logo

アイモバイル、スマートフォンに特化した 動画広告プラットフォーム「maio」の提供を開始

~同社初となる動画広告事業を展開、広告主企業の認知率向上および パブリッシャーの収益機会の創出に貢献~

株式会社アイモバイル(本社:東京都渋谷区、代表取締役:田中 俊彦、以下アイモバイル)はスマートフォンに特化した動画広告プラットフォーム「maio(マイオ)」< リンク >の提供を、9月14日より開始いたしました。


インターネット動画広告市場規模は2017年には800億円以上に達し、その中でもスマートフォン向けの動画広告市場は2017年にPC向けの動画広告市場規模を逆転すると予測されており(※1)、今後も高い水準での成長が期待されております。

近年では、スマートフォン利用時間全体のうち、72%を占める割合でアプリが利用されており(※2)、このたび提供を開始する「maio」もスマートフォンアプリのユーザーに対して、動画広告を配信することができるプラットフォームです。
ユーザーが任意で動画視聴を選択すると即時にフルスクリーンで動画広告が再生され、完全視聴を促すフォーマットであるため、 広告主企業様のブランドや商品に対する認知率向上が期待出来ます。
また、配信先を開示しており、配信先毎やクリエイティブ毎の効果状況をリアルタイムで確認しながら、フリークエンシーコントロール等を用いた広告運用を行う事が可能です。

※1 サイバーエージェント/シード・プランニング調べより出典
※2  Nielsen Mobile NetViewより出典


<maioの主な特徴>
【1】視聴完了課金
ユーザーが動画を視聴完了した場合のみ課金が発生するため、効率的に広告予算を使用する事が可能です。メディア様に対しても視聴完了で収益をお支払いするため、安定的な収益が見込めます。

【2】フルスクリーン動画再生+強制視聴による認知率向上
ユーザーが任意で動画視聴を選択すると即時にフルスクリーンで 動画広告が再生され、再生中はスキップ出来ない仕様のため、 広告の認知率向上が期待出来ます。

【3】横動画・縦動画の両サイズに対応
16:9の一般的な横動画は勿論の事、スマートフォン特有の 縦動画にも対応しております。縦動画を活用することで、 ストレスなく自然なかたちでユーザーに対する訴求が可能です。

2007年から国内でアドネットワークを運営し、国内最大級の広告在庫 月間935億impを保有する規模まで成長したアイモバイルの強みを最大限活かし、スマートフォン動画広告領域でも広告主様・メディア様に必要とされるサービスをご提供できるようサービスの拡充をしてまいります。


■ 会社概要

株式会社アイモバイル
本社住所: 東京都渋谷区桜丘町22番14号 N.E.S.ビルN棟2階
設立  : 2007年8月
資本金 : 9,800万円
代表者 : 代表取締役社長 田中俊彦
URL  : リンク


‹本リリースに関するお問合せ先 ›
株式会社 アイモバイル 広報部 広報担当 Mail:info@i-mobilemail.com

このプレスリリースの付帯情報

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

関連情報
http://maio.jp
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。