logo

【サイバーリンク株式会社】エクストリームなビデオ編集を可能にする新バージョン「PowerDirector 14」シリーズを発表

台湾 台北(2015年9月15日)CyberLink Corp.(5203.TW)(本社:台湾新北市、以下 サイバーリンク)は、話題の
アクションカメラで撮影したビデオを、かんたんかつスタイリッシュに編集可能な「アクションカメラセンター」を搭載し、さらには待望のモーショントラッキングやスクリーンレコーダー機能に対応、最新フォーマットのサポートも強化した
人気ビデオ編集ソフトの新バージョン「PowerDirector14」シリーズを発表いたします。



[動画: リンク ]



<<PowerDirector 14 シリーズの主な新機能と人気機能について>>
[エクストリームな編集ツール]

アクションカメラセンター New
アクションカメラで撮影したビデオの編集に最適な機能を集めた「アクションカメラセンター」でかんたんに補正と編集ができます。iPhoneやGoPro等で撮影できる秒間120/240フレームを含むハイフレームレートビデオをサポート。ハイフレームレートの美しさを発揮できる滑らかなスローモーションビデオを制作できます。
[画像1: リンク ]



[主な機能]


広角レンズ補正 (各種レンズプロファイルに対応)
手ぶれ補正
スピードコントロール
ストップモーション
イーズイン&アウト
リピート再生


(PowerDirector 14 Standard版を除く)

クイックプロジェクト  New
あらかじめ用途ごとのテーマに合わせて準備された「クイックプロジェクト」を用意しました。指定の位置にビデオや写真をドラッグ&ドロップすれば短時間でビデオ作品の制作が可能です。


旅行や結婚式のビデオにぴったりのプロジェクトを用意。
オープニングやエンディングごとに分けられており、必要な部分を組み合わせて使えるので便利。


オブジェクトトラッキング  New
ビデオ内のオブジェクトを指定してその動きをトラッキング。オブジェクトへお好みのエフェクトなどを追加すると、そのオブジェクトに追従しながらエフェクトが表示されます。
[画像2: リンク ]

[クリエイティブな機能の例]


モザイクやテキスト、PiPを追従させることが可能。
対象物の拡大縮小に合わせてエフェクトのサイズも変化。
1つのビデオ内で複数の対象物へのトラッキングが可能。

(PowerDirector 14 Standard版を除く)

スクリーンレコーダー   New
新開発スクリーンレコーダーでパソコンの画面を録画できます。録画したビデオをPowerDirectorに取り込んで編集することができます。

パソコンの音声も同時にノイズなく綺麗に録音可能。
マイク等を使用した外部音声の録音にも対応。
クリックタイミングをマーカーとして記録して参照可能。
秒間30コマで録画可能。


新トランジション&タイトルエフェクト  New
幾何学模様と透過を使った新トランジションにより、スタイリッシュなシーンの切り替えを実現できます。

タイトルの開始・終了時にパーティクルを取り入れた、新しいタイトルエフェクトが利用できます。
写真からオリジナルトランジションも作れます。


[多数の入出力フォーマットサポート!]

最新の規格、人気のフォーマットをサポート  Power Up


4K解像度のH.264, H.265の入出力をサポート。
iPhoneやGoProなどで撮影可能な120/240fpsのハイフレームレートMP4コンテンツの入出力をサポート。
XAVC-Sフォーマットの入出力をサポート。
AVCHD 3D/Progressiveのサポート。
FLACオーディオの編集をサポート。

(Standard版はH.265、XAVC-S、AVCHDおよび120/240fpsのハイフレームレートMP4ビデオに対応しておりません)

[パフォーマンスも大事!]

