本コンサートを通じて、企業理念の一文に掲げる「新たな価値の創造」を社内外に表明するとともに、日立システムズWayを実践してまいります。そして、日立システムズグループが一丸となり、世界につながる人財と先進の情報技術を組み合わせた独自のサービスを創造し、お客さまからすべてを任せていただけるグローバルサービスカンパニーをめざします。


コンサート概要

名称:日立システムズPRESENTS 千住 明コンサート Calendar
開催日時:2016年1月20日(水) 開場18:30  開演19:00 ( 21:00終了予定)
会場:東京オペラシティ コンサートホール
〒163-1407東京都新宿区西新宿3丁目20番2号
京王新線「初台駅」東口 徒歩1分(京王線相互乗り入れ都営新宿線にて新宿から2分
料金 :全席指定 S席7,500円 A席6,000円 B席5,000円 C席4,000円
出演: 作曲・指揮/千住 明
演奏/ワルシャワ・フィルハーモニック・チェンバーオーケストラ
Special Guest/千住 真理子(ヴァイオリン)
主催:株式会社日立システムズ
後援:株式会社J-WAVE
企画・制作:株式会社伝創社 千住明事務所
マネジメント:株式会社ジャパン・アーツ


プログラム(予定)
曲目:
カレンダー組曲“CALENDAR SUITE”
Collaboration with Katsuhiro Yamanashi, for Hitachi Systems original calendar

ヴァイオリンとストリングスオーケストラの為の『四季』 "Four Seasons" for violin & strings orchestra

NHK大河ドラマ「風林火山」より 他
※都合により公演内容を変更する場合があります。

イベントの詳細はこちらリンク


チケットお申し込み先

下記にて2015年10月17日(土)10:00より一般発売します。
ジャパン・アーツぴあTEL03-5774-3040 リンク
東京オペラシティチケットセンターTEL 03-5353-9999
東京文化会館チケットサービスTEL03-5685-0650
チケットぴあTEL0570-02-9999(Pコード:276-297) リンク
イープラス リンク
ローソンチケットTEL0570-000-407(Lコード:39583)


作曲家 千住 明氏について

1960年東京生まれ。東京藝術大学作曲科卒業。同大学院首席修了。代表作にピアノ協奏曲「宿命」(ドラマ「砂の器」劇中テーマ曲)オペラ「万葉集」「滝の白糸」等。ドラマ「家なき子」「ほんまもん」「砂の器」「風林火山」「流星ワゴン」「アルジャーノンに花束を」映画「愛を乞うひと」「黄泉がえり」「涙そうそう」アニメ「機動戦士Vガンダム」「鋼の錬金術師FA」NHKスペシャル「至高のバイオリン ストラディヴァリウスの謎」NHK「日本 映像の20世紀」TV「アイアンシェフ」「テレビ未来遺産」「ものづくり日本の奇跡」CM「アサヒ スーパードライ」等音楽担当作品は数多い。受賞歴多数。作曲家・編曲家・音楽プロデューサーとして幅広く活躍。NHK「日曜美術館」のキャスターも務めた。
東京藝術大学客員教授。
(2015年9月現在)
千住 明オフィシャル・ホームページ リンク

なお、千住 明氏は、日立システムズが提供するFMラジオ局J-WAVE東日本大震災復興支援番組「Hitachi Systems HEART TO HEART」の2013年ナビゲーターとして被災地の現状を伝えたほか、2014年春には当社の特別協賛により復興支援コンサートを東京と仙台で開催するなど、当社の文化面からの復興支援活動「希望の響き」シリーズと連携して、さまざまな取り組みを実施しています。

