logo

フィリップスが欧州心臓病学会で侵襲性を最小にする心臓病ソリューションを展示

ロイヤル・フィリップス 2015年09月11日 17時07分
From 共同通信PRワイヤー

フィリップスが欧州心臓病学会で侵襲性を最小にする心臓病ソリューションを展示

AsiaNet 61570 (1162)

【アンドーバー(米マサチューセッツ州)、ロンドン2015年8月28日PRN=共同通信JBN】
*インサイトドリブン・アプローチがthe health continuumにわたって人と技術、ケア・プロトコルをシームレスにつなぎ、成果の向上、ヘルスケアのコスト・ダウンを提供

ロイヤル・フィリップス(Royal Philips、リンク philips.com 、NYSE: PHG AEX: PHIA)は28日、2015年欧州心臓病学会(ESC)会議(ESC Congress 2015、リンク )に参加し、「Heart Model A.I.」「EchoNavigator」「IntelliSpace Cardiovascular」を含む診断支援、治療ガイダンス、在宅医療実現のためのケア・プロトコルで人と技術を結ぶ最新の心臓病ソリューションを展示すると発表した。

(Photo: リンク
(Photo: リンク
(Photo: リンク

フィリップスのブース(#G200、リンク philips.com/esc )を訪ねた来場者は心臓血管ケアに対する同社のホリスティック・アプローチを経験できるが、その特徴はクラス最高のデジタルツールと能力を駆使した医療画像診断、超音波血管イメージ投射・認識、治療、患者監視、ヘルスケアIT、および先端応用ソフトウエアなどで、これらは心臓血管ケアの予知および精密医療の進歩を進める。

フィリップスで医療画像診断部門のゼネラルマネジャーを務めるベルト・ファン・ミュルス氏(リンク )は「心臓血管のホリスティック・ケアはこの病気だけを見るのではなく、一連の患者体験のすべての中で何が本当に大事なのか理解しようとするものだ」として次のように述べた。「当社の患者第一ソリューションは新しく効果的な侵襲性最小の外科手術による心血管疾患の診断、治療を可能にする。これらのソリューションは医師の疾患状態診断をサポートして決断を支援、適切な処置を誘導し、さらにインターベンションの成否を確認する。また、最近のVolcano買収は、医師、患者双方にこのサポートを提供する当社の能力を向上させる」

2015年のESC会議は世界最大で最も影響力のある心臓学関係の行事で、業界の将来有望な研究、主要な革新が披露される。このイベント全体にわたって、フィリップスおよびパートナー医師はいくつかのサテライト・シンポジウム(リンク philips.com/esc )やさまざまなトピックに関する実地チュートリアルに参加する。トピックには診断およびインターベンションに使われる超音波診断の最新技術を議論する解剖学的臨床データや周術期イメージ投射も含まれている。

フィリップスのブース(#G200)で欧州デビューを果たす最新の超音波技術心臓病ツール「HeartModel A.I.」は心臓病超音波診断に初めて自動3Dビュー、堅牢な再現性、さらに先進の定量化をもたらす。フィリップスはまた、ブースで一連の患者体験のステップすべてをカバーする先進イメージ投射および超音波ソリューションを展示するが、それには以下が含まれている。

▽医師が確信をもって決断
*HeartModel(リンク )はフィリップスのEPIQ Ultrasoundシステムとして提供される一群の新ツールと技術の一部で、自動化および再現性を強化するために設計され、低コストで高品質のケア提供の要請という過重負担にあえぐ病院やヘルスケアシステムの大きな重圧に対処する助けになる。

*IntelliSpace Cardiovascular(リンク )はイメージを全般的に活用するためのワークスペースで、the health continuumに沿った患者ケアの包括的概観を提供する心臓病歴表を含む。

*Minicare(リンク )1-20、Acute(注)はポイント・オブ・ケアで使用するユーザーフレンドリーなハンドヘルド血液検査プラットフォームで、数分以内に結果を出して臨床診断のスピードを上げる。

▽最適な治療パスに誘導
*EchoNavigator(リンク philips.co.uk/healthcare-product/HCOPT08/echonavigator )は3D経食道エコー検査とエックス線をリアルタイムに融合し、3次元スペースにおけるイメージガイダンスを提供することによって、医師が複雑な構造的心臓病手術を施術する際の決定をサポートし、最適の治療パスを誘導して確認し、患者によりよい結果をもたらすとともに、コスト効率の良いケアを可能にする。

*AlluraClarity(リンク )は手術を簡略化し、ワークフローを向上させるが、同時に優れた上質の画像を低価格で提供する。

*Volcano IVUS(intravascular ultrasound、リンク )は脈管の詳細で正確な測定を提供、広範囲の臨床試験で正確なステント拡張と付着を提供しエックス線投射を減らす一助になることが判明している。

*Volcano iFR Scout(TM)(リンク )は脈管全体の生理学的プロファイルを明らかにし、連続的疾病やびまん性冠疾患を診断するために最適化され医師が情報に基づいて治療法を決定できるプルバック技術である。

欧州心臓病学会会議2015年のフィリップス出展に関する詳しい情報はウェブサイト(リンク philips.com/esc )、ツイッター#ESCCongress(リンク philipslivefrom )を参照。

(注)Minicareは現在開発中で、販売されていない。

▽ロイヤル・フィリップスについて
ロイヤル・フィリップス(NYSE: PHG、AEX: PHIA)はヘルスケア、コンシューマーライフスタイル、ライティングの領域で、意義のあるイノベーションを創造し、人々の生活向上を目指す多角的な健康・福祉企業である。フィリップスはオランダに本社があり、2014年の売上高は214億ユーロ。世界の100カ国余りの販売とサービスに約10万8000人を雇用している。同社は、循環器疾患ケアや急性期疾患の診断治療、ホームヘルスケア、省エネ照明ソリューション、新たな照明アプリケーション、および男性用シェーバーやグルーミング、オーラルヘルスケアの大手である。フィリップスのニュースはウェブサイト(リンク )を参照。

▽問い合わせ先
Kathy O'Reilly
Philips Group Communications
Tel: +1-978-659-2638
Mobile: +1-978-221-8919
Email: Kathy.oreilly@ philips.com
Twitter: @kathyoreilly

ソース:Royal Philips

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。