logo

ジーニー、クロス・マーケティンググループのD&Mと提携し、「Geniee DMP」を用いたオーディエンスデータ提供サービスを開始

株式会社ジーニー 2015年09月03日 13時00分
From PR TIMES



株式会社ジーニー(本社:東京都新宿区 代表取締役 工藤 智昭、以下「ジーニー」)は、クロス・マーケティンググループの株式会社ディーアンドエム(本社:東京都新宿区 代表取締役 杉村 昌宏、以下「D&M」)と共同で、「Geniee DMP」を用いたオーディエンスデータ提供サービスを開始いたしました。

[画像: リンク ]


近年、オーディエンスデータによる広告最適化配信が、媒体社にとって重要視されています。
そこで、上記の市場ニーズに対し、ジーニーはD&Mと協業することで、D&Mがアンケートを通じて取得する、許諾が取れたアンケート会員のCookie情報に紐づいた属性情報や意識データを利用して、「Geniee DMP」を用いたオーディエンスデータ提供サービスの提供を可能にします。

【サービス概要】
本サービスは、リーチしたい生活者をターゲティングするための一つの軸として、属性情報や意識データなどのオーディエンスデータを提供するものです。
D&Mでは、アンケートを通じて許諾が取れたアンケート会員のCookie情報に紐づいた様々な属性情報や意識データを取得しております。性別、年齢など基本的な属性情報に加え、趣味・嗜好などによるターゲット層の抽出が可能なユーザーデータを利用したオーディエンスデータの提供が可能になります。また、広告配信時のターゲティングだけでなく、自社で保有しているCRMデータへ結合し顧客層の可視化などにも利用できます。

多様化・細分化するユーザー属性に合わせ、ジーニーは今後もさまざまなサービスの提供を通じて、広告効果の最適化を実現してまいります。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。