TrueVelocity 5エンジン + スマートビデオレンダリング (SVRT) / 64-bit ネイティブサポート Power Up
PowerDirector 14は全エディションで64-bitネイティブサポート。64-bitシステムへの最適化がなされており、快適に編集、高速にレンダリングができます。
スマートビデオレンダリング技術(SVRT)により必要な部分だけを再レンダリグして高速に出力できます。

レンダリングが不要な部分は画質を維持したまま出力が可能。
H.265のスマートビデオレンダリングに対応。
H.265やWMVフォーマットの対応をさらに強化。
120/240fpsのハイフレームレートMP4ビデオに新規に対応。

(Standard版はH.265および120/240fpsのハイフレームレートMP4ビデオに対応しておりません)

マルチ GPGPU アクセラレーション Power Up
マルチ GPGPU に対応で、PCに搭載された2つのVGAカードをビデオ編集に利用することができます。

圧倒的な出力スピード Power Up
ハードウェア支援技術に対応。高速でビデオを編集・出力することができます。

Intel、NVIDIA のH.265のハードウェアエンコード機能に対応。高速にエンコードを行うことが可能。


[画像3: リンク ]



OpenCL対応 Power Up
OpenCL の対応により、GPGPUでタスク処理を高速化。ビデオレンダリングのパフォーマンス向上に加えて、47 種類のビデオエフェクトにおいて OpenCL を利用した処理の高速化を実現しています。

[ユニーク&楽しい人気機能!]

音声を解析してワンクリック同期
結婚式やイベントなどで同時に撮影したビデオを編集する場合、ビデオの音声を解析して音声を同期させることで、自動でビデオの位置合わせを行う事ができます。

標準のタイムライン上で音声を解析することにより、最大100トラックの複数ビデオを自動で同期可能。
専用画面で最大4つのビデオを同期し、TV番組のように切り替えて編集するマルチカムデザイナーも利用可能。

(PowerDirector 14 Standard版を除く)

編集ポイントを分析
PowerDirectorがビデオを分析し、人物が存在するシーンや、動きのあるシーン、カメラが移動しているシーン、会話のシーンなどを見つけて、お知らせします。

手ぶれや明るさ不足のシーンを見つけ出し、映像補正技術で修正することが可能。


(PowerDirector 14 Standard版を除く)

ビデオをより美しく補正
独自のTrueTheaterテクノロジーでビデオをより美しく補正します。


手ぶれ補正。
画像ノイズ除去。
明るさ補正。
画質改善/アップサンプリング。


個性を発揮できるデザイナーツール
ビデオをより個性的にするデザイナーツールを使えば、各種エフェクトのカスタマイズが可能となりよりオリジナリティのあるビデオを作れます。
タイトルデザイナー


字体や色、位置、サイズ、透明度を調整可能。
文字を動かしたりエフェクトの追加も可能。

トランジションデザイナー


写真からオリジナルのトランジションを作成可能。
キーフレームを使えば、開始・終了を設定可能。

PiPデザイナー


複数の動画や写真を同時に表現することで、分割画面表示やクロマキー合成が可能。
キーフレーム設定にも対応。

メニューデザイナー


テキストや動画、写真を使って、ユニークなディスクメニューを作れます。
さまざまなカスタマイズ機能も搭載。


ボタンのクリックでメディアの表示・非表示を切り替え  New
ボタンのクリックで、メディアルーム内のビデオ、写真、音楽ファイルの表示、非表示を切り替えられるようになりました。素材を種類ごとに探し出しやすくなりました。

[ビデオ編集が初めてでも安心!]

誰でもかんたん!テーマから選んでビデオ編集
ビデオ編集の経験が無くても、テーマを選んでビデオを加えればイージーエディターが素敵なビデオに自動的に編集してくれます。
[画像4: リンク ]



写真とビデオを組み合わせて、かんたんフォトムービー制作
写真とビデオの両方を使ったフォトムービー制作も強力にサポートします。
ステップバイステップでガイドするのでかんたんに高画質フォトムービーが制作できます。
[画像5: リンク ]



フルカラー日本監修のマニュアル付
日本人デザイナーによってデザインされたフルカラー200ページ超の大判マニュアルを同梱しています。
[画像6: リンク ]




ステップバイステップ方式でわかりやすい。
初心者でも安心してビデオ編集を始められます。

(PowerDirector14 Standard版はPDFで提供)

[こんなこともできちゃう!]

