logo

Adobe Acrobat DC /Reader DCに対応した情報漏洩対策ソフト「Pirates Buster for WebDocument Ver.6.1」を8月20日発売

ソフトウェア製品の開発と販売、およびシステムエンジニアリングを行う株式会社ティエスエスリンク(代表取締役社長:村口 和孝、本社:徳島県徳島市、以下 TSS LINK)は、高い安全性と使いやすさを併せ持つ情報漏洩対策ソフト「Pirates Buster for WebDocument (パイレーツバスター・フォー・ウェブドキュメント)Ver.6.1」を2015年8月20日に販売開始します。

【「Pirates Buster for WebDocument」紹介ページ】
リンク


「Pirates Buster for WebDocument」は、文書管理システムなどWebシステムからファイルがダウンロードされるときに、自動的に利用権限(閲覧/印刷/編集/コピー/保存)を付与して暗号化し、権限を持たない第三者の不正利用を防止するセキュリティソフトです。既存のWebシステムに追加する事で、ファイルのダウンロード時に自動的に暗号化されるため、面倒な暗号化作業などをせずに手軽にセキュリティ強化が行えます。

対象ファイルは、Microsoft Office(ワード/エクセル/パワーポイント)/PDF/画像/動画/一太郎など、ビジネスでよく利用されるデータに対して利用制御を行えます。ファイルの閲覧時にはID/パスワードによる認証を行い、Microsoft OfficeやAdobe Acrobat Readerなどファイルを開くアプリケーションのメニューやキー操作を制御して、不正なコピーや印刷による情報の二次利用を防止します。

利用者や暗号化されたファイルは管理サーバーで一元管理され、利用者によるファイルの閲覧や操作ログの記録も行っています。さらに、万が一、ファイルが流出したときの対策として、管理者側でファイルやユーザーに対して利用禁止処理を行うことができます。

最新版 Ver.6.1では、Adobe Acrobat DC / Adobe Acrobat Reader DC に対応しました。


【Pirates Buster for WebDocument(パイレーツ・バスター・フォー・ウェブドキュメント)】
■特長
1)フィルター型サーバーで構成するシステムのため、Webシステムを改変する必要はありません。導入の手間やWebシステム修正のコストを軽減できます。

2)Webシステムからファイルを閲覧/ダウンロード時に、印刷や編集などの利用権限がファイルに付与されて自動的に暗号化されるため、利用者が意識させずに安全な環境を実現できます。

3)ファイルに付与する閲覧や印刷などの利用権限は、管理者がテンプレート化して容易に設定できます。企業の文書規定をそのまま適用でき、情報セキュリティマネジメントをバックアップします。

4)特定カテゴリ内のファイルだけ保護するなど運用中のWebシステムの構成に合わせて、簡単にセキュリティを設定できます。

5)基幹系業務の経理情報や人事情報、顧客情報など、Webシステムからスクリプトやデータベースを利用して動的に生成されるファイルも含め、Webシステム上のファイルをトータルで保護します。


【概要】
■製品名
「Pirates Buster for WebDocument」

■動作環境
クライアント対応OS: Windows 8.1 / 8 / 7 / Vista
サーバー対応OS  : Windows / Linux

■保護対象
Microsoft Office/PDF/画像/動画/一太郎ファイルなど
※一太郎ファイルの保護には別途「一太郎オプション」が必要です

■希望小売価格
基本パッケージ150万円(税別)
※別途ユーザーライセンス費/保守費が必要です。
※その他に、ブラウザ画面に表示されるコンテンツに対して利用制御するオプションも用意しています。


【TSS LINK について】
株式会社ティエスエスリンクは、デジタル情報を安全に活用するためのソフトウェアやサービスの開発および提供により、誰もが意識せず安心してコミュニケーションできる社会の実現に取り組んでいます。
・社名 : 株式会社ティエスエスリンク (TSS LINK, Inc.)
・代表者: 代表取締役社長 村口 和孝
・所在地: [本社]〒770-8053 徳島県徳島市沖浜東3-46 Jビル東館4F
・設立 : 1999年11月1日
・資本金: 2,500万円
・URL  : リンク
 
 
【製品・発表に関するお問い合わせ】
株式会社ティエスエスリンク 営業部
・TEL  : 088-602-0170
・FAX  : 088-602-0172
・E-mail: pb@tsslk.jp
・ニュースリリースページ: リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事