logo

3Dプリンターを使ったデジタルものづくりプラットフォーム「Rinkak(リンカク)」を運営するカブク、グローバル・ブレインから約4億円の資金調達を実施

株式会社カブク 2015年08月28日 12時05分
From PR TIMES

3Dプリンターを使ったデジタルものづくりプラットフォーム「Rinkak(リンカク)」を運営する株式会社カブク(本社:東京都渋谷区、代表取締役:稲田雅彦、以下カブク)は、グローバル・ブレイン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:百合本安彦、以下「GB」)から約4億円の第三者割当増資を実施いたしました。カブクは本ラウンドで総額約7.5億円の資金調達を計画しており、他に先立ちGBをリードインベスターとして資金調達を行いました。




[画像1: リンク ]


カブクは、個人や法人の作り手と3Dプリンターを保有する製造工場を繋いだものづくりマーケットプレイスである「Rinkak Marketplace」(リンク)を2013年から運営開始。現在は、3Dプリントで自動車のカスタムパーツ制作を行うトヨタ自動車株式会社との共同プロジェクト「OPEN ROAD PROJECT」(リンク)や株式会社ロフトとの共同プロジェクトである「ロフトラボ3Dフィギュアスタジオ」(リンク)なども手掛けています。また、3Dプリンター工場向けの基幹業務クラウドサービス「Rinkak 3D Printing Manufacturing Management Service(Rinkak 3D Printing MMS)」(リンク)を今後本格展開する予定となっており、これにより工場の製造受託業務に必要な機能をワンストップで提供することで製造受託業務を大幅に効率化することを可能とします。

今回の調達資金により開発体制、グローバル展開体制を強化し、デジタルものづくりプラットフォーム機能の強化を進めます。


【引受先の概要】
グローバル・ブレイン5号投資事業有限責任組合
無限責任組合員:グローバル・ブレイン株式会社
代表取締役社長:百合本 安彦 (グローバル・ブレイン株式会社 代表取締役)


【採用ページ】
本調達により開発体制、グローバル展開体制を強化するための特設採用ページ
リンク


■株式会社カブクについて
[画像2: リンク ]

株式会社カブク( リンク )はデジタル製造技術をコアテクノロジーとした、 ハードウェアとソフトウェアとデザインを融合したプロダクト・サービス開発を行っています。「Rinkak Business(リンカクビジネス)」では法人のお客様向けに3Dプリント技術のソリューション提供、デジタルクリエイターが世界で活躍するにあたってのサポート、 産官学連携による先端技術研究等に携わっています。2014年には電通との業務提携を行い、 トヨタ、 ロフト、 コンランショップ、 カルピス、 フジテレビ、 TBS、 博報堂との協業実績があります。また、「Rinkak Factory(リンカクファクトリー)」では、3Dプリンターで製造する工場向けのクラウド基幹業務クラウドサービス、世界中のお客様から3Dプリンター出力の製造受託できるパートナープログラムを提供しています。さらに、オープンイノベーション型マーケティングインフラとなる唯一の3Dプリントサービス「Rinkak Marketplace(リンカクマーケットプレイス)」を提供しています。「Rinkak Marketplace(リンカクマーケットプレイス)」は、 アジアで最大の3Dプリント製品のマーケットプレイスにまで成長しています。

━━ 会社概要 ━━
【社 名】 :株式会社カブク(Kabuku Inc.)
【所在地】 :東京都渋谷区
【URL】  : リンク
【代表者】 :稲田 雅彦
【設立年月】:2013年1月
【事業内容】:インターネット関連サービス、 コミュニティ運営、 3DCAD・CG系ソフトウェアプロダクトの研究開発、 プロダクトデザイン・開発、 先端テクノロジーの研究
【リリースに関する問い合わせ先】Email : contact@kabuku.co.jp

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。