logo

【腎臓病の食事レシピ】残暑を乗り切るボリューム中華メニュー/肉団子の酢豚風・小松菜ナムル・はちみつヨーグルトムース

NPO法人 腎臓サポート協会 2015年09月14日 20時24分
From Digital PR Platform


NPO法人 腎臓病サポート協会が運営する「腎臓病なんでもサイト」では、腎臓病患者さんの毎日の食事作りが楽しく、おいしくなるレシピを公開しています。

今回ご紹介するのは、まだまだ残暑が厳しいこの季節にピッタリ!ボリュームのある肉団子を、酸味をきかせて食べる「肉団子の酢豚風」をはじめとする3点をご紹介します。

副菜はこちらもさっぱり小松菜のナムル。デザートははちみつヨーグルトムース。簡単に仕上げられておいしいですよ!。


―――――――――――――――――――――――――――
残暑を乗り切るボリューム中華メニュー
―――――――――――――――――――――――――――
■■[献立]■■
肉団子の酢豚風・小松菜ナムル・はちみつヨーグルトムース
リンク

▼1品目!肉団子の酢豚風のポイント
お肉とたくさんの野菜で栄養バランスもカロリーも充分!
肉団子は豚ひき肉でも美味しくできます。市販の冷凍肉団子を使うときは表示されている栄養成分を確かめ、エネルギー、タンパク質量を調整してください。
肉団子は油で揚げなくても、茹でるか蒸してもいいでしょう。(竹串で刺して、肉汁がでなくなるまで、茹でる、蒸すこと)

・レシピ詳細と栄養成分
リンク


▼2品目!小松菜ナムルのポイント
葉物野菜と簡単な調味料でちょっと一品。
ナムルは、小松菜にこだわず、ほうれん草やもやしなどでもできます。

・レシピ詳細と栄養成分
リンク


▼3品目!はちみつヨーグルトムースのポイント
プレーンヨーグルトと生クリームをゼラチンで固めたデザートです。手間いらずで簡単にできます。
ムースは冷蔵庫で1週間ほど持ちますので、たくさん作って冷やしておいてもよいでしょう。

・レシピ詳細と栄養成分
リンク


腎臓病患者さんにとって、腎臓病の進行を遅らせ、体調を良好に保つために、食事のコントロールはとても大切です。

「腎臓病なんでもサイト」では毎日の食事作りのために、簡単で栄養バランスがとれるコツや、知っておくと便利な調理ポイントを、たくさんのメニューとともにご紹介しています。ぜひご覧ください。

「おいしく!楽しく!食事作りのヒント」
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。