logo

昭和電工:Shodex(R)、親水性化合物の分析用カラム2製品を発売

JCN 2015年08月31日 12時35分
From JCN Newswire


TOKYO, Aug 31, 2015 - ( JCN Newswire ) - 昭和電工株式会社(社長:市川 秀夫)は、高速液体クロマトグラフィー(HPLC)用の分離・分析カラム「Shodex(R)」事業において、リン酸化糖などアニオン性生体化合物の分離に適したポリマー系HILIC*用充填カラムと、多角度光散乱検出器(MALS)に対応した水系SEC**用充填カラムの販売を開始します。今回発表の両製品は、9月2-4日に幕張メッセで開催される「JASIS2015」にて紹介します。

1) リン酸化糖分析が可能なカラム「HILICpak VT-50」

当社は昨年12月に、親水性化合物の高感度分析が可能なHILIC 用カラム「HILICpak」シリーズを上市し、第1弾として「HILICpak VG-50」を発売しました。同シリーズは再現性に優れたポリビニルアルコールを充填剤に使用しており、アミノカラムでありながら還元糖分析における回収率を向上させ、マンノースやガラクトース等の高感度分析を可能にしました。

今回新たに開発した「HILICpak VT-50」では、さらにリン酸基が付いた糖類化合物(リン酸化糖)や有機酸、各種薬物などのアニオン性試料の高感度分析を可能にしました。本製品は生体内の代謝物測定に適しており、医薬品や機能性食品等の開発用途への展開が期待できます。本製品は、今月より発売を開始しました。

2) MALS対応水系SEC カラム「OHpak LB-800」シリーズ

当社の水系SEC用カラム「OHpak」シリーズは、親水性の高いポリマー系基材を充填剤に用いたカラムで、各種粒径を取り揃え、広範囲の分子量領域に対応しています。

今回新たに開発した「OHpak LB-800」シリーズは、検出感度の高いMALSに対応したカラムで、ノイズレベルを最小限に抑えることにより、従来品では検出が困難だった低分子試料の検出も可能にしました。これにより、医薬品添加物や、タンパク質と多糖類が結合した結合型ワクチン等の分析が容易になります。本製品は、来月中旬より発売します。

当社は1974年に高分子分析用のGPC***分離・分析カラム「Shodex(R)」を開発して以来、ポリマー系充填剤に特化した製品開発を進めてきました。ポリマー基材は一般にシリカ基材に比べノイズが低く、MALS や荷電化粒子検出器等の高感度分析に適しています。当社は今後も医薬や機能性化合物分野を中心に高機能製品のラインナップを拡充します。

* HILIC(Hydrophilic Interaction Chromatography、親水性相互作用クロマトグラフィー)…順相クロマトグラフィーの一種で、カラムに注入された試料成分を親水性の低い化合物から抽出する方法。

** SEC(size exclusion chromatography、サイズ排除クロマトグラフィー)…ポリマー充填剤の細孔を用い、たんぱく質や高分子等の試料成分を分子の大きさ(分子量)に基づいて分離・分析する方法。

*** GPC(Gel Permeation Chromatography、ゲル浸透クロマトグラフィー)…溶離液に有機溶媒(テトラヒドロフラン、クロロホルムなど)を用いる分析方法。溶離液に水溶液を用いるものを、GFC(GelFiltration Chromatography、ゲルろ過クロマトグラフィー)という。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
リンク

概要:昭和電工株式会社

詳細は www.sdk.co.jp をご覧ください。

お問い合わせ先
昭和電工株式会社
広報室
03‐5470‐3235

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。