logo

日本初。月会費2,500円の定額制アクセサリーレンタルサービス「スパークルボックス」が2015年9月14日(月)サービス開始。1年で1万人の会員獲得目指す。

株式会社スパークルボックス 2015年09月14日 08時00分
From PR TIMES

たった2,500円で500種類以上のアクセサリーが使い放題! 女性に新しいアクセサリーとの出会いを。

株式会社スパークルボックス(本社:東京都目黒区、代表取締役:太田 理加、以下 スパークルボックス)は、月額2,500円でデザイナーズアクセサリーが借り放題のサービスを2015年9月14日より提供開始いたします。(リンク)




■スパークルボックスとは?
1. 月額2,500円(税込、以下全て税込)の定額制アクセサリーレンタルサービス
2.  1回あたり、総額25,000円相当の3点を、月に何度でも無制限に。
3. 17ブランド,500種類のアクセサリーが借り放題。往復送料無料、返却期限なし。

■サービスの概要
スパークルボックスは、月額2,500円の定額制で1回あたり総額25,000円相当のデザイナーズアクセサリー3点を月に何度でも借りられるサービスです。会員は、Webサイト【スパークルボックス】(https:sparklebox.jp)で、500種類以上の「欲しい物リスト」から、借りたい物と自分の好みを登録します。1回にお届けする3点は、2点は欲しい物リストから、1点は担当スタイリストが会員のため選び、おすすめの洋服とのコーディネートもご提案します。レンタル品は郵便受けに届いて、ポストから返却でき、返却後次の商品が送られます。

■取り扱い商品について
取り扱いブランドは17ブランド、ニューヨーク・ロンドン・ミラノで人気のデザイナーズブランド、バイボー・ヨキ・1AR byウノアエレ・ピンクパウダーを始め、日常使いのオフィスに身につけていけるものから結婚式等のイベント向けのアクセサリーまで幅広くお取り扱いしております。
お貸しする商品は全てクリーニング・消毒済みで、会員は安心してアクセサリーを身につけることができます。気に入った商品を購入することも可能です。

■なぜスパークルボックスなのか?
アメリカでNetflixのようなサブスクリプションサービスがファッションの分野にも広がっています。会員を2年で10万人に伸ばしたトータルファッションのStitchFixや2年で10万セットを出荷したアクセサリーのRocksbox等が、早い成長を見せています。スパークルボックスは、日本のアクセサリー市場でサブスクリプションサービスを通して現状満たされていない顧客ニーズに応えます。
アクセサリーの市場規模は、アメリカでは1兆4千億円 (NPD Group and Accessories magazine調べ。1ドル=120円換算)、日本では5千億円程度(矢野経済研究所)と推計されています。
50名以上の20代・30代の女性へのインタビューから、彼女たちにとってファッションは大きな関心の一つであるにもかかわらず、「限られた予算では、洋服は買うことができても、アクセサリーまでお金が回らない。」ということが分かりました。そんな女性の悩みに答えるのが、スパークルボックスです。
商品の供給サイドであるデザイナー・ブランドも、今までにないマーケティングの場を求めています。

■今後の展開
9月14日よりクラウドファンディングで支援者を募ります、コーディネートのコンテンツとブランド・商品数の拡充をしていき、1年で1万人の会員獲得を目指します。

[画像: リンク ]

■会社概要
商号: 株式会社スパークルボックス
代表者: 代表取締役 太田 理加
所在地: 〒152-0023 東京都目黒区八雲4-3-13
設立: 2015年5月
事業内容: ジュエリー・アクセサリーのレンタル・販売
資本金: 850万円
URL: リンク

スパークルボックスは、世界最大のネット通販サイト「アマゾン」で12年半新規ビジネスの立上げやファッションビジネスを統括してきた太田がアマゾンの同僚の女性2名(一ノ瀬彩子・伊藤麻実)と、新たなeコマースの形に挑戦すべく始めたサービスです。



プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。