logo

GSX、英Darktraceとストラテジックパートナー契約を締結

GSX 2015年09月07日 08時30分
From PR TIMES

~ 未知のサイバー脅威対策製品Darktrace「Enterprise Immune System」の販売開始 ~

この度、グローバルセキュリティエキスパート株式会社(本社:東京都港区新橋1-18-16、代表取締役社長:久慈 正一、リンク、以下GSX)と英国Darktrace社はストラテジックパートナー契約を締結しました。この契約により、GSXは同社の「Enterprise Immune System」製品を日本国内で販売開始致します。また、GSXは同製品の機能を使った新しいセキュリティサービスを2015年9月より提供開始します。

未知のサイバー攻撃の防御や「出口対策」で不十分なネットワークセキュリティの「内部対策」に積極的な企業向けに受注を見込んでいます。
また、同製品とサービスはPOV(Proof of Value)を通して販売します。 *POV:一定の評価期間
近年、企業ネットワークに対し既知のマルウェア対策の侵入対策では防ぐことができない標的型攻撃が増加しています。未知のマルウェアなど新しいサイバー攻撃は、内部への侵入を前提とし、侵入後の振舞いをいち早く検知する対策が必要です。
Darktrace社の「Enterprise Immune System」は、この「内部対策」を強力にサポートし、内外の未知の脅威をリアルタイムに検知するシステムです。企業や組織のネットワークの内外の異常通信・行動を監視し、自動検知することで早期の対応と対処を実現します。

◆未知のサイバー脅威対策製品 Darktrace社「Enterprise Immune System」とは

ケンブリッジ大学で開発された高度な機械学習と数学理論の先端研究を駆使した技術は、あらゆる規模の組織における「正常」な挙動と「異常」な挙動を自動学習し、ルールやシグネチャを必要とせずに進行中の脅威を検知する自己学習テクノロジーです。内部の人間からの脅威を含むネットワーク内のわずかなサイバー脅威をも検出する独自の能力を提供します。この自己学習技術により企業はネットワーク内のアクティビティを包括的に可視化し、脅威に事前対処することでサイバー攻撃による被害を防ぐことが可能になります。

●製品の主要機能と特徴
・内部外部の新しい独自のサイバー攻撃に対応した高度な脅威検知
・企業ネットワークとSCADAを含む産業制御システムネットワークの両方に対し有効
・ネットワーク内の数学的特異性を検出する機能でこれまでに出現したことのない新たな攻撃や標的型攻撃の検知が可能
・リアルタイムに機能し脅威の出現と同時に警告を提供
・強力な可視化プラットフォームにより脅威を直感的に分析、調査することが可能
・ネットワークアプライアンスは1時間以内にインフラ内にインストール可能

◆GSXの提供するTIR(Threat Intelligence Report:スレッド インテリジェンス レポート)サービスについて

TIRサービスとは、Darktrace社とGSXの専門アナリストがEnterprise Immune Systemが検知した異常の内容を解析・評価し、脅威のレベルや内容・対策をレポートするサービスです。監視ネットワークの管理者に迅速且つ最適なインシデントレポートを提供します。
ご提供開始は2015年9月からを予定しております。(価格については監視対象により異なります)

■Darktrace社について

設立:2013年6月
本社所在地:英国ケンブリッジ
代表者:Nicole Eagan(CEO) *テクノロジー業界で25年の経験者
主な事業:Enterprise Immune Systemの販売、コンサルティング事業
日本法人について:2015年6月 John Kirch カントリーマネージャ就任
Darktrace社概要:Darktraceは世界でも最も急成長中のサイバー防御企業の1つであり、Enterprise Immune System技術で業界をリードしています。エネルギーおよび公益事業、金融サービス、ヘルスケア、電気通信、製造、小売り、輸送を含む産業分野の世界的大手企業各社がDarktraceの自己学習型アプライアンスを使用しています。Darktraceは最先端の機械学習の専門家と政府のインテリジェンスエキスパートにより2013年に設立され本社は英国ケンブリッジと米国ワシントンDCにあり、ロンドン、ミラノ、ニューヨーク、パリ、サンフランシスコ、シンガポール、東京に事務所を置いています。

■グローバルセキュリティエキスパート株式会社について

社名:グローバルセキュリティエキスパート株式会社
本社:〒105-0004 東京都港区新橋1-18-16 日本生命新橋ビル3F
代表者:代表取締役社長 久慈 正一
資本金:2億7,000万円
設立:2000年4月
コーポレートサイトURL:リンク
事業内容:情報セキュリティポリシーの国際標準基準となった英国規格協会(BSI)のBS7799(現ISO27000)を日本に初めて紹介し、脆弱性診断、サイバーセキュリティサービス、コンサルティングの大きく3つの情報セキュリティサービスを提供しています。
【タイガーチームサービス】システムの脆弱性の検出のためにプラットフォーム診断やWebアプリケーション診断、スマホアプリセキュリティ診断などさまざまな脆弱性診断を行います。
【サイバーセキュリティサービス】標的型メール訓練サービスやマルウェア感染調査をはじめとする新しい脅威に対抗するサービス/ソリューションをご提案します。
【コンサルティング事業部】企業様のセキュリティポリシーの策定・リスクアセスメント・システム監査または、ISMSやPマーク取得支援、PCI DSS準拠認定支援、CSIRT構築運用支援などを行います。
また、社内にあるGSXサイバーセキュリティ研究所(GSX Cyber Security Research Institute)はセキュリティ製品評価やサイバー攻撃に関する情報収集及び分析、セキュリティインシデント対応要員の育成を進めており、問題指摘のみならず、インシデントに対する解決策までをワンストップで提供できる体制を整えています。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。