logo

株式会社イノーバが戦略発表会を実施、中堅・中小規模を対象にしたマーケティングオートメーションツールとして「Cloud CMO」の新機能を発表

株式会社イノーバ(本社:東京都文京区、代表取締役:宗像淳、以下イノーバ)は2015年9月16日に事業戦略発表会を実施、同社の「Cloud CMO(※1)」の機能を強化しマーケティングでの事業成長に課題をもつ中堅・中小規模の企業に向けて ”すべてをシンプルにするマーケティングオートーメーションツール” として提供していくことを発表しました。

イノーバは、顧客を獲得する本質的なマーケティング手法として、コンテンツマーケティングの価値を訴求してまいりました。中堅企業・中小企業と言われる事業規模の企業こそコンテンツを発信して製品やサービスの魅力を伝え、「認知され」「選ばれる」会社へと進化すべきであり、その支援をしたいと考えています。

良質な見込み顧客(リード)を獲得するコンテンツマーケティングを実現するためには、簡単に使えるマーケティングオートメーションシステムが必要不可欠です。しかし、既存のマーケティングオートメーションシステムは煩雑で、特にチームの人数が少ない企業や、コンテンツマーケティングを含めたデジタルマーケティングに本格的に取り組めていなかった企業には、扱いが難しいというのも事実です。

そのため、今回イノーバでは。これまでお客様から寄せられていた要望をもとに、マーケティングオートメーションに必要な集客・獲得・育成に関する各機能の強化を行いました。


[資料: リンク ]

Cloud CMOは、CMSによる企業のサイト構築からコンテンツやマーケティングのパフォーマンス評価、見込み顧客の「集客・獲得・育成」の3ステップを、1つのツールですべて解決します。これにより、担当者が複数のシステムを使いこなすというストレスから解放されるとともに、次に何を行うべきか、マーケティングのあるべきプロセスへと導かれます。

Cloud CMOは、少ない人数でも使いこなせる唯一のマーケティングオートメーションツールとして、中堅・中小企業における商談・売上の増加というマーケティングゴールをサポートします。

※ 1:Cloud CMOとは
リンク

<株式会社イノーバについて>
イノーバは、「売り手と買い手がともに栄える世界をつくりだす」というビジョンのもと、企業のマーケティングを支援するサービスを展開しています。マーケティングオートメーションツール「Cloud CMO」を開発・提供するとともに、コンテンツマーケティングのノウハウを持つ専門スタッフと1.500名を超えるライターネットワークで、顧客のコンテンツマーケティング実践を支援するサービスをご提供しています。コンテンツマーケティングの実行と効果測定の実現により、中堅・中小企業のマーケティングの活性化、新規事業の創出を目指します。

【代表者】 代表取締役社長CEO 宗像 淳
【所在地】 東京都文京区小石川一丁目4番1号 住友不動産後楽園ビル18階
【設 立】 平成23年6月28日
【資本金】 1億5,530万円
【事業内容】 コンテンツマーケティング企画・制作・運用
       マーケティングソフトウェアの開発
【 URL 】  リンク


【本件に関するお問い合わせ先】
企業名:株式会社イノーバ
担当者名:大西 花絵
TEL:03-4405-7431
Email:mktg@innova-jp.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。