logo

ホットリンク、クチコミ@係長を大幅バージョンアップ

ホットリンク 2015年08月25日 10時00分
From PR TIMES

~リアルタイムな人工知能技術による分析・レポートでPDCAサイクルの高速化を実現~

株式会社ホットリンク(本社:東京都千代田区、証券コード:3680、代表取締役社長CEO 内山幸樹、以下ホットリンク)は、ソーシャル・ビッグデータ分析ツール「クチコミ@係長シリーズ」を8月25日に大幅にバージョンアップしたことを発表します。
本バージョンアップにより、設定可能な検索ワード数や期間を大幅に拡大し、クチコミ分析の作業効率を従来の1/3に圧縮します。また、リアルタイムで検索結果を反映し、かつ柔軟にカスタマイズ可能なダッシュボードを搭載。リアルタイム性と柔軟性を備えたダッシュボードの搭載は、日本のクチコミ分析ツールにおいて初となります。



このことにより、ソーシャル・ビッグデータを活用したリアルタイムでの仮説検証と、スムーズ&スピーディな情報共有によるPDCAサイクルの高速化を実現。ビジネスの成長・拡大におけるソーシャル・ビッグデータの活用をさらに促進します。なお、今後も引き続き、分散処理フレームワークを活用した機械学習や、ディープラーニングなどの人工知能技術を積極的に活用し新機能リリースを予定しています。

ホットリンクでは、ソーシャル・ビッグデータ活用環境や手法の革新を続けることにより、ソーシャル・ビッグデータの「価値化」を目指してまいります。

【開発の背景】

ビジネス環境の変化スピードがますます加速する昨今、企業の成長・拡大を継続させるためには、質の高い意思決定を素早く行う必要があります。そのためには、マーケティングやビジネス開発などにおいて意思決定に役立つ情報を効率的に収集・分析し、細かいPDCAサイクルをスピーディに回していくことが求められます。

こうした流れとともに、意思決定に役立つ情報の1つとして、生活者の行動や考えが統合的に把握できるソーシャル・ビッグデータ活用が注目を集めていることを受け、ソーシャル・ビッグデータの流通・分析分野で第一人者であるホットリンクは、PDCAサイクルの変革に向けたクチコミ@係長の大幅バージョンアップを決定しました。

今回のバージョンアップにより、分散処理フレームワークとして使える世界的な全文検索エンジンElasticSearchを採用することで検索スピード向上だけでなく、リアルタイムな機械学習による分析を実現しています。

機能リリースの第一弾としては、データ集計分析に時間をかけず、リアルタイムで仮説検証ができ、社内でスムーズな情報共有ができることを主眼に置いた機能追加を実施しました。

【PDCAサイクルのスピードアップを実現する、主な新機能】
■作業時間を1/3に圧縮!大幅に作業効率を向上
・検索条件設定を大幅拡大で、検索回数削減!
1度に検索できる条件数を従来の3条件から、日本のクチコミ分析ツールの中では最大級の10条件に大幅拡大。さらに最大検索可能期間を3か月から13か月に拡大し、検索回数を大幅に削減します。
・検索スピードの向上
検索条件を拡大した上で、さらに検索スピードを30%程度向上しました(当社比)。

■「見たい」切り口を自由に設定できる、カスタマイズ可能なダッシュボード
シェアやトレンド、頻出関連語ランキングや画像一覧、男女比や評判比較などアウトプットのバリエーションが多様なダッシュボードを新しく搭載。ログインした時点で、設定された条件での最新情報がリアルタイムで表示され、見たい情報を見たい形でモニタリング&共有できます。 

【ダッシュボードイメージ】
[画像1: リンク ]

これまでの知見が蓄積されたデフォルトフォーマットを、用途に合わせてカスタマイズ可能。
グラフの形式やサイズ、表示期間の調整などが簡単に行えます。
また、自由に分析した結果、確定した検索条件をボタン1つでダッシュボードに追加できます。

これまでは、データをCSV形式でダウンロードしてグラフを作成し、メールなどで共有する必要がありましたが、
本機能により、いつ最新情報を求められても、すぐに共有できます。
(従来通りデータをダウンロードすることも可能です。)

【ダッシュボード設定項目一覧】
[画像2: リンク ]

【PDCAサイクル向上!活用例のご紹介】

■新製品販売キャンペーン~市場の反応を確認し、情報発信内容や店舗オペレーションなどをチューニング
新製品販売キャンペーンを開始した際、翌日にはクチコミ@係長で反応を確認。同日午後の会議でダッシュボードを確認しながら、キャンペーンに関連した情報発信内容を変更。さらに週末の店舗オペレーション改善を実施。

■選挙活動~有権者の反応を確認し、演説内容をチューニング
街頭演説終了後から翌日にかけて、クチコミ@係長で各地の有権者の反応を確認。翌日のテレビでの党首演説内容をチューニング。さらに候補者に情報共有し、候補者自身のFacebookやTwitterで補足説明を実施。

【クチコミ@係長について】
「クチコミ@係長」シリーズは、導入社数累計750社を超えるお客様にご利用いただいているソーシャルメディアの分析ASPツールです。 Twitter・ブログ・掲示板などソーシャルメディアに日々投稿される膨大な口コミ情報、総数約590億件(※2015年8月17日現在)を、リアルタイムに収集・分析することが可能です。 ソーシャルメディアと、テレビやネットニュースの露出数との相関をみられるクロスメディア分析機能も搭載しています。また、「クチコミ@係長」の国内最大規模のソーシャルメディア・データベースや感情/属性分析エンジンはAPI方式で提供しています。

リンク

■株式会社ホットリンクについて(コード番号:3680 東証マザーズ)

ホットリンクは、グローバルでのソーシャル・ビッグデータの流通と分析ソリューションの提供により、ソーシャル・ビッグデータを価値化する企業です。市場や自社・競合、またお客様の声やキャンペーン反響などの各種調査、ターゲットユーザーのプロファイリング、ブームの兆し発見などマーケティングROI向上や製品改善、経営革新や予測など、ビジネスにおけるソーシャル・ビッグデータの幅広い活用を支援します。

またこれまで、大量のソーシャル・ビッグデータからリアルタイムに検索・分析が可能な「クチコミ@係長」、及び、風評をモニタリングする「e-mining」を現在まで累計1700 社以上に提供してまいりました。同様に、ソーシャル・ビッグデータおよび、感情/属性分析エンジンを、API を通じてサードパーティ向けに提供しています。さらに2013年 6月より金融分野では、日本企業初のBloomberg 利用者向け金融ビッグデータ分析ツールを提供しています。

ホットリンクの成長戦略は、ソーシャル・ビッグデータ活用の、
1.マーケティング分野での浸透
2.多様な産業への展開及びデータ流通プレイヤーの地位確立
3.海外展開
の3つです。

設立日:2000年06月26日
資本金:557百万円(2015年3月31日現在)
代表者:代表取締役社長 CEO 内山 幸樹
企業サイト:リンク
Twitter:リンク
Facebook:リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。