サイバーリンククラウド
編集に使用しているビデオ、写真、音声を全てまとめてプロジェクトファイルとともに、サイバーリンク クラウドサービスにバックアップすることができます。

サイバーリンク クラウドを1年間無料で利用可能。
Director Suite 4, PowerDirector 14 Ultimate Suite:  40GB 利用可能。
PowerDirector 14 Ultimate, Ultra :  20GB利用可能。
別途有料にて容量の追加、期間の延長が可能。

(PowerDirector 14 Standard版を除く)

タブレット・スマホでどこでもビデオ編集
PowerDirector Mobile (Android/Windows対応アプリ)を使ってタブレットで撮影したビデオ、写真をその場で素早くタッチ操作にて編集できます。

編集後のビデオを、アプリから直接YouTubeやFacebookにアップロード可能。(別途インターネット接続が必要)
無料でダウンロードしてすぐに使用を開始可能。
PowerDirector Mobileで編集した内容を、パソコン上でPowerDirector 14を使って再編集可能。


[まだまだある!上位版限定のこだわり機能!](Director Suite 4, PowerDirector 14 Ultimate Suite限定)

<<ColorDirector 4 の主な新機能と人気機能について>>

プロフェッショナルなビデオには欠かすことのできない独自の世界観を引き出すためのカラーグレーディングソフト

主題を際立出せる部分調整ツール
特定のオブジェクト領域を選択してトラッキングを行い、ビデオの中の一部分だけの色彩を変更することが可能です。

モーショントラッキング機能により、特定のオブジェクトを自動で追跡し、色彩の変更が可能。
映像内で主題をよりはっきりと際立たせる効果を得ることが可能。


[画像7: リンク ]

[画像8: リンク ]



印象深く独自の世界観を引き出す全体調整
多彩かつ細やかな設定が可能な色彩編集ツールにより、こだわりの色を表現して印象深いビデオ制作が可能です。
[画像9: リンク ]


力強いビデオ製作を強力にサポート
多彩なプリセットをつかうことで素早くカラーグレーディングを実施。円形フィルターやHDRエフェクトによって、陰影の深い映像を生み出すことができます。


HDRエフェクトで陰影の深い映像。
円形フィルターで周辺光量落ちを演出したり、特定部分をハイライトさせることが可能。 New


ぼかし効果&新フィルター  New


ぼかしを加えてオブジェクトを隠したり、オブジェクト以外をぼかして視線を集中させたりすることが可能。
色かぶりフィルターで、より印象的な色彩効果を与えることが可能。


64-bit、4K、H.265対応
最新フォーマットとIntelの第6世代CPUにおけるH.265のハードウェアエンコード機能に対応しました。

4K、XAVC S対応で高解像度ビデオをさらに鮮やかに。
64-bitネイティブ対応により軽快な色彩編集を実現。
H.265ハードウェアエンコード対応で高速に処理。 New
人気の120/240fpsハイフレームレートMP4ビデオに対応。 New


<<AudioDirector 6 の主な新機能と人気機能について>>

ビデオにおいて大きな要素を占める音声のクオリティを高め、よりよい編集結果を導き出す音響編集ソフト

別録り音源で大切なセリフを聞き取りやすく   New
「スピーチを自動で同調」機能を使って別録りした音声をビデオの音声と同調させ、入れ替えることができます。
騒がしい場所でのスピーチのビデオや野外のセリフを撮影した際などに便利な機能です。
[画像10: リンク ]



高度かつ強力なノイズ除去
音声を視覚化しスペクトラムビューで表示。特定の音声を視覚的に選択して除去することが可能です。
マジックワンド機能を使うと除去に必要な類似の周波数や振幅を自動で選択して修正できます。
[画像11: リンク ]



