logo

「人と人との絆」を育む、共生社会の実現を目指して 日本障がい者スポーツ協会とオフィシャルパートナー契約を締結

株式会社大京 2015年09月01日 15時00分
From Digital PR Platform


 株式会社大京(本社:東京都渋谷区、社長:山口陽、以下「大京」)は、2015年9月 日付で公益財団法人日本障がい者スポーツ協会(略称JPSA:Japanese Para-Sports Association、以下「JPSA」)とオフィシャルパートナー契約を締結いたしましたので、お知らせいたします。

 大京グループは、「あらゆるライフステージに応える住まいとサービスを提供し、住文化(※)の未来を創造する」という経営理念のもと、家族や住民同士の絆を育む住まいづくりに取組み、暮らしの安心・安全を見守りながら、人に優しく人を守る建物とサービスを提供してまいりました。
 その中で、JPSAがめざす「スポーツの価値を誰もが享受できる社会」、ひいては「活力ある共生社会」実現の一助となるべく、このたび、JPSAとオフィシャルパートナー契約を締結するに至りました。
※ 住文化とは、住まいの向上を通じて、心の充足を高めるための人々の営み

 当社は、住宅ストックの維持・再生にとどまらず、地域社会との共生、環境やエコに配慮した住まいづくりを通じて、地域社会やコミュニティの「お困りごと」を解決する生活環境創造企業を目指しています。今後は、「人と人との絆」を育む共生社会の実現に向け、JPSAとともに障がい者スポーツの普及・振興活動を通じて、障がい者スポーツの未来を応援いたします。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。