logo

マイクロソフトがプロダクティビティーを変革 Dynamics CRM 2016をリリースへ

マイクロソフト 2015年09月09日 18時50分
From 共同通信PRワイヤー

マイクロソフトがプロダクティビティーを変革 Dynamics CRM 2016をリリースへ

AsiaNet 61716(1146)

【レッドモンド(米ワシントン州)2015年9月8日PRN=共同通信JBN】
*Microsoft Dynamics CRM 2016はプロダクティビティー、インテリジェンス、モビリティー、顧客サービスを強化する機能を搭載

マイクロソフト(Microsoft Corp.)(リンク )(Nasdaq "MSFT")は8日、新たな能力を公開し、顧客エンゲージメント・ソリューションの最新リリースMicrosoft Dynamics CRM 2016を今年後半に提供すると発表した。Dynamics CRMでは最も総合的なアップデートとなるMicrosoft Dynamics CRM 2016は、企業および従業員がより多くを達成することを支援する大幅なプロダクティビティーの強化によってインテリジェンス、モビリティー、サービスの向上させる機能を含んでいる。

Logo - リンク

新しい強化は組織のプロダクティビティーを向上させるように設計され、Dynamics CRMアプリケーションおよび電子メール、Excel、容易なタスクマネジメントのためのOneDrive for Business、外出中の従業員向けの強化されたモバイル体験、豊富なデータ・分析などのプロダクティビティー・アプリケーションにおいて、シンプルかつシームレスな体験を提供する。これは今年後半に発売される。

Microsoft Dynamics CRM担当コーポレート・バイスプレジデントであるボブ・シュルツ氏は「マイクロソフトが顧客の成功にこだわるのは、プロダクティビティーとビジネスプロセスを改革したいという願望に根ざしている。Dynamics CRM 2016は完全な新設計で、雑念を取り払うためにすべてのコア機能を単一のシステムで提供し、仕事を成し遂げることを容易にするとともにプロダクティビティーを大幅に向上させて、当社の顧客が顧客へのサービス提供に時間を割けるようにする」と語った。

Experimental Psychology誌(注1)によると、ユーザーがプログラムないしはアプリケーションをオンオフするたびに、プロダクティビティーが40%低下する。マイクロソフトは、今回の新リリースでこの問題に真正面から取り組み、組織が単一の体験で顧客対応の業務を管理でき、エクスポートないしはオンオフする必要をなくすことを設計原則に据え、基本タスクを自動化することによって、業務完了までの時間を大幅に短縮し、時間を節約した。さまざまなタスク、機能、シナリオ向けの新しいExcelテンプレートを装備したDynamics CRMの中でExcel体験が強化されることで、ユーザーは多大な時間を必要とする複雑なエクスポートとは対照的にファンクションを効率的に切り替えることが可能となり、CRM体験の中でシンプル、かつなじみある分析を使って顧客プロセスを拡大することができる。組織はOneDrive for Businessおよび新たなドキュメント生成機能と一体化されたDynamics CRMの中で、ドキュメントにもアクセスできる。Microsoft Dynamics CRM 2016のリリースはまた、Delve機能性をアプリケーションに導入する。Office Graphで動作するDelveはユーザーがコンテンツを表示することによってプロダクティビティーを向上させることを支援し、販売員が人気のあるセールスプレゼンテーションや提案など機会ないしは説明に役立つ可能性がある情報を見つけることを可能にする。

データをインテリジェントなアクションに転換することはビジネス変革とプロダクティビティーの要であり、Dynamics CRMの新リリースは、データ管理とCortana Analytics Suiteで動作する高度な分析機能を含んでいる。これにはビジネス知見を可能にするAzure Machine Learningが含まれており、販売員は顧客ニーズを予見することができる。

モビリティーはプロダクティビティーの中核であり、Dynamics CRMの新バージョンは電話およびタブレット、あらゆる主要なモバイル・プラットフォーム(Android、iOS、Windows)で、販売およびサービス担当者に完全なオンライン機能を提供する。今回のリリースはまた、タスクに特化したモバイルアプリを開発する機能も導入し、外回りの販売関連業務の完了や次世代Cortana統合を効率化し、中核となる取引、説明、業務を携帯情報端末上に表示できる。

