logo

レシート整理と帳簿づけ、財務諸表で明日を見る会計ソフト「JDL IBEX出納帳会計」8/17デビュー!

株式会社 日本デジタル研究所 2015年08月17日 16時56分
From Digital PR Platform


 株式会社日本デジタル研究所( 略称:JDL)は、平成27年8月17日、会計ソフト「JDL IBEX」の新製品、『JDL IBEX出納帳会計』の提供を開始いたしました。

 弊社JDLは現在、記帳代行業務の効率化という会計事務所の積年の課題に対し、本来、記帳は取引の発生現場である会社(顧問先)で行い、会計事務所は会計・税務など高度な専門知識を活かした役割を担うべきとの考えの下、顧問先個々の実情に応じた職域分担により、会計事務所と会社一体の業務革新を実現する「Entry Innovation(記帳業務革新)構想」を推進しております。Entry Innovationにより、会計事務所は記帳代行に伴う入力業務から解放され、会社は経営をタイムリーに把握でき、双方に大きなメリットがもたらされます。
 そしてEntry Innovation構想に基づく会社向けツールとして、昨年リリースいたしましたPC記帳ソフト「JDL IBEX BookKeeper」に続き、この度、PC会計ソフト「JDL IBEX出納帳会計」をリリースいたします。
 JDL IBEX出納帳会計は、初めての方でも直感的にお使いいただけるシンプルなシステム設計に加えて、「eレシート」を活用した一層スムーズな帳簿付けと効率的なレシート整理・保管を実現。現金出納帳などの帳簿を付けるだけで帳簿データから仕訳を自動生成し、試算表などの財務諸表もしっかり作成できますので、自社の経営状況を的確かつタイムリーに把握することができます。

■多彩な入力アシスト機能でスムーズにデータ入力
 シンプルな入力画面で直感的にデータを入力。質問に答えるだけで記帳に必要な項目がもれなく入力できる質問式摘要入力機能や、取引履歴から選ぶだけで入力できる機能など、多彩な入力アシスト機能により、会計ソフトのご利用が初めての方でもすぐにお使いいただけます。

■レシートをイメージデータ(e レシート)化して活用
 標準搭載のレシートスキャナー機能※により、レシートをスキャナーで読み取りイメージデータ化した「eレシート」を作成できます。eレシートは、帳簿画面に同時表示し参照しながら入力が行えます。入力したデータとeレシートは自動で関連付けて保存され、取引の元となるレシートの内容確認も画面上ですぐに実行。eレシートを活用することで、煩雑だったレシート整理から入力、保管まで一連の作業を大幅に簡素化します。
※別途、所定のイメージスキャナーが必要となります。

■財務諸表・グラフで経営状況を把握
 入力した内容を元に、試算表などの財務諸表、月別の売上や経費構成などのグラフを多彩に作成できます。

■顧問会計事務所と一体のシステムを構築、緊密に連携
 インターネットを活用して簡単・安全にデータを送受信できる「Web POSTBOX」、インターネットを通じてテレビ電話のようにコミュニケーションが図れる「ネットブリーフィング」など、会計事務所と一体となったシステム構築により、緊密に連携しながら効率よく処理が進められます。
※ご利用には、顧問会計事務所が各システムに対応している必要があります。
 また、会計事務所によるサポート内容につきましては、顧問会計事務所に直接お問い合わせください。

--------------------------------------------------------
JDL IBEX出納帳会計
【ダウンロード版】価格28,000円(税込30,240円)
【CD版】価格38,000円(税込41,040円)
--------------------------------------------------------
製品情報ホームページ リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。