logo

「ポジティブ消費」ってなに? ふだんの買い物で世界を”ちょっと”よくできるポジティブ消費とCO2ニュートラル エンジンオイルの事がもっとわかる!

BPカストロール株式会社 2015年09月08日 10時27分
From PR TIMES

~カストロール「ポジティブ消費」インフォグラフィクス第1弾を発表~



<TOPICS>


BPカストロールが、ふだんの買い物で、自然環境の保全や発展途上国の労働環境の改善などをサポートできる「ポジティブ消費」を紹介するインフォグラフィックスを発表。第1弾は「ふだんの買い物で世界を”ちょっと”よくできるポジティブ消費」。
URL: リンク
「ポジティブ消費」として、フェアトレード、レインフォレスト・アライアンス、そしてCO2ニュートラルの仕組みを紹介。
BPカストロールは、エンジンオイルとして、世界で初めてCO2ニュートラル認定を受けた「カストロールプロフェッショナル」エンジンオイル(カーディーラー専用製品)の国内販売を2015年8月より開始。 


[画像1: リンク ]

 BPカストロール株式会社(東京都品川区、代表取締役社長:小石 孝之)は、カーディーラー専用製品として販売を行っているエンジンオイル「カストロールプロフェッショナル」に新たなコンセプト「CO2ニュートラル」を導入し、2015年8月より販売を開始いたしました。エンジンオイルとしては世界で初めての「CO2ニュートラル」認定製品です。当認定を受けた製品は、生産・技術革新およびCO2削減事業などへの投資を通じ、製品ライフサイクルにおいて、実質的なCO2排出量をゼロ(ニュートラル)にしています。
 今回、BPカストロールは、CO2ニュートラルや地球環境保全、発展途上国の労働環境の改善をサポートできる買い物を「ポジティブ消費」と名づけ、インフォグラフィックスを公開しました。第1 弾は、「ふだんの買い物で世界を”ちょっと”よくできるポジティブ消費」で、フェアトレード、レインフォレスト・アライアンス、そしてCO2ニュートラルの仕組みを紹介します。

インフォグラフィックス「ふだんの買い物で世界を”ちょっと”よくできるポジティブ消費」
URL: リンク


「ポジティブ消費」とは

[画像2: リンク ]

 私たちは、様々な物を毎日購入しています。ふだんの買い物で自分たちの生活や心を満たすだけでなく、地球環境の保全をサポート、またはその商品を生産している発展途上国の人々や子どもたちの労働環境の改善をサポートできることで、自分以外の人や地球の未来へちょっとだけハッピーのお裾分けができる買い物のことを「ポジティブ消費」と名づけました。

インフォグラフィクスを拡大してみる:
URL: リンク


フェアトレード、レインフォレスト・アライアンス、そしてCO2ニュートラルも「ポジティブ消費」
 インフォグラフィックスでは、具体的な「ポジティブ消費」として、フェアトレード、レインフォレスト・アライアンス、そしてCO2ニュートラルの仕組みを紹介します。
[画像3: リンク ]



[画像4: リンク ]

[画像5: リンク ]



 
 フェアトレードは、生産者から労働にみあったフェアな価格で商品を購入・消費する仕組みです。生産者へは、最低価格(フェアトレード基準)が保証されるとともに、学校や医療の充実などの地域社会の発展のために使えるプレミアム料も供与されています。例えば、認証コーヒー豆(アラビカ種/水洗式)の場合、1ポンド(約450g)につき、US$1.6の支払いが保証されています。
 レインフォレスト・アライアンスは、労働環境の改善、熱帯雨林や森林の環境保全、およびそこに住む野生動物の保護に取り組んでいる農園が取得することのできる認証です。レインフォレスト・アライアンスによる認証森林の面積は、全世界で約38万㎢にのぼり、山手線の内側(30万㎢)以上の面積となります。
 CO2ニュートラルとは、大気中に排出されるCO2をゼロ(ニュートラル)にする活動のことです。認定商品は原材料・製造行程の見直しや技術的な取り組みにより、商品そのものが排出するCO2の量を減らすとともに、植樹や森林保全などの地球環境事業への参加により、排出量すべてをゼロ(ニュートラル)にし、CO2ニュートラルを実現しています。
 このように、フェアトレード、レインフォレスト・アライアンス、CO2ニュートラルなどの認証・認定製品を購入することは、地球環境の保全や発展途上国の生産者の労働環境の改善をサポートすることになるため、「ポジティブ消費」と定義することができます。

カストロールのCO2ニュートラルへの取り組み
 カストロールでは、従来より、製品のライフサイクルを通じ排出されるCO2の削減に積極的に取り組んでいます。今回、販売を開始したカーディーラー専用製品「カストロールプロフェッショナル」エンジンオイルでは、生産・技術革新やCO2削減活動においてさらに一歩踏み込むことにより、エンジンオイルでは世界初のCO2ニュートラル認定を受けました。「カストロールプロフェッショナル」エンジンオイルを4リットル(1回のオイル交換に必要な平均量)使用すると8kgのCO2が排出されますが、削減できずに残るCO2を世界のCO2削減事業(ケニアの森林保全、中国のバイオマス発電、ニューカレドニアの風力発電などの厳選した6つの事業)へ投資することで、実質的なCO2排出量をゼロ(ニュートラル)にしています。具体的には、1 回のエンジンオイル交換(4リットル)ごとに、1 本の木を植えるに相当する環境貢献活動を、カストロールが購入者に代わり実施するということになります。
 
 新たなパッケージには、CO2ニュートラル認定を証明する「フットプリント(足跡)※ロゴ」も施しました。詳細はリンク をご参照ください。

※ フットプリント:フットプリントマークを通じ、自ら排出するCO2の量を把握し、全量をゼロ(ニュートラル)にしていることを宣言するものです。

[画像6: リンク ]

[画像7: リンク ]

[画像8: リンク ]



【一般の読者のお問い合わせ先】
カストロール カスタマーセンター フリーダイアル:0120-05-9617

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。