logo

「公共施設総合管理計画」特別交付税措置は平成28年度まで!

~「失敗しない!公共施設総合管理計画策定セミナー」開催のご案内~

 「公共施設総合管理計画」特別交付税措置の申請準備はできていますか?リミットは平成28年度、つまり今年度中に申請することが望ましいのです。
 株式会社ケー・デー・シー(東京都港区虎ノ門4-2-12 代表取締役社長 高柳 公康)[株式会社協和コンサルタンツ(JASDAQ 上場:9647)の系列企業]は、株式会社FMシステムと株式会社船井総合研究所との協力により、「失敗しない!公共施設総合管理計画策定セミナー」を【無料】にて8月27日(東京)、8月28日(大阪)で開催いたします。本セミナーは、公共施設の更新・統廃合・長寿命化などの財政負担の軽減・平準化を計画するための第一歩となるデータ整備、すなわち “施設の見える化“のサポートを致します。



 
 
[画像: リンク ]


 我が国においては、公共施設等の老朽化対策が大きな課題となっています。地方公共団体においては早急に公共施設等の全体の状況を把握し、長期的な視点をもった更新・統廃合・長寿命化などを計画的に行うことにより、財政負担を軽減・平準化するとともに、公共施設等の最適な配置を実現することが必要となっています。
 「公共施設等総合管理計画」の策定に要する経費については、平成26年度からの3年間にわたり特別交付税措置(措置率1/2)が適用されています。
 そこで今回、公共施設管理の最適化を実現する各種ツール「FM評価システム」・「施設台帳管理システム」・「図面管理システム」・「中長期修繕計画システム」の効果的な活用方法をはじめ、自治体における「地域活性化、地域再生」の成功ポイント等をご紹介するセミナーを開催いたします。公共施設管理計画策定のコンサルティングから各建設系システムの導入・運用までを経験豊富なスタッフが講師としてご説明いたします。

「失敗しない!公共施設総合管理計画策定セミナー」の背景
 我が国では、昭和39年に開催された東京オリンピックと同時期に整備された首都高速1号線など、高度成長期以降に集中的に整備されたインフラが今後一斉に高齢化します。これらのインフラの中には、建設年度や構造形式等の施設諸元や、劣化や損傷等の老朽化の進展状況など、維持管理に必要な情報が不明な施設も多く存在しています。
 今後、約800兆円に及ぶインフラストックの高齢化に的確に対応するとともに、首都直下地震や南海トラフ巨大地震等の大規模災害に備え、国土、都市や農山漁村を形成するあらゆる基盤を広く「インフラ」として捉え、これまで以上に戦略的に取組を進めることが重要となっています。
 中央官庁、独立行政法人、公立学校等、地方自治体等インフラを所有している公共機関では、公共施設等の最適な配置を実現することが急務になっています。

「失敗しない!公共施設総合管理計画策定セミナー」の目的
 本セミナーは、公共施設管理の最適化を実現するために、”施設の見える化”におけるさまざまな課題の解決方法をご提案致します。


施設の更新・統廃合・長寿命化などの財政負担の軽減・平準化を計画するための第一歩として、データ整備が必要になります。民間企業はもちろん、官公庁からも評価の高いソフトウェアを用いてデータ整備を効率的に行う手法をご紹介します。
膨大な情報の中から具体的に整備すべき点(施設台帳、修繕履歴、劣化度台帳、法適合制台帳、12条定期点検連携等々)を解説します。
今後数十年に渡り必要な施設保全費ならびに、保全費用の平準化対策の手法に関して中長期修繕計画の計画書作成ソフトウェアの体験を通して見識を深めていただきます。具体的には長期修繕計画書の作成、複数建物を合算した保全にシミュレーションが可能になります。


各ソフトウェアの概要


FM評価システム(FM Evaluation System)

 1.公共建物用テンプレート(品質診断分析、維持管理費分析)、2.(社)日本ファシリティマネジメント協会「FM 評価手法・JFMES13:数量評価、品質評価、コスト評価、FM インフラ評価」の評価分析テンプレートの利用、及び上記テンプレートの変更、新規テンプレートを作成してのオリジナルな評価分析が可能なシステムです。
[主な導入先](社)日本ファイリティマネジメント協会

施設台帳管理システム(FMot/FINE-WEBS)

 総合的な施設管理を提供する施設台帳管理システムです。複数施設を所有している100 ライセンスを超える皆様に長期的にご利用いただいいています。特定の人だけが使う特殊なシステムではなく、施設管理の実務者から管理者層に至るまで誰もが日常業務で気軽に使えることを第一に考え開発されています。
[主な導入先]■FMot …千代田区、JR九州、ゆりかもめ、成田国際空港、東京電力、名古屋大学、武蔵工業大学、亜細亜大学、明治記念館、コニカミノルタ、富士レピオ、ファナック、トヨタトレッサ横浜、東京急行電鉄、東急グループ各社 他多数あり ■FINE-WEBS…東京工業大学、静岡大学

図面管理システム(Cocon)