ビデオに合わせた音声効果を制作
音声のカット、トリミング等の編集のみならず、様々な効果を適用して映像シーンに合わせた音声に調整できます。

周波数別イコライザーで特定の音声を強調。
逆再生、ピッチ変更でコミカルな効果。
ボイストランスフォーマーでプライバシーに配慮。


音声ソースに合わせたクオリティの向上
ノイズの種類に合わせて選択できる様々なノイズ除去ツールを使って、音質を向上させることができます。

騒がしい場所で撮影した背景ノイズ除去で音質改善。
電子機器等により発生しうるハムノイズの除去。
アナログテープから録音した際のヒスノイズの除去。
クリック/ ポップ/ クリッピングノイズに対応。


マルチトラック録音&編集
複数のトラックで録音、編集を行うことが可能です。

最大99 トラックを利用して多数の音源の編集。
録音時にメトロノームでテンポキープを補助。
音声のテンポ/BPM (一分あたりに刻む拍の数)をタイムラインに表示。  New


よりよい録音を補助するループ録音   New
マルチトラック録音を行えるミキシングルームでは、「ループ録音」を使って必要な同


じ範囲だけを繰り返し何度も録音することができます。


より良い演奏やスピーチの録音に便利。
録音開始前のカウントダウン秒数を設定可能。
繰り返し録音時のプレ・ポストロールの秒数を設定可能。
ループ録音を使って短時間に繰り返し録音。


[エクストリームな編集をサポートする多彩なエフェクトとテンプレート]

豊富なエフェクト・テンプレート
本格エフェクトやトランジション、テンプレート、タイトル、パーティクルなどを搭載しています。

Director Suite 4: 約710種以上
PowerDirector 14 Ultimate Suite: 約700種以上
PowerDirector 14 Ultimate : 約670種以上
PowerDirector 14 Ultra: 約610種以上
PowerDirector 14 Standard: 約560種以上

(*NewBlue FX Essential、サイバーリンク テンプレートパックのエフェト類の数量を含む)

*より詳しい製品構成(エディション)による機能の違いなどの情報は、弊社ホームページをご参照ください。


【発売日と価格】
2015年9月15日より、順次 ダウンロード版 販売開始

[表1: リンク ]


*1: Director Suite 4には、新バージョン PhotoDirector 7が同梱されています。PhotoDirector 7の詳細は別紙PhotoDirector 7のプレスリリースをご参照ください。
*2: PowerDirector 14 Standard (サイバーリンクWeb限定版) – パッケージ版と一部仕様が異なります。

[表2: リンク ]



2015年10月9日パッケージ版 店頭販売開始

[表3: リンク ]



【パッケージ製品の乗換え・アップグレード版の購入対象者】
すでにサイバーリンク製品のいずれか、もしくは他社製動画編集ソフトをお持ちであればどなたでもご購入いただける乗換え&アップグレードパッケージです。
※OS付属のWindowsムービーメーカーや、フリーソフトウェア、体験版などは対象外です。

【パッケージ製品のアカデミック版の購入対象者】
学校教育法で定められた教育機関、各種職業訓練学校、ならびに大学共同利用機関法人にお勤めの方・児童・生徒・学生・教職員の皆さまがお買い求めいただけるパッケージです。

【製品詳細紹介Webページ】
PowerDirector 14 製品詳細は下記リンクよりご確認ください。
リンク

■本ニュースリリースについて
本ニュースリリースに記載されている内容および製品情報については、市場動向、社会状況、経営方針の変更等により将来的に変わる可能性があります。本ニュースリリースに記載されている記載内容に関する永続的な整合性をサイバーリンク株式会社が保証するものではありません。

■お問い合わせ先
担当: 相蘇 和貴 contact_pr_jpn@cyberlink.com

ここに記載されたすべての会社名と製品名は認識目的でのみ使用され、それぞれの所有者の財産です。

[画像12: リンク ]


プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。