ワルシャワ・フィルハーモニック・チェンバーオーケストラについて

世界有数のオーケストラ、ワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団の主要演奏家で構成される室内管弦楽団。世界的なソリストなど多くの著名アーティストとの共演や、国内外の映画音楽のためのレコーディングなどにも積極的に参加。NHK大河「風林火山」やドラマ「北の国から」、映画「戦場のピアニスト」「バトル・ロワイヤル」、アニメ「沈黙の艦隊」「鋼の錬金術師」など、日本人に馴染みのある映画やテレビ番組の音楽も数多く演奏。2013 年クシシュトフ・ペンデレツキの「フォノグラミ」でグラミー賞を受賞。2014 年11月ワルシャワフィルハーモニックホールにて「カレンダー組曲“CALENDAR SUITE”」収録。


千住真理子氏について

2 歳半よりヴァイオリンを始める。12 歳、N 響との共演でデビュー。日本音楽コンクールに最年少15 歳で優勝、レウカディア賞受賞。パガニーニ国際コンクールに最年少で入賞。慶應義塾大学卒業後、87年ロンドン、88年ローマデビュー。1999 年ニューヨーク・カーネギーホールでソロ・リサイタルを開き、大成功を収める。2002年ストラディヴァリウス「デュランティ」との運命的な出会いを果たす。2015年デビュー40周年を迎え、イザイ無伴奏ソナタ全曲「心の叫び」、バッハ無伴奏ソナタ&パルティータ全曲「平和への祈り」をリリース、両作品ともレコード芸術誌の特選盤に選ばれた。講演会やラジオパーソナリティ、執筆活動など多岐にわたり活躍。
千住真理子オフィシャル・ホームページ リンク


風景写真家 山梨 勝弘氏について

東京写真短期大学(現・東京工芸大学)卒業。美しい地球の自然景観を後世に受け継ぐ重要性を多くの方に感じていただきたいと、一貫して自然の風景をテーマに写真活動に取り組む。日本写真家協会会員、日本風景写真家協会会員。写真集「日本の絶景」 「和歌・歌枕で巡る日本の景勝地」 などのほか、日本郵便、旅行雑誌、JRポスターなどに作品を多数発表。個展および共同展も精力的に開催している。
また、2010年より毎年、日立システムズ オリジナルカレンダーを通じて、日本の風景の素晴らしさやその自然の恵みの中で育まれ受け継がれてきた人の技や想いを各年のテーマに託し、伝えてきた。2015年からは「希望の響き」シリーズとして、「大地の響き」(2015)、「水の響き」(2016)、「空の響き」(2017)を写真テーマに、千住氏の楽曲との美しいハーモニーを織りなす日本各地の自然風景を撮影、提供する。


関連情報
写真家 山梨勝弘氏と作曲家 千住明氏による写真と音楽のコラボレーション「2015年版日立システムズオリジナルカレンダー」完成のお知らせ ~「異なる価値の融合による新たな価値の創造」を具現化
リンク
日立システムズ 復興支援への取り組み(動画)
リンク
日立システムズ「希望の響き」シリーズサイト
リンク
仙台市青年文化センターの提案型ネーミングライツ優先交渉者に決定
リンク


日立システムズについて

株式会社日立システムズは、幅広い業務システムの設計・構築サービス、強固なデータセンター基盤を活用したアウトソーシングサービス、全国約300か所のサービス拠点とコンタクトセンターによるお客さまに密着した高品質な運用・保守サービスを強みとするITサービス企業です。日本のIT黎明期から先駆的に取り組んできたITサービスの実績・ノウハウを生かし、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、保守まで、ITのライフサイクル全領域をカバーするワンストップサービスを提供しています。そして、ITの枠組みを超えてお客さまに新たな価値を創造し、お客さまからすべてを任せていただけるグローバルサービスカンパニーをめざしています。
詳細は、リンクをご覧ください。


報道機関のお問い合わせ先
株式会社日立システムズ
CSR本部 コーポレート・コミュニケーション部 杉山、住川
〒141-8672 東京都品川区大崎1-2-1
TEL:03-5435-5002(直通)
E-mail:press.we@ml.hitachi-systems.com

以上

詳細はこちらからリンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。