顧客サービスは、あらゆる顧客エンゲージメント戦略にとって極めて重要な要素である。Dynamics CRMの新バージョンは、セルフサービス、支援サービス、現場サービスにおける顧客サービス向けのエンドツーエンド・ソリューションを提供し、顧客関係のループを縮める。

▽販売プロダクティビティーで実証された成功
昨年、マイクロソフトは販売プロダクティビティーの宣伝オファー(Sales Productivity、Connect with Customers、Connected Cloudプロモーション)を打ち出し、組織がDynamics CRM Online、Power BI、Office 365を通じた単一のオファーでプロダクティビティーおよびインテリジェンスの恩恵を受けることを容易にした。このソリューションは引き続き、割引のプログラマティック・オファーとして購入することができる。マイクロソフトは10月から、Dynamics CRM Online Professional Add On to Office 365によって新しい販売および価格モデルに合わせたこれらの総合サービスを提供する。

販売プロダクティビティーのオファーは、企業の間で極めて人気があることを実証されている(リンク )。それは、企業が優れた価格で職場の垣根を取り払うことに成功したことを引き合いに出したり、収益増大、競争と区別することに役立つパーソナル化、企業と常連顧客の双方の成長の支援につながるコラボレーションを強化した。

O'Neal Steelのセールス&マーケティング・マネジャーであるデービッド・ゴフ氏は「われわれは、もっと優れた企業に、もっと強力な企業に、もちろん大企業になりたいと思っている。Microsoft Dynamics CRM OnlineとOffice 365は、当社の事業が拡大する際に当社がサービスに専念することに役立っている。当社の顧客が何かを必要とするとき、顧客は誰に電話すればよいか承知している。また顧客がその販売員に電話すれば、正確でタイムリーな情報をもらえることを確信している」と語った。

マイクロソフトは今週、Dynamics CRM Release Preview Guideをオンライン上に公開し、Dynamics CRM 2016の進展、機能、能力のすべてを掲載する。マイクロソフトは近く、モビリティー、インテリジェンス、サービスにおける進展に関する詳細を発表し、アップデートされたDynamics CRM 2016を発売する。

ボブ・シュルツ氏のブログポストはCRM Connection(リンク )で閲覧できる。さらに、リンク 、#MSDYNCRMの@MSDynamicsCRM(リンク )でMicrosoft Dynamics CRMコミュニティーをフォローし、コミュニティーと交流できる。

▽Microsoft Dynamicsについて
成功を収めたあらゆる企業の中心には、実際の業務を担う人々が存在する。Microsoft Dynamicsは、最高の仕事の遂行を可能にする直感的なツールを使って個人を支援する最新のビジネス・ソリューションを設計した。マイクロソフトのプロアクティブで使い勝手のよいビジネス・アプリケーションは、人々やシステムが動きに順応し、企業が絶え間なく変化する世界で迅速に展開し、先進的であることを可能にする。

▽マイクロソフトについて
マイクロソフト(Nasdaq "MSFT" @microsoft)はモバイルファースト、クラウドファーストの世界向けのプラットフォームおよびプロダクティビティーをリードする企業であり、そのミッションは世界のすべての人、すべての組織がさらに多くを実現することを支援する。

(1)Rubinstein, Joshua S.; Meyer, David E.; Evans, Jeffrey E. (2001).
"Executive Control of Cognitive Processes in Task Switching. Journal of Experimental Psychology: Human Perception and Performance," 27(4), 763-797

(編集者注)
マイクロソフトについての詳しい情報、ニュース、展望はマイクロソフト・ニュース・センター(リンク )を参照。ウェブサイトのリンク、電話番号、肩書は本リリース発表時には正確なものだが、その後、変わった可能性もある。さらにアシスタンスが必要な場合、ジャーナリストやアナリストはマイクロソフトのRapid Response Team、または以下の適切な連絡先に問い合わせを。
リンク

ソース:Microsoft Corp.

▽報道関係問い合わせ先
Rapid Response Team
Waggener Edstrom Communications
+1 (503) 443-7070
rrt@waggeneredstrom.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。