 データの総合管理を実現するデジタルファイリングシステムです。200 ライセンスを超える皆様に長期的にご利用いたいています。Windows 上で稼働するアプリケーションファイルを一元管理。ページをめくる感覚で、手書き図面からCAD データまで簡単に検索し、閲覧や印刷が行えます。検索機能強化と大規模データベース対応により複数棟建物の図面管理に最適です。
[主な導入先]千代田区、東京都、福岡県、高知県、島根県、大宰府、今治市、北九州市、新居浜市、西条市、東広島市、東大阪市、筑紫野市、静岡市、江東区、多摩市、神山町、那珂川町、Nexco、静岡大学、阪急電鉄、中国新聞社 他多数あり

中長期修繕計画システム(FM-Refine)

 単体建物から複数建物まで対応している総合的なシミュレーションシステムです。不動産業、建設業、建築設計事務所等で、専用プログラムの受託開発システムとしてご利用いただいています。数年から65年までの短・中・長期の設定やシミュレーションに対応。シミュレーション部位・部材の項目も自由に設定ができ、簡易手順でのLCC(Life Cycle Cost)算出も可能です。マスターデータなしでも、複数のマスターデータからでも入力でき、BELCAの外部データベースの活用にも対応しています。
[主な導入先]千代田区

「失敗しない!公共施設総合管理計画策定セミナー」の内容


対象者

中央官庁、独立行政法人、公立学校、地方自治体等インフラを所有している公共機関の管財課など施設管理系部署の皆様


講座

第一部「FM評価システムの実演」
第二部「施設台帳管理システムの実演」
第三部「図面管理システムの実演」
第四部「中長期修繕計画システムの実演」
第五部「地域活性化、地域再生における成功のポイント」

開催時間

13:10~17:00


日程・会場

8 月27 日(木)東京 株式会社ケー・デー・シー9階セミナールーム
8 月28 日(金)大阪梅田スカイビル 22F 会議室
※ご都合が合わない方には、セミナー動画の閲覧用URLを9月以降順次お知らせします。
(詳細はセミナーチラシを参照ください)

「失敗しない!公共施設総合管理計画策定セミナー」講師のご紹介


株式会社ケー・デー・シー 天神 良久

<担当講義>FM評価システム/施設台帳管理システム
官庁・自治体などの各種システム開発、技術コンサルティングを中心に顧客の立場で必要なシステム構築の実績多数あり。一級建築士、認定ファシリティマネジャー、PMP(Project Management Professional):(社)日本ファシリティマネジメント協会 コンピュータ活用研究部会部会長/(社)日本建築家協会 関東甲信越支部 情報開発部会部会長/(社)公共建築家協会 公共建築設計者情報システム運営委員/(独)建築研究所 研究業績評価委員

株式会社FMシステム 柴田 英昭

<担当講義>中長期修繕計画システム
株式会社FMシステム代表取締役社長、建物や施設の管理システム、建物ライフサイクルの活性化を実現するためのシステム構築、建物調査、劣化診断の実績多数あり。(社)日本ファシリティマネジメント協会BIM・FM研究部会委員

株式会社船井総合研究所 宇都宮 勉

<担当講義>地域活性化・地域再生
上席コンサルタント:行政施設、レジャー施設等多分野のコンサルティングを手がけ、活性化・事業再生・新業態開発などオールラウンドに携わる。「地域ブランド創造チーム」の作業グループには、総務省地域再生マネジャー認定、地域力創造アドバイザー認定のメンバーが在籍している。

企業概要
社名 株式会社 ケー・デー・シー
[株式会社協和コンサルタンツ(JASDAQ 上場:9647)の系列企業]
URL リンク
所在地 〒105-0001 東京都港区⻁ノ門4-2-12 ⻁ノ門4丁目MT ビル2号館8階
TEL:03-5733-5111 FAX:03-5733-0585
設⽴ 平成7 年11 月24 日
資本⾦ 7,000 万円
代表者名 代表取締役 高柳 公康
事業内容
【システムサービス】
各種業務システム、⾼度解析プログラム、Web システム等のコンサルティング、開発、運⽤、保守
オリジナルパッケージシステム提供
公務員向けWeb 型⼈事評価システム「ススムくん」
デジタルファイリングシステム「Cocon」
公共学校施設台帳管理システム「ザ・⽂教」
【情報処理サービス】
データ⼊⼒サービス:特定健診データ、学⼒調査、⼈給データ、各種システムマスタ作成
デジタルコンテンツ制作:ホームページ、施設案内地図、マスキング、イメージデータ、スキャンデータ
各種調査/分析:アンケート分析、Web アンケート、調査票の発送・集計・分析
CAD/地図データ作成:道路地図、公園、各種GIS データ、各種建築図面
【⼈材サービス】
⼀般労働者派遣:⼀般事務、OA オペレータ、SE/PG、ホームページ制作エンジニア、ヘルプデスク、システム保守要員、特許審査補助要員、医療事務、総務・経理事務、秘書、電話交換手、学芸員
施設運営管理:公共図書館、学校図書館、博物館、資料館、駐⾞場運営、施⼯管理
各種窓口代⾏:住⺠票、⼾籍、税務、公園受付案内
各種事務代⾏:パスポート発⾏、コールセンター、共済事務・保険・年⾦事務、納品検査事務、パーキングメータ収納事務、各種医療申請事務、⾃動⾞保管場所調査業務

本件に関する連絡先
株式会社ケー・デー・シー 企画室 小澤
E-MAIL :sisetu@kdc.co.jp
URL :リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。