logo

金沢工業大学が東京虎ノ門に新大学院「イノベーションマネジメント研究科 イノベーションマネジメント専攻」を設置

金沢工業大学 2015年08月29日 08時05分
From Digital PR Platform


金沢工業大学は東京虎ノ門キャンパス(東京都港区愛宕1-3-4 愛宕東洋ビル 虎ノ門ヒルズ隣)に平成28年4月設置に向け文部科学省に申請していた社会人対象の1年制大学院「イノベーションマネジメント研究科 イノベーションマネジメント専攻」がこのたび認可された。


【経緯】
 金沢工業大学は東京虎ノ門キャンパスで社会人対象の1年制大学院として平成15年5月に「工学研究科知的創造システム専攻」、平成21年4月に「工学研究科ビジネスアーキテクト専攻」を設置した。
 我が国における国際的な産業競争力を強化するには、企業経営やビジネスモデルにおいて知的財産を有効に活用することがますます求められるようになっている。そこで同大では、従来2つの専攻に分かれていた分野を統合し、「イノベーションマネジメント研究科 イノベーションマネジメント専攻」を新たに設置することで、経営やビジネスモデルに知的財産を結びつけ、真のイノベーションを実現するマネジメント人材の養成を目指すことにした。

【イノベーションマネジメント研究科 イノベーションマネジメント専攻の特長】
1. 「知財×MBA」の融合
 最先端の知財知識を学びつつ、所定科目の単位を修得することでMBAの学位を取得することも可能。

2. 社会人対象1年制大学院
 募集対象は2年以上の実務経験を有する社会人。例えば知的財産について詳しくなりたい企業経営者や、ビジネスに詳しくなりたい弁理士等を募集対象として想定している。
 授業は社会人が受けやすいよう、平日夜間(19時~22時10分)、土日昼夜(9時30分~21時30分)に実施し、標準修了年限を1年としている。

3. 「知的財産のわかる経営者」「経営のわかる知的財産マネジメント人材」を養成
  「知的財産のわかる経営者」と「経営のわかる知的財産マネジメント人材」が一緒に学びを行なう。経営を主として学んだ者は「修士(経営管理):MBA」を授与する。知的財産マネジメントを主として学んだ者は「修士(知的財産マネジメント):MIPM」の学位を授与するとともに、所定の単位を取得することで、知的財産に関する2つの国家試験「弁理士試験」「知的財産管理技能検定」の一部免除を受けることができる。

▼本件に関する問い合わせ先
 金沢工業大学 広報課
 石川県野々市市扇が丘7−1
 TEL: 076-246-4784
 E-Mail: koho@kanazawa-it.ac.jp

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。