logo

進化する見守りロボットBOCCO、Androidアプリが9/8新リリース。

ユカイ工学株式会社 2015年09月08日 11時00分
From ValuePress!

『家族をつなぐコミュニケーションロボット』がコンセプトのロボット「BOCCO」(ボッコ)を企画・販売するユカイ工学株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:青木俊介)は、無料iPhoneアプリに加え、無料Androidアプリ(Androidバージョン4.4対応)のサービスを2015年9月8日よりスタート致します。(BOCCOは2015年7月より販売開始しました)

[PRESS RELEASE]
報道関係者各位
2015年9月8日
ユカイ工学株式会社


進化する見守りロボットBOCCO、Androidアプリが9/8新リリース。

無料Androidアプリ情報
アプリ名:BOCCO
対応OS:Android 4.4 (Bluetooth4.0対応機種)
ダウンロードURL:リンク


■BOCCOについて
BOCCOは、インターネットに接続するためのWiFiと、センサと通信するためのBluetoothの機能を搭載しています。インターネット経由でスマートフォンと音声メッセージをやりとりできるほか、家庭内のセンサの情報をスマートフォンに通知することが可能です。これにより、家族の生活の様子を外出中でも知ることができたり、家族と何気ないメッセージのやりとりを楽しむことができます。
公式サイト:リンク
紹介動画:リンク

■BOCCO開発ストーリー
BOCCOの開発者であり、自身も父親でもある代表の青木は、「アプリで知り合いが昼に何を食べたかを見るよりも、子供と会話することを重視したい」というSNSなどのコミュニケーションのあり方に違和感を抱き、家族とのコミュニケーションがとれるロボット「BOCCO」の開発に着手しました。
今年7月のBOCCOのリリース以来、実際に子供や家族と忙しい仕事の合間にBOCCOを通じてコニュニケーションを取っています。
そして、次なるソフトの開発のヒントを得ながら、さらなる機能の向上を行っています。

■サービス追加情報
2015年9月8日より、リノべる株式会社と提携し、住宅での音声による通知が、”状況に応じた音声”での通知となる、BOCCOのAPIを利用したアプリケーションの開発を開始いたします。たとえば、給湯器などからあらかじめ決まった音声の再生だけだったものが、ニュースや天気予報、家族の帰宅時間などを相手に合わせた内容で伝えることができるようになります。
BOCCOは、Linux OSを搭載しており、BOCCOの本体アプリをカスタマイズできる他、API経由で様々なWebサービスと連携が可能です。携帯電話の代わりにスマートハウスやIoTデバイスへのアクセスの窓口としてBOCCOを使用することが可能となります。

■BOCCO製品情報
製品名:BOCCO(ボッコ)
価 格: 29,000円 (税込 31,320円)
付属品:ACアダプター/センサー/両面シール/単4電池 x2/センサーストラップ/アプリダウンロードマニュアル
※使用にはWiFi環境が必要です。

■無料アプリ情報
アプリ名:BOCCO
対応OS:Android 4.4 (Bluetooth4.0対応機種)
iOS 8.0以降
ダウンロードURL
Android:リンク
iOS:リンク

■BOCCO取り扱い先
2015年7月よりDMM.make ROBOTS、
2015年8月よりau Wallet Marketで販売しております。
DMM.make ROBOTS : リンク
au Wallet Market : リンク

■企業情報
ユカイ工学株式会社 (YUKAI Engineering Inc.)
代表取締役: 青木 俊介
本社: 東京都新宿区富久町16-11武蔵屋スカイビル101
TEL/FAX: 03-6380-4710
mail: contact@ux-xu.com
URL: リンク


<製品に関するお問い合わせ先>
ユカイ工学株式会社 (YUKAI Engineering Inc.)
代表取締役: ⻘木 俊介
本社: 東京都新宿区富久町16-11武蔵屋スカイビル101
TEL/FAX: 03-6380-4710
mail: contact@ux-xu.com
URL: リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。