logo

シースパン・バンクーバー造船所(カナダ)が 大規模造船のサポートにArasを選択

船舶設計・製造大手が、新製品開発における情報・プロセス標準化のためのPLMとしてArasを採用

注:本資料は米国マサチューセッツ州アンドーバーで2015年9月8日(現地時間)に発表されたプレスリリースを日本語に翻訳したものです。

ANDOVER, Mass. and Munich, Germany – 2015年9月8日(米国東部時間) – エンタープライズ・プロダクト・ライフサイクル・マネジメント (PLM) ソフトウェアの次世代リーディングカンパニーであるArasは、本日、造船および船舶修繕のパイオニアであり、カナダ造船調達計画にワールドクラスの造船企業として参画するシースパン・バンクーバー造船所(VSY)が、製品開発をサポートするPLMとしてAras Innovator®のプラットフォームを選択したと発表しました。シースパン社は、船舶の設計、建造、メンテナンスおよび修繕におけるクリティカル・プロセスを一元管理するためにArasを利用します。

シースパン社ではいくつかのPLMスイートを評価したうえでArasを選択しましたが、その要因となったのはネイティブWebプラットフォーム技術、すぐに利用できる機能、アプリケーションの柔軟性および広範なカスタマイゼーション機能を、将来のアップグレードを前提に提供できる点でした。そして、市場の要求の進化にあわせてプロセスを改善・進化させる同社の能力が、Arasの持つこうした側面によって著しく強化されるであろうと結論づけました。シースパン社は今後Arasを活用し、CMIIの手法に基づくコンフィギュレーションおよび変更管理によって要求仕様管理を行うことになります。

「シースパン社は世界で通用する造船技術に向けて継続的に取り組んでいます。ライフサイクルを通じた製品イノベーションのプラットフォームとしてそのお手伝いができるのを楽しみにしています」 と、Aras CEOのPeter Schroerは述べています。「Aras Innovatorは、広範囲に及ぶ設計、建造および修繕プロジェクトを引き受けるのに必要なスケーラビリティと柔軟性をシースパン社に提供します。」

【Arasについて】
Arasはプロダクト・ライフサイクル・マネジメント (PLM) ソフトウエアプロバイダーで、複雑な製品・プロセス構造に悩むグローバル企業に最適なソリューションを提供しています。ArasのPLMは、高い拡張性と柔軟性を誇るセキュアなプラットフォーム技術を採用しており、いかなる規模の企業様でも全ての優れた機能をご活用頂けます。GE、GETRAG、日立、ホンダ、テキストロン、ゼロックスなど、世界中のビジネス顧客がArasを採用しています。Arasは米国マサチューセッツ州に本社を構えるプライベートカンパニーです。詳細に関しては www.aras.jp および Twitter @ArasJapan をご覧ください。

ここに掲載されている製品名称やサービス名称はそれぞれ各所有者の登録商標です。

このプレスリリースの付帯情報

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。