logo

「淡麗プラチナダブル」の年間販売予定数を当初の約2割増となる600万ケースに上方修正

キリンビール株式会社 2015年09月10日 15時00分
From Digital PR Platform


キリンビール株式会社(社長 布施孝之)が昨年9月に発売した「プリン体0.00※1×糖質0※2」と本格的なうまさを両立した発泡酒「淡麗プラチナダブル」の販売数量が、発売から1年で約670万ケース※3を達成しました。また、8月末には、年間販売目標の約8割を達成し、この好調を受けて、年間販売予定数を当初の約2割増となる約600万ケース※3に上方修正します。

※1 100ml当たりプリン体0.005mg未満を「プリン体0.00」と表示している
※2 栄養表示基準による
※3 大びん換算による

近年の健康意識の高まりにより、ビール類における機能系商品市場は拡大傾向が続いています。当社でも、主要機能系商品の販売数量が、8月は240万ケース※3を突破するなど、好調に推移しています。

その中でも、今年6月に大麦を増量し、リニューアル発売した「淡麗プラチナダブル」は、お客様から「飲みごたえがアップしてさらにおいしくなった」、「ビールに近い味がする」という声が寄せられるなど、リニューアル後も引き続き本格的なうまさが評価されています。

当社は今後も、「淡麗プラチナダブル」を通じて、機能系商品市場のさらなる活性化と「淡麗」ブランドの強化を図り、お客様の支持拡大を目指します。

  記

1.商品名:「淡麗プラチナダブル」
2.発売地域:全国 
3.発売日:2014年9月2日(火)
4.容量/容器:350ml缶、500ml缶
5.価格:オープン価格
6.アルコール分:5.5%
7.販売予定数(上方修正後):約600万ケース(76,000KL)※大びん換算
8.製造工場:キリンビール取手工場、滋賀工場
 
